2013年01月07日

東京都品川区林試の森公園

今日は品川区と目黒区にまたがる、かつて林業試験場だった都立林試の森公園へ行った。その昔、亡き両親が所帯をあげた地で、子供の頃は母に連れられて、最寄駅の武蔵小山商店街に良く行ったものである。もちろん東急線だから、交通費は片道210円と安くて嬉しくなる。今日の目的は様々な樹木の冬芽と葉痕なのだが大木が多く、幼木やひこばえが少ないので撮影には難儀したものの、まずはハンカチノキの可愛らしい葉痕を撮った。

zaki-20130107-hankachinoki-yokon.jpg
<ハンカチノキの葉痕>

その後、かなり熱心に探したつもりだが、センダン、ニワウルシ、アカメガシワといった荒れ地に一早く侵入して来る樹木の幼木が多く、林業試験場の跡地としてはちょいと寂しい。それでも関東地方では見られないアベマキの大木等が各所に生えていた。しかし、園内各所には強風による被害も見られて、以前、来た時より森の質が低下していた。これじゃ今日の最大の目的たるノグルミは無理かなと行ってみると、ひこばえがたくさん生えていて嬉しくなった。

zaki-20130107-nogurumi-yokon.jpg
<ノグルミの葉痕>

葉痕は無事に撮れたので何か実でもないかなあと探したが、ヒヨドリジョウゴ、センダン、ノイバラ、イボタの実があったが、萎びていたりして撮る気にはなれなかった。そこでヤツデがかなり有ったので葉裏を調べてみると、クロスジホソサジヨコバイを3匹も発見した。野鳥は最初の内は、ヒヨドリ、ムクドリ、キジバトしか見られなかったが、サルスベリの実を食べに、コゲラ、シジュウカラ、キクイタダキ、マヒワの混群がやって来て、一挙に観察出来た種数が増えた。

zaki-20130107-kurosujihososajiyokobai.jpg
<クロスジホソサジヨコバイ>

<今日出会った主なもの>虫/クロスジホソサジヨコバイ、ツノロウカイガラムシ等。野鳥/ヒヨドリ、ムクドリ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、キクイタダキ、マヒワ、ルリビタキの雌、ウグイス、カルガモ、スズメ等。その他/ハンカチノキの葉痕、ノグルミの葉痕、ヒヨドリジョウゴの実、センダンの実、ノイバラの実、イボタの実等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(2) | 東京都