2016年12月03日

神奈川県川崎市宮前区東高根森林公園

 今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。気になるお天気だが風も無く雲一つ無い晴れで、とても暖かい日となった。これまで何回も12月に東高根森林公園で観察会を開いているが、恐らく今日が一番の散策日和ではあるまいか。年末で忙しい方も多く参加者は少ないかなと思ったが、かなりの方が集まってほっとした。散策を開始すると鳥撮りマンの姿がとても多い。アトリがかなり入っているので、それを目当てに集まって来たようである。

zaki-20161203-kawasemi-mesu.jpg
<カワセミの雄>

 まずは例に寄って手摺昆虫観察を始めたが、気温がまだ左程上がっていなかったので、見られる昆虫は少なかった。それでも、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、エサキモンキツノカメムシ、ミヤマカメムシ、コミミズクの幼虫等の他に、私には名前が分からない小さなゾウムシの仲間が2種類、ヨコバイやチャタテムシの仲間が数種、さらに極小のヘリグロチビコブカミキリまで見つかった。大物は居なくとも本当に楽しめた。

zaki-20161203-kihada-yokon.jpg
<キハダの葉痕>

 例によって北口近くの天辺のベンチで昼食をとのんびり登って行くと、ケヤキの幹に3匹ものチャバネアオカメムシの幼虫とハサミツノカメムシの幼虫が1匹這っていた。また、ヤマグワの幼木にクワエダシャクの幼虫も見つかった。その後、楽しい昼食の後に、湿性植物園手前の自然観察広場で、大型のオオツノカメムシがかなり見つかった。ネットで調べてみると希少種らしい。また、エノキタケがぼこぼこ生えていて嬉しくなった。

zaki-20161203-ootsunokamemushi.jpg
<オオツノカメムシ>

 湿性植物園へ到着すると人馴れしたカワセミがお待ちかねであった。色々な公園にカワセミは見られるが、ここのが一番近くで写せるのではないか。その後、もう一度、花木広場手前にて手摺昆虫観察に入ったが、気温が上がった為に、午前中より多くの昆虫が這っていた。また、アトリの群れがシラカシの小枝で休憩中でばんばんシャッターを切った。今年はアトリの当たり年なのか各所で観察出来るようだが、久しぶりにアトリに会えて微笑んだ。

zaki-20161203-mushikusakobanzomushi.jpg
<ムシクサコバンゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツワブキ等。蝶/スジグロシロチョウの幼虫、ムラサキツバメ等。昆虫/ジュウジチビシギゾウムシ、ヘリグロチビコブカミキリ、ムシクサコバンゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、オオツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、マルカメムシ、ハサミツノカメムシの幼虫、ミヤマカメムシ、クワエダシャクの幼虫、コミミズクの幼虫等。鳥/アトリ、コゲラ、カワセミ、カルガモ等。その他/シロスジショウジョウグモ、ムラサキシキブの実、ヤマコウバシの実等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 川崎市

2016年12月02日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 先月は雪が降って寒い日もあったが、ここに来て暖かい日が続いている。今日も晴れて風も無く絶好の散策日和である。何処へ行こうかなあ、梅田川の三保念珠坂公園の手摺昆虫観察が一番面白く成果が上がりそうだが、久しぶりに茅ヶ崎公園へ行った。まずは色づいたコナラやモミジの葉を撮ろうと頑張ったが、なかなか絵にならない。午後だと日陰になる場合が多く、陽に輝く半逆光の写真は得られなかった。たかが紅葉でも、その気にならないと撮れないなあとぼやいた。

zaki-20161202-murasakishikibu-mi.jpg
<ムラサキシキブの実>

 そこで貧果必至だから、ムラサキシキブの実を保険として撮影した。その後、生態園上の尾根沿いの手摺に行ったが、やたらテントウムシが多く、お腹がぱんぱんに膨れたクヌギカメムシもいた。しかし、触覚が片方途中から切れていたので撮影は諦めた。また、なぜ今の季節にと思われるナナフシ(?)の幼虫が這っていた。ナナフシの仲間は他に、エダナナフシ、トビナナフシが居て、幼虫も似通っているのだが、ネットでの絵合わせではナナフシの幼虫に思えた。

zaki-20161202-nanafushi-yochyu.jpg
<ナナフシ(?)の幼虫>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ、イモカタバミ、タイワンホトトギス等。昆虫/ウスキホシテントウ、テントウムシ、クヌギカメムシ、ナナフシ(?)の幼虫等。キノコ/エノキタケ等。その他/ムラサキシキブの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:01| Comment(0) | 都筑区

2016年12月01日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 前述したように新横浜公園では不本意な結果に終わったので、ほんの少し上流となる東本郷町の鶴見川へ行った。今日もカモに餌を与える方がいて、オナガガモがたくさん泳いでいた。その他は、オオバンとヒドリガモだけで変化はなかった。カワセミが勢い良く飛んで来たが、下流に消えてしまった。新横浜公園にも生息しているし、鶴見川での個体数はかなりの数にのぼるに違いない。帰りがけにドバトに餌を撒く方が現れたら、オナガガモも集団で陸に上がって行った。

zaki-20161201-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、カワセミ、ヒドリガモ、オナガガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

 お隣の韓国の朴槿恵大統領の辞意表明があったが、あれだけの大規模なデモ、国民の支持率4パーセントでは当然であろう。これまでの韓国の歴代の大統領は、退陣後も含めて必ず窮地に見舞われる。また、韓国国民はとても熱し易いなあと感ずる。しかし、韓国についてはキムチと焼肉程度しか知らないので、ただただ不思議な民族だあと感ずるだけである。そこで、「一冊で分かる朝鮮の歴史−古代韓国から朝鮮王朝まで」という本をアマゾンの通販にて買った。

zaki-20161201-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

 今日は9時頃まで雨が降っていたので、木の実草の実は濡れているだろうし、手摺に昆虫も這っていないだろう。そこで、こんな時はカモしかないなあと新横浜公園へ行った。散策を開始するとトビが輪を描き、チョウゲンボウが滑空していた。しかし、見られたカモ類は相変わらず少なく、いったいどうしたんだろう、飛来が少ないのか飛来が遅れているのか、どちらかであろう。そんな訳で、まだ完全に頭部が緑色に変身していないハシビロガモの雄を撮った。

zaki-20161201-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/トビ、チョウゲンボウ、オオバン、イソシギ、モズ、ハクセキレイ、カワセミ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 18:17| Comment(2) | 港北区

2016年11月30日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 カモちゃんなら行けば必ず何かしらは撮れるのだが、順番で行くとジョウビタキかカワセミ等の小鳥達ですねと新治市民の森へまた行った。このところかなり連荘で散策していて、ルリビタキの雌を撮った方が2人いて、またシロハラが到着している。しかし、デジスコで絵になるものはなかなか撮れずに惨敗続きだが、今日はカワセミも見られ、帰り際にサービスの良いジョウビタキの雌がクルミ広場近くの畑にいた。そんな訳でなんとか目的は達成出来た。

zaki-20161130-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、カワセミ、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、シジュウカラ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午後)

 昨日の手術後6ヶ月の診断で異常無しとの事なので、いよいよ午前中から活動しても良いのだが、午前中はのんびり自宅静養に慣れきってしまった。また、昨日も記したが抗癌剤が高いので、生命保険からかなりの医療費が貰えたとはいえ、やはり外食代をしばらくけちらなければなるまい。悪性の癌だから、今後、どうなるかは分からないが、一応しばらくは散策出来そうである。今日は昨日に引き続いて、手摺昆虫観察をメインに梅田川へ行った。

zaki-20161130-mayumi-mi.jpg
<マユミの実>

 しかし、昨日の昆虫銀座の賑わいは嘘の様で、コナラシギゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、コミミズクの幼虫等が見られただけで、カメムシの仲間は全く見られなかった。今日は風は止んでいたが気温が低く、夜には雨が降るとの予報だからだろうか。たかが手摺昆虫観察でも、学として一年通して調べたら面白そうである。そんな訳でアップしていないウスキホシテントウを撮り、彩りが欲しいと、マユミの実をカメラに納めた。

zaki-20161130-usukihoshitento.jpg
<ウスキホシテントウ>

<今日出会った主なもの>昆虫/コナラシギゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、コミミズクの幼虫等。その他/マユミの実、サルトリイバラの実、ツルウメモドキの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 緑  区

2016年11月29日

横浜市緑区梅田川(午後)

 昼飯は自宅に帰らず「すき家」にて、ミニ牛丼+豚汁+お新香セットを食べた。締めて430円とまことにお安い。その後、手摺昆虫観察が気になって、またしても梅田川へ行った。今日は風がやや強いのだが、コナラシギゾウムシ、ウシカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、クサギカメムシ、ツヤアオカメムシ等の大物も這っていて、まこと昆虫銀座のようであった。手摺昆虫観察が終わるとデジスコにて新治市民の森を散策したが、まこと鳥影は少なかった。

zaki-20161129-konarashigizomushi.jpg
<コナラシギゾウムシ>

<今日出会った主なもの>昆虫/コナラシギゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、クサギカメムシ、ツヤアオカメムシ、ヒゲナガサシガメの幼虫、コミミズクの幼虫等。その他/サルトリイバラの実、ツルウメモドキの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 17:56| Comment(0) | 緑  区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

 今日は1週間前に検査したCTの結果診断が下される日である。5月18日に手術をしたので、6ヶ月検診という訳である。まずは血液検査を行わなければならないので、病院に午前8時15分に行った。車だと自宅から20分程なので有り難い。今日の主治医との面談で膵臓癌の再発及び他所への転移が分かるのだが、恐ろしい病なので覚悟が決まっているのか、ドキドキソワソワする事も無しに順番を待った。結果は異常無しとの事で、もちろんほっとした。

zaki-20161129-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

 その後、薬局へ行って抗癌剤等を貰ったが、なんと45日分で29、980円とお高い。抗癌剤治療が終わるまで、昼飯はなるべく自宅で食べるしか無さそうである。全てが終わって時計を見ると午前10時なので、至近距離の三ッ池公園へ行った。しかし、野鳥の姿は少なく、カモ類はキンクロハジロとカルガモのみと低調である。こうなったら紅葉を映す水面のキンクロハジロですねと撮影していると、ユリカモメが1羽飛んで来たので嬉しくなった。

zaki-20161129-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、シジュウカラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:53| Comment(0) | 鶴見区

2016年11月28日

神奈川県大和市泉の森公園(夕方)

 今日も夕方まで新治市民の森にて鳥撮りと考えていたが、北風が強くて鳥は見られないのではないかと、風に強い泉の森公園へ行った。シラカシの池へ降りて行くと、相変わらずオオバンやヒドリガモが多かったが、大好きなコガモもいて嬉しくなった。その後、もちろんカワセミを期待したが、地元の方によると最近出が悪く、また、マガモをはじめカモ類も少ないと言う。そんな訳で寒い中待ち続けたが、ワカケホンセイインコが群れ飛んで来ただけだった。

zaki-20161128-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/バン、オオバン、ヒドリガモ、コガモ、カイツブリ、ワカケホンセイインコ、シジュウカラ、ヒヨドリ、アオサギ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:13| Comment(0) | 県  内

横浜市緑区梅田川(午後)

 いつものように昼飯後に出発したが、天気の回復が遅れているのか曇り空で北風が強い。こんな日は何処へ行ったら良いのだろう。手摺の昆虫達も朝まで雨であったし北風も強いから見られないかもと思ったが、昨日に引き続いて梅田川へ行った。まずは三保念珠坂公園の手摺を見に行ったが、昨日見られたテントウムシ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシの幼虫、ヒゲナガサシガメの幼虫、ツヤアオカメムシにプラスして、ウスキホシテントウ、コミミズクの幼虫が這っていた。

zaki-20161128-tsuruumemodoki-mi.jpg
<ツルウメモドキの実>

 以上の様に、手摺に這っている昆虫達は数日間同じ場所で暮らしているのかもしれない。少なくともウシカメムシの幼虫とツヤアオカメムシは昨日の個体と同じように感ずた。いずれにしても手摺昆虫観察は大成功で、お次は実ですねと探したが、サルトリイバラやツルウメモドキの実は今一だったので、梅田川を下って行ったが、途中、フユザクラが綺麗に咲いていた。期待した元庄屋さん近くのツルウメモドキの実は、例年より少なかったが、なんとか2枚目の写真をと頑張った。

zaki-20161128-tsuyaaokamemushi.jpg
<ツヤアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/フユザクラ、ヤマハギ等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシの幼虫、ヒゲナガサシガメの幼虫、ツヤアオカメムシ、コミミズクの幼虫等。その他/サルトリイバラの実、ツルウメモドキの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 緑  区

2016年11月27日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 三保念珠坂公園にてかなりの成果が上がったので、キヤノンG3X片手の梅田川の散策は終わりにして、デジスコで新治市民の森へ行った。しかし、鳥は見られず雨が降って来そうなので早目に引き上げ、カモの越冬地として知られる東本郷町の鶴見川へ行った。ここは川幅も広くパン等の餌をやる方が多いので、自然とカモの越冬地となってしまったという訳である。今日は、オナガガモ、ヒドリガモしか見られなかったが、今後、ちょくちょく散策して見ようと思った。

zaki-20161127-onagagamo-osu.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、イソシギ、カワセミ、ヒドリガモ、オナガガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 17:51| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午後)

 今日は一日中雨かなあと思っていたが、明け方と夕方からが雨との事で、なんだか儲かってしまったように感じた。術後は免疫力が衰えたし、まだ十分に回復していない。ニュースによると高齢者が罹ると重症化すると言われるインフルエンザの流行期に入った。そんな訳で、電車に乗ったり人混みに行くのはNGである。だからといって一日中自宅蟄居も疲れてしまう。よって3時間位の散策とブログアップは、体力向上はもちろんメンタル的な健康にも丁度良い。

zaki-20161127-bijoonigumo.jpg
<ビジョオニグモ>

 何処へ行こうかなあと考えたが、前回とても面白かった三保念珠坂公園の手摺昆虫観察でもしようと出かけた。もちろん手摺に直行したが、会うと嬉しくなるウシカメムシの幼虫を見つけた。その他、ヒゲナガサシガメの幼虫、ツヤアオカメムシ、ムーアシロホシテントウ等もいて嬉しくなった。更に、木の幹も念入りに見て回ったが、ビジョオニグモを見つけてにんまりした。コガネグモ科に属するクモの一種で、色彩が美しいので美女の名を頂いたようである。

zaki-20161127-ushikamemushi-yochyu.jpg
<ウシカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヤマハギ等。昆虫/テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシの幼虫、ヒゲナガサシガメの幼虫、ツヤアオカメムシ等。その他/サルトリイバラの実、ツルウメモドキの実等。
posted by 花虫とおる at 17:47| Comment(0) | 緑  区

2016年11月26日

横浜市港北区新横浜公園(夕方)

 今日もまた新治市民の森へという考えも浮かんだが、綺麗な水面に浮かぶカモを撮りたいと新横浜公園へ久しぶりに行った。しかし、見られた水鳥は少なく、相変わらずオオバンがのさばっている。それでも、ハシビロガモやコガモが観察出来たが、良い絵柄は得られなかった。去年はオカヨシガモが居たんだけどなあと期待して来たのだが、全く見られず、やや飛来が遅れているようである。それでも、イソシギ、モズ等が見られ、普通種ばかりだが一応は楽しめた。

zaki-20161126-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、イソシギ、モズ、ハクセキレイ、スズメ、ハシビロガモ、コガモ、アオサギ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 港北区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日もこれといった散策先が無いので、土曜日だから生態園が開いていると茅ヶ崎公園へ行った。まずは雨が降ったので、キノコが元気かなと昆虫の谷を覗いてみると、エノキタケ、ニガクリタケ、アラゲキクラゲ等が生えていた。次にモミジの紅葉を撮ろうと頑張ったが、なかなか背景の良い絵柄は見つからなかった。そこで保険としてゴンズイの実を撮ってから、生態園上の手摺昆虫観察を行ったが、テントウムシがかなり見られた位であった。

zaki-20161126-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

 次に生態園手前の手摺に期待したが、ムーアシロホシテントウ、コミミズクの幼虫が這っているだけだった。昨日の三保念珠坂公園とは大違いである。生態園に入るとご婦人がカメラを向けている。何を撮っているのだろうと近づいてみると、オオカモメヅルの鞘がはじけた実であった。カガイモの実を小さくした様で、同じガガイモ科ですねと納得した。今日も暇そうなカワセミマンが集合していたが、カワセミ君は非協力的のようであった。

zaki-20161126-tentomushi.jpg
<テントウムシ>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ、ヤクシソウ等。昆虫/ムーアシロホシテントウ、テントウムシ、コミミズクの幼虫等。鳥/カワセミ等。キノコ/エノキタケ、ニガクリタケ、アラゲキクラゲ等。その他/オオカモメヅルの実、サルトリイバラの実、スイカズラの実、ガマズミの実、ナンテンの実、マンリョウの実、ゴンズイの実、ムラサキシキブの実、ニシキギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 都筑区

2016年11月25日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 1時間半程のキヤノンG3X片手の散策は終了して、車に戻って少し休んでから、デジスコに変えて新治市民の森を散策した。しかし、これといった野鳥には会えなかったが、鳥撮り仲間3名に出会った。久しぶりのMさんに、大病をして今後どうなる事やらとぼやいたが、大丈夫でしょうと励まされた。その後、カワセミの池へ行ったが、今日は居たもののサービスが悪かった。そこで帰り道でのジョウビタキを期待したが見当らず、シラカシの梢の天辺に止まるモズの雄を撮った。

zaki-20161125-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、モズ、ヒヨドリ、ガビチョウ、シジュウカラ、キジバト、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午後)

 昨日は雪なんか降らないのではと思っていたが、起床して外を見ると雪混じりの雨が降っていた。午後には止むとの予報であったが、かなり遅くまで降り続いた。こんな日は立体駐車場のあるブックオフにでもと行ってみたが、108円で買える読みたい本は一冊しかなかった。ここのブックオフは古着やちょいと履いた靴、中古のパソコンやカメラ等、様々な物が売られているが、いつ行っても顧客は少なく、儲かっているのだろうか。安くとも新品の方が良いと思うのだが。

zaki-20161125-royagaki.jpg
<ロウヤガキ>

 今日は昨日と打って変わっての青空が広がったが気温がかなり低い。こんな日はNO昆虫だろうからと、梅田川へ行って植栽のロウヤガキをまずは撮った。その他にもサンシュユ等の実はあったが、三保念珠坂公園の手摺に昆虫が這っているかもと行ってみた。すると、クヌギカメムシ、ウシカメムシ、ツヤアオカメムシ、コミミズクの幼虫、テントウムシ、ムーアシロホシテントウ等がいて嬉しくなった。こんなに居るのだから、また行ってみようとほくそ笑んだ。

zaki-20161125-kusagikamemushi.jpg
<クヌギカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/カントウヨメナ等。蝶/キタテハ、モンシロチョウ等。昆虫/テントウムシ、クヌギカメムシ、ウシカメムシ、ツヤアオカメムシ、コミミズクの幼虫、ムーアシロホシテントウ等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/ロウヤガキの実、ヘクソカズラの実、ツルウメモドキの実、アオツヅラフジの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:10| Comment(0) | 緑  区

2016年11月23日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 それほど散策はしていないのだが、身体が冷え切ったので、車で暖を取り新治市民の森へ行った。空は益々暗くなったが、気温は少々上がったようで、デジスコで散策を開始した。こんな天気だからか小鳥類はNGであったが、なんと谷戸田の棒の上にノスリが止まっていた。大型のバッタか何かを捕えているようであった。その後、カワセミの池へ足を進めたものの、ますます暗くなったので途中で引き返したが、ノスリがいた棒に、ジョウビタキの雌が止まっていた。

zaki-20161123-nosuri.jpg
<ノスリ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノスリ、ヒヨドリ、ジョウビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 明日は関東南部の平地でも雪が積もると予報されている。東京都心で11月下旬に初雪を観測したのは、1962年12月22日以来54年ぶりとなり、積雪となると観測史上初記録との事である。まこと寒くてやんなっちゃいますね。そんな訳で今日も午前中から肌寒い曇り日、カストロコートを着込んで、スキー帽を被り、襟巻をぐるぐる巻きにして散策を開始した。まずはお手洗い昆虫観察から始めたが、期待したヒメヤママユどころかNO蛾であった。

zaki-20161123-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

 しかし、一本のコブシの幹にアカスジキンカメムシの幼虫が3匹も這っていて嬉しくなった。次に生態園上の手摺昆虫観察を行ったが、クヌギカメムシ、ムーアシロホシテントウ、テントウムシ、ルリチュウレンジ等が這っていた。そこで気を良くして生態園前の手摺に期待したがNO昆虫で眉をしかめた。今日は祝日なので生態園が開いているので中に入ってみると、カワセミの雄がお待ちかねであったが、獲物が小さくて可哀相になってしまった。

zaki-20161123-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ、ヤクシソウ、サザンカ等。昆虫/アカスジキンカメムシの幼虫、クヌギカメムシ、ムーアシロホシテントウ、テントウムシ、ルリチュウレンジ等。鳥/カワセミ、カルガモ等。その他/ガマズミの実、ナンテンの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 都筑区

2016年11月22日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 これといった鳥が居ない三ッ池公園を早目に切り上げ、まずは新治市民の森へ行った。しかし、こんなに良い天気で気温が高いと言うのに、ほとんど鳥は見られなかった。そこで恩田川の田んぼに転戦したが、こちらでは、アオサギ、コサギ、モズ、ハクセキレイ等が見られ、まずまずで、そこで紅葉するトウカエデをバックにモズの雌を撮った。本当なら紅葉したモミジの枝に止まる鳥を撮りたいと思うのだがままならず、バックに紅葉を入れてお茶を濁すのが精一杯である。

zaki-20161122-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、コサギ、モズ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:27| Comment(0) | 緑  区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 今日の午前中は術後6ヶ月のCT検査に病院へ行った。結果は来週になるのだが、再発及び転移が無い事を祈るのみである。検査は10時からとの事だったが、なんと1時間半も待たされてしまった。その後、吉野家へ寄って牛丼+お新香+味噌汁を食べたが、510円と「すき家」に比べると高い。お肉も少し堅かった。その後、至近の三ッ池公園に寄ってみたが、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、カワセミ、ハクセキレイと寂しく、ハシビロガモを撮ろうと粘ったが杭の上でずっと昼寝をしていた。

zaki-20161122-karugamo.jpg
<カルガモ>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、カワセミ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 鶴見区