2013年02月26日

東京都大田区洗足池公園

電車で鳥撮りに行く為の機材が「何処かへ連れてってよ」と訴えているように思えたので、通院のついでに短時間だが洗足池へ寄ってみた。しかし、見られる鳥の種類も数も少なく、ユリカモメに占領されたかのようであった。そこで、三ッ池公園では見られないオナガガモを撮影すると、勝海舟の夫妻のお墓や隣接する妙福寺境内にある「袈裟掛けの松」を見たりした。日蓮が身延山から常陸国に向かう途中、 ここで休息し、袈裟を掛けた松(現在の松は三代目)で、このあたりの地名は千束というのだが、日蓮が池の水で足を洗ったので、洗足池と呼ばれるようになったと案内板に記されていた。

zaki-20130226-onagagamo-osu.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オナガガモ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、ゴイサギ、カワウ、ユリカモメ、カワセミ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(0) | 東京都