2013年01月01日

横浜市港北区新吉田町

いよいよ新しい年がやって来た。昨晩、5年間続けて来た「みちばた散策記」に完の字を打った。今年からこの「つれづれ道端雑記」を細々と続けて行くつもりでいるが、やはり年の初めの1月1日に記事のアップが無いのはおかしいと、疲れた身体に鞭打って新吉田町の杉山神社に初詣に出かけた。私の住む綱島の鎮守は諏訪神社なのだが、もの凄い列が出来て参拝するまでかなりの時間がかかる。その点、新吉田町の杉山神社はすぐに参拝できるから嬉しくなる。

zaki-20130101-sugiyamajinja-torii.jpg
<神額>

鳥居横の石碑に神奈川県都筑郡新田村と古い地名が記されている。新田村とは、高田村、吉田村、新羽村の3村が一つになって名付けられたものである。都筑郡は今は都筑区に名を残しているが、横浜市の東北部一帯の地域であった。ちなみに綱島は橘樹郡大綱村に属していた。

zaki-20130101-komainu.jpg
<狛犬>

以前にも記したと思うが、私の先祖は吉田村から嫁さんを貰ったとの事で、私が新吉田町の杉山神社に参拝に行くのは血が騒ぐのかもしれない。また余談だが、祖母は町田の忠生村常盤という所から嫁いで来たので、ルーツは薩摩藩の脱藩武士らしいが、鶴見川流域人間と評しても間違いではなかろう。

zaki-20130101-soshinrobai.jpg
<ソシンロウバイ>

参拝が終わるとほんのちょっと散策したが、元日とは思えない暖かい陽気で、植木屋さんの畑ではソシンロウバイが咲き始め、納屋の壁に幼虫は毒虫と恐れられるタケカレハの空繭が着いていた。また、ジョウビタキの雌が「お正月だよ、お正月だよ」と何回もお辞儀をしていた。

zaki-20130101-takekareha-karamayu.jpg
<タケカレハの空繭>

<今日出会った主なもの>花/ソシンロウバイ等。虫/ハラビロカマキリの卵のう、タケカレハの空繭等。鳥/ジョウビタキの雌、ツグミ、ヒヨドリ、メジロ等。その他/ナガコガネグモの卵のう等。
posted by 花虫とおる at 16:23| Comment(0) | 港北区