2013年01月21日

横浜市鶴見区三ッ池公園

写真展のお仲間のUさんのブログを見ていたら、三ッ池公園にミコアイサの雌が出現とあった。そこで前回期待して行ったのだが、ほぼ全面氷結で見られなかった。もしかしたら何処かへ飛び去ってしまったのではと危惧したが、今日は暖かくて氷は全く張っていないので、短時間でその姿を見出す事が出来た。しかし、デジスコによる撮影は、動きが早い、他の水鳥が邪魔をする、動くから露出がころころ変わる等で、撮影には苦労し、約2時間頑張ったが、まあまあ程度の写真しか撮れなかった。

zaki-20130121-mikoaisa-mesu-3.jpg
<ミコアイサの雌>

ミコアイサは漢字で書くと「巫女秋沙」となり、雄が真っ白で巫女さんのようだから名付けられたのだろう。また、子供たちには雄はパンダガモとの愛称で呼ばれている。そんな訳でミコアイサはやはり雄が人気者なのだが、Uさんも記していたが、三ッ池公園には初飛来に近いのではなかろうか。その他のカモはキンクロハジロの大群は戻って来ておらず、ユリカモメがますます増えて20羽以上も見られた。

zaki-20130121-mikoaisa-mesu.jpg
<ミコアイサの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ミコアイサの雌、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモ、ユリカモメ、ツグミ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(2) | 鶴見区