2013年02月10日

横浜市青葉区(仮称)ルリビの里公園(午後)

内臓の筋肉の痙攣を抑えるブスコパン錠をまだ飲んでいるので、少々便秘気味で食欲がわかない。そこで、すき家の420円の牛皿定食を食べ健康昼寝を貪ったが、またしても30分で目覚めてしまった。その後、鶴見川沿いの北八朔町、上谷本町、早野の里と田んぼをパトロールしたが、見られたものはモズやツグミ位なので、(仮称)ルリビの里公園へ行ってみた。しかし、今日は日曜日だからか、鳥撮りマン、鳥見マン、散策マンがかなり多くて、ルリビタキの雄の出はかなり悪かった。それでも会心の出来にはかなり遠いものの、1枚なんとか撮れたのでアップする事にした。

zaki-20130210-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、エナガ、ガビチョウ等。
posted by 花虫とおる at 19:03| Comment(0) | 青葉区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

昨日は葛ヶ谷公園にてウグイスカグラとクロスジホソサジヨコバイに振られてしまったので、例年一番早くウグイスカグラの開花が見られる茅ヶ崎公園へ行った。昆虫の谷の上の尾根の南斜面にはウグイスカグラがたくさんあって、なんとか1輪だが咲いていてほっとした。また、付近にはハリギリの幼木がたくさん生えていたので、タテジマカミキリを探したが見つからなかった。その後、今日は生態園が開いているので行ってみた。途中、ルリビタキの雌が見られたが、せせらぎ公園から都筑中央公園にかけて7羽のルリビタキが居ついているとの事である。

zaki-20130210-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

生態園へ到着すると責任者のK女史がいたので、ヤマウコギは何処か生えてますかと聞いたら、すぐ調べてくれて、以前あったが最近の調査では見つからなかったとの事であった。そんな訳でタテジマカミキリは生態園内でも期待薄と、初期の目的のクロスジホソサジヨコバイを探したが、なんと2枚ヤツデの葉を捲っただけで成虫を見つける事が出来た。昨日の葛ヶ谷公園では約50枚の葉を捲ったが成虫はゼロだったのだから、さすが自然度の高い生態園だなあと感心した。そこで、K女史にもクロスジホソサジヨコバイを見せて、「ヤツデをもう少し増やしてね」とお願いした。

zaki-20130210-kurosujihososajiyokobai.jpg
<クロスジホソサジヨコバイ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、カンツバキ等。虫/クロスジホソサジヨコバイ等。鳥/ルリビタキ、シロハラ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 都筑区