2013年02月05日

横浜市青葉区(仮称)ルリビの里公園(午後)

先だっては「なか卯」のカツ丼を食べて惨敗したので、やはり「かつや」のカツ丼でないと「勝つ」のご利益が無いのかもと長津田町まで行って食べた。今日も比較的気温が高い昼寝日和だが、尿管結石がまだ落ちていないらしく調子が悪いからか、30分程の昼寝で目覚めてしまった。かなり前から青葉区の(仮称)ルリビの里公園のルリビタキの雄の情報は知っていたが、緑区の(仮称)ルリビの森公園にもいたので、そちらを優先して撮影していたが、まだいるというので行ってみた。

zaki-20130205-ruribitaki-osu-1.jpg
<ルリビタキの雄>

ポイントへ到着するとカメラマンは一人しかいず、ルリビタキの雄もお待ちかねであった。地元の皆様は撮り飽きたらしく、思う存分動き回って撮影出来た。そんな訳で夢中になって撮影していると、今年に入ってブログが更新されずにどうしたのかと思っていたS婦人が、前にも増して色白となり元気な姿でやって来た。歌舞伎俳優の大御所は若くして続けて2人もお亡くなりになったが、道端自然観察及び撮影が趣味の方は病気してもすぐに復帰して来る。私もその内に治るだろうとの希望を感じた事は言うまでも無い。

zaki-20130205-ruribitaki-osu-2.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄等
posted by 花虫とおる at 20:31| Comment(2) | 青葉区

横浜市緑区横浜動物の森公園(午前)

天気予報によると明日は雨または雪との事で、雪になると除雪作業が大変だし、溶けずに残ると散策の大敵となる。私の住む港北区は海に近いから雨になる可能性が高いが、多摩丘陵だと雪になるかもしれない。そんな訳で、使いにくい標準マクロを中望遠マクロに変え、今日は午前と午後のダブルヘッダーだと、まずは横浜動物の森公園へ行った。もしかしたらタテジマカミキリが枝になりすませて越冬しているかもしれないと、雑木林の中のヤマウコギやハリギリの幼木を見て回ったが見つからなかった。

zaki-20130205-gonzui-fuyume.jpg
<ゴンズイの冬芽>

そこでゴンズイの冬芽がたくさんあって、今季はまだ紹介していなかったので撮影した。ことに幼木の頂芽はまことに立派で、独特な雰囲気がある。その後、小道を下って梅田川沿いの植木屋さんの畑へ行ってマンサクを撮影した。図鑑には黄色い花のものは、マンサク、マルバマンサク、オオバマンサク、アテツマンサク、シナマンサクが紹介されているが、花は小ぶりで萼(ガク)がやや黄色いので、アテツマンサクと何かの交雑種かもしれない。

zaki-20130205-mansaku.jpg
<マンサク>

<今日出会った主なもの>花/マンサク、シナマンサク、ソシンロウバイ等。その他/トキリマメの実、ゴンズイの冬芽等。
posted by 花虫とおる at 20:27| Comment(0) | 緑  区