2013年03月31日

横浜市緑区新治市民の森

今日は天気予報通り朝から雨。しかし、正午前には止んだので、昼食がてら新治市民の森へ行った。気温は昨日同様にかなり低く、まこと寒の戻りだなあ、桜がなかなか散らないなあ等と思ったが、冬物衣料を仕舞い込んでしまったので、もう寒いのは御免である。こんなに寒いと蝶や虫は見られないから、アカネスミレに的を絞ったが、去年、踏み場が無いほど咲き乱れていたポイントは、環境変化があったのか、数株しか見られなかった。しかし、敷物を敷いてアングルファインダーを使用して撮影した。その後、池ぶち広場から丸山まで行ったが、予想通り、これといったものは見られなかった。

zaki-20130331-akanesumire.jpg
<アカネスミレ>

<今日出会った主なもの>花/アカネスミレ、ノジスミレ、タチツボスミレ、シャガ、クサノオウ、ヤマブキ、キブシ、クサボケ、ハナズオウ、ハナモモ、スノーフレーク、ビオラ等。
posted by 花虫とおる at 18:50| Comment(0) | 緑  区

2013年03月30日

神奈川県平塚市土屋

昨晩の天気予報では12時にお日様マークが一つだがついていて安心して眠ったが、今朝起きてネットで天気予報を確認すると、すべて曇りマークに変わっていた。今日は待ちに待った道端自然観察会の日で、舞台をローカル色豊かな平塚市土屋にしたのだから、また、コツバメ、ミヤマセセリ、ツマキチョウ等に会えるように去年より一週間遅らせたのに、こんなに寒い曇り日では一巻の終わりと思われた。そこで、今日は参加者がごく少ないのではと思ったが、集合場所の土屋霊園駐車場には10人も集まってびっくりした。

zaki-20130330-benishijimi.jpg
<ベニシジミ>

駐車場の斜面には可愛らしいヒメスミレがたくさん咲いて、雑木林ではシュンランが出迎えてくれた。予定通り午前中は砦コースを、午後からは遠藤原へのコースを歩いたが、各所に路傍の花がたくさん咲いてはいるものの、どんよりとした曇りだと今一冴えない。昆虫ではコガタルリハムシやベニシジミがスイバに見られた位で、所期の目論見とはだいぶ異なってしまった。しかし、ジョウビタキの雌がまだいたり、遠藤原ではオオタカやヒバリが見られ、とにもかくにも予定通りの散策は無事に終了した。寒かったが、参加者の笑顔が何よりの収穫であった。

zaki-20130330-kogatarurihamushi.jpg
<コガタルリハムシ>

<今日出会った主なもの>花/シュンラン、ヒメスミレ、タチツボスミレ、ヒメウズ、カキドオシ、ケキツネノボタン、タガラシ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、アケビ、サルトリイバラ、キブシ、クサボケ、アオキ、ウグイスカグラ、クサイチゴ、モミジイチゴ、ハナズオウ、ソメイヨシノ等。蝶/ベニシジミ等。昆虫/コガタルリハムシ、テントウムシ、ヤブキリの幼虫等。鳥/オオタカ、トビ、ジョウビタキ、アオジ、ヒバリ、コジュケイ、ガビチョウ、エナガ、スズメ等。その他/アオキの実等。


posted by 花虫とおる at 20:18| Comment(0) | 県  内

2013年03月29日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

一昨日、ライブドア事件で刑務所に服役していたホリエモンこと堀江貴文元社長が仮釈放されたが、服役期間約1年9ヶ月の間に体重がなんと約30キロも減って、精悍な若者のような姿で戻って来た。まこと羨ましい限りだが、ダイエットの為に刑務所に入れてもらう訳にはいかないので、日々努力しなければならない。昨日体重を測ったら、なんと一週間で500グラム体重が減っていたので、この調子で減り続けると目標の5キロは70日で達成される事になる。まこと今後が楽しみである。

zaki-20130329-kusaboke.jpg
<クサボケ>

今日も花曇りで気温が高く、昨日に続いて安近短の茅ヶ崎公園へ行った。まずは、アミガサタケでも生えていないかとキノコ横丁を覗いてみたが、キノコのキの字も無かったものの、クサボケが撮って下さいようと言わんばかりに咲いていた。お次はアカネスミレを撮ろうと日当たりの良い雑木林のポイントへ行って見たが、僅か3株しかなくて悲しくなった。しかし、シュンランはかなりあって驚いた。その後、今日の目的たるクロモジを写しに行ったが、こちらは撮り頃で形の良いものを素直に切り取った。

zaki-20130329-kuromoji.jpg
<クロモジの雄花>

そんな訳で、早くも2枚の写真がカメラに納まったので、蝶よ虫よと探してみたが、ツマキチョウは飛んでばかりいて止まらないし、ツマグロオオヨコバイを撮ってもつまらないし、手摺にはこれといった虫が見られない。そこでイロハモミジやコナラの芽吹きを撮り、もしかしたらアカボシゴマダラの幼虫が目覚めて活動しているのではないかと、エノキの幼木を調べて歩いたら、10本目に2匹這っていた。

zaki-20130329-akaboshigomadara-yochyu.jpg
<アカボシゴマダラの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/シュンラン、シャガ、タチツボスミレ、アカネスミレ、ミツバツツジ、クサボケ、クロモジ、アオキ、ウグイスカグラ、ヤマブキ、クサイチゴ、チョウセンレンギョウ、ソメイヨシノ等。蝶/ツマキチョウ、キチョウ、モンシロチョウ、アカボイゴマダラの幼虫、キタテハ、ルリシジミ等。昆虫/ツマグロオオヨコバイ等。その他/アオキの実等。

posted by 花虫とおる at 14:32| Comment(0) | 都筑区

2013年03月28日

横浜市港北区新吉田町

昨日も一日中雨で自宅蟄居となり、今日も曇りの筈だったが起きてみると明るい。やや薄い雲がかかっているものの青空がほんのりと見える。いわゆる花曇りだ。何処へ行っても春爛漫で被写体が増えて来たが、やはり安近短がなによりと新吉田町へ行った。農家の庭先のビオラの花が多くなって嬉しくなる。これといった手入れはしていない様だが、毎年芽生えて咲くのだから生命力が強い。各所にある受粉の為のナシの花が咲いて、農家の方々が忙しく集めていた。

zaki-20130328-viora.jpg
<ビオラ>

いつものように丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、ヒカンザクラやトサミズキ等はほとんど散って、これといった花は無かったが、雑木林の斜面でタチツボスミレがたくさん咲いていた。また、陽当たりの良い草原では、今季初見のツマキチョウの雄やベニシジミが見られた。その後、いったん下ってニリンソウのポイントに行ったが、陽当たりが少ない場所に生えているからか、まだ蕾は固かった。そこで、咲き始めたサルトリイバラをカメラに納めて車に戻った。

zaki-20130328-sarutoriibara.jpg
<サルトリイバラ>

<今日出会った主なもの>花/シャガ、タチツボスミレ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ノゲシ、サルトリイバラ、クサボケ、クサイチゴ、ナシ、シデコブシ、ハナズオウ、チョウセンレンギョウ、ボケ、ソメイヨシノ、ビオラ、フユシラズ等。蝶/ツマキチョウ、キチョウ、モンシロチョウ、モンキチョウ、キタテハ、ベニシジミ等。昆虫/ビロードツリアブ等。その他/ツクシ、アオキの実、トキリマメの実等。
posted by 花虫とおる at 17:32| Comment(0) | 港北区

2013年03月26日

横浜市青葉区上谷本町(午後)

昼食は、閉店間際のスーパー「つるかめ」にて海苔弁当を買って食べた。他のスーパーが替わりに入ってくれないと至近距離での弁当調達が出来なって、まこと困るなあと悩みの種が一つ増えた。その後、天気も徐々に曇って寒くなり、健康昼寝とは呼べない短時間のものとなった。今日はこのまま帰宅しようかなあとも思ったが、まだモズはいる筈と田んぼ巡りを開始したら、上谷本町でモズの雄を見つけた。鳥撮りマンには警戒するが、農作業をしている老人には近づいて、掘り起こした土の中にいる昆虫やミミズ等を狙っていた。

zaki-20130326-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、スズメ、ムクドリ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(2) | 青葉区

横浜市緑区新治市民の森(午前)

昨日は弱い雨が降ったり止んだりで、久しぶりの自宅蟄居で良い休養となった。今週は今日以外は土曜日まで天気が悪いので、気温は低いものの、蝶や虫を観察に新治市民の森へ行った。鎌立谷戸もだいぶ春が進んでいて、ノジスミレがあちこちで見られ、池ぶち広場手前にあるヤマブキも咲き出していた。また、蝶では、キアゲハ、アゲハ、テングチョウ、モンシロチョウ、ミヤマセセリ等が見られ、昆虫ではヤブキリの幼虫がたくさん発生し、イタドリハムシもいたが逃げられてしまった。その後、ミヤマセセリをカメラに納めようと常見谷戸へ行ったが、大きな捕虫網を振り回す若者が3人もいて悲しくなった。採られたら個体数が減るのだから、撮れるチャンスが少なくなるのは言うまでも無い。

zaki-20130326-yabukiri-yochyu.jpg
<ヤブキリの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ノジスミレ、タチツボスミレ、カキドオシ、クサノオウ、トキワハゼ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ヤマブキ、キブシ、クサボケ、クサイチゴ、モミジイチゴ、ハナズオウ、ハナモモ、ソメイヨシノ、スノーフレーク、ビオラ等。蝶/キアゲハ、アゲハ、テングチョウ、モンシロチョウ、ミヤマセセリ等。昆虫/ヤブキリの幼虫、ヒメギスの幼虫、イタドリハムシ、ビロードツリアブ等。その他/ハナグモ等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(2) | 緑  区

2013年03月24日

東京都町田市三輪町

朝起きて外を見ると寒々しく曇っている。こんな日の散策なんて面白くないので、朝食後に布団にUターンした。10時半に再び目覚めると明るい曇りとなっていて、外回りの掃除後に出発した。昼食は鴨志田町のラーメン屋の青龍で、ミニ中華丼+半ラーメンセットを久しぶりに食べたくなったので、散策先は町田市三輪町と決まった。各種のスミレが咲いているが、ナガバノスミレサイシンだけは国道246号線を超えないと見られない。特に三輪町は、どうしてこんなにあるのと疑問符がつく程の素晴らしい群落が各所に広がっている。

zaki-20130324-kuzu-nagabanosumiresaishin.jpg
<ナガバノスミレサイシン>

ポイントに到着すると、ちょうど撮り頃でほくそ笑んだ。花弁の白いシロバナナガバノスミレサイシンもかなりあったが、薄紫色のものを選んで撮影した。マクロレンズを向けると気品あふれる花が浮かび上がって嬉しくなった。スミレファンが多いのも納得で、以前、スミレを求めて全国行脚している熟年夫婦に新潟で出会った事がある。ナガバノスミレサイシン以外ではタチツボスミレが見られるだけで、他のスミレに会いたいのならお隣の寺家ふるさと村へ行った方が良いだろう。この他、早くもニリンソウが咲き始めていて驚いた。

zaki-20130324-kuzu-mebuki.jpg
<クズの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/ナガバノスミレサイシン、タチツボスミレ、ニリンソウ、ヨゴレネコノメ、シロバナタンポポ、キブシ、アブラチャン、ソメイヨシノ、ボケ、クサイチゴ等。蝶/キアゲハ、ミヤマセセリ、テングチョウ等。昆虫/コガタルリハムシ、ツマグロオオヨコバイ等。

posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(2) | 町田市

2013年03月23日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、久しぶりに身体にもお財布にも嬉しいスーパー「つるかめ」の格安弁当にしようと行ってみると、いつもなら店外にもどっさり商品が並んでいるのに何も無い。おかしいなあと思ったら、4月7日で閉店との張り紙があった。これは困ったなあとは思ったが、売り上げが芳しくなかったのだろう。午後からは昼寝の後に新治市民の森へ行ったが、遊水池や鎌立奥の池にカワセミは見られたものの、これといったものは見られず、曇りとなって肌寒く、まるで閉店間際のスーパー「つるかめ」のように寂しかった。

zaki-20130323-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>蝶/ルリタテハ等。昆虫/ビロードツリアブ等。鳥/カワセミ、シメ、シジュウカラ、ヤマガラ、アオジ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:29| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区三保市民の森(午前)

木の花や芽吹きは順調に撮れているので、コツバメでもと思ったが、土曜日だから人出が多いだろうと止めにして三保市民の森へ行った。車を止めて歩き始めると、日溜りに白いマルバスミレが咲いていた。いつものようにオニグルミを見に行くと、やっと芽吹きが始まっていて、三保平に上って行くと、途中、タチツボスミレやキジムシロが咲き、三保平ではゲンカイツツジが満開であった。次に、お馴染みの谷道を散策したが、陽があまり射さない所だから、今頃、アオイスミレが咲いていた。その後、谷道の終点まで行って引き返したが、ウグイスカグラやキブシが各所で満開であった。

zaki-20130323-tachitsubosumire.jpg
<タチツボスミレ>

<今日出会った主なもの>花/タチツボスミレ、マルバスミレ、アオイスミレ、キジムシロ、キブシ、ウグイスカグラ、モミジイチゴ、ゲンカイツヅジ、ボケ、ソメイヨシノ、ヒカンザクラ、チョウセンレンギョウ等。昆虫/ビロードツリアブ等。
posted by 花虫とおる at 19:27| Comment(0) | 緑  区

2013年03月22日

横浜市都筑区鴨池公園

今日は暑くも無く寒くも無く散策には絶好の陽気となった。ソメイヨシノが咲いて陽の光が多いからか、とっても明るく感じる。冬は、たとえ晴れていても明るく感じなかったのだから、光の絶対量が違うのだろう。今日は近場では、ここにしか無いアブラチャンを撮りに鴨池公園へ行った。2年前に公園愛護会の手によって切られてしまって嘆いたが、ひこばえが生えて来て伸び、太さも手首位になり、背丈は3メートル位にもなった。あまり高くなってしまうと撮影が難しくなるが、ひこばえや胴吹きが盛んな樹種だから、今後も大丈夫であろう。

zaki-20130322-aburachan.jpg
<アブラチャンの雄花>

アブラチャンは雌雄別株で、鴨池公園にあるものは雄株である。夏休みに信州や上州の林道を散策すると、立派な実をつけた雌株を目にする事が多い。有り難い事に今年もアブラチャンが無事にカメラに納まったので、次にエゴノキの芽吹きを撮影した。エゴノキは甲虫との関係が深くて、エゴヒゲナガゾウムシ、エゴシギゾウムシ、エゴツルクビオトシブミと魅力溢れる面々が現れる。また、その種子は、ヤマガラの大好物としても著名である。しかし、蝶は好まないようで、葉を食するものは1種類もいない。

zaki-20130322-egonoki.jpg
<エゴノキの芽吹>

エゴノキの可愛らしい新葉も満足出来る絵柄で撮影出来たので、気楽になって一回りしたが、これといった被写体には巡り合わなかった。そこで、アブラチャンの生えている陽当たりの良い斜面に戻った。白っぽいタチツボスミレや小さな花のヒメスミレやハナニラ等が咲いて、ちょっとした花園である。蝶ではキチョウやモンシロチョウが軽やかに飛んでいて、あったり前田のランチクラッカーだが、春ってやっぱり良いなあと感じた事は言うまでも無い。

zaki-20130322-himesumire.jpg
<ヒメスミレ>

<今日出会った主なもの>花/アブラチャン、コブシ、シデコブシ、ミツバツツジ、ボケ、ソメイヨシノ、アオキ、キブシ、ミツマタ、チョウセンレンギョウ、ヒメスミレ、タチツボスミレ、ハナニラ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ、ムラサキシジミ等。
posted by 花虫とおる at 14:25| Comment(0) | 都筑区

2013年03月21日

横浜市緑区横浜動物の森公園

今日は、このところの暖かい陽気とは打って変わって冷たい北風がやや強い。しかし、彼岸過ぎだから寒いと言っても程々で、冬物を着用する程では無く、むしろ爽やかな天気とも言える。毎年、この時期になると、何故だか葉がハート型をしたカツラの芽吹きを撮りたくなる。近場でカツラの木が見られる所は、植栽だが新羽町と横浜動物公園なので、他の樹木の芽吹きの撮影も兼ねて、自然度の高い横浜動物の森公園へ行った。雑木林の小道に入ると、ミヤマセセリが元気良く出迎えてくれた。

zaki-20130321-katsura-mebuki.jpg
<カツラの芽吹>

カツラの木は、湿地脇の広場の横に数本植栽されている。誰が何のために植えたのかは定かではないが、この辺りを散策しだした25年前も同じような太さだったから、かなり昔に植栽されたのだろう。カツラは大木でも、ひこばえがたくさん出る木なので、目線で黄色く輝く芽吹きを逆光で撮影した。その後、かつてコツバメが見られた市営ひかりが丘住宅裏の谷へ行って探したが見られず、アカメガシワの芽吹きを撮影して引き上げた。

zaki-20130321-akamegashiwa-mebuki.jpg
<アカメガシワの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/キブシ、ウグイスカグラ、モミジイチゴ、タチツボスミレ等。蝶/ミヤマセセリ、キチョウ等。昆虫/ビロードツリアブ等。鳥/アカゲラ、ジョウビタキ、シメ等。
posted by 花虫とおる at 19:07| Comment(2) | 緑  区

2013年03月20日

神奈川県大和市泉の森公園(午後)

午後からは、早野の里から寺家ふるさと村へと考えていたが、風がかなり強くなったので止めにした。そこで、行ってもこれといった鳥は撮れないと確信出来たが、デジスコでなにかしらは撮れるからと、またしても泉の森公園へ行った。釣り人が「魚は釣れなくとも竿を出すだけでも」というのと同じなのだが、案の定の貧果であった。見られるカモ類は本当に少なくなって、キンクロハジロは1羽もいなかったが、何故かホシハジロの雄が1羽見られた。毎年そうだが、旅立ちの遅いカモはヒドリガモとコガモである。

zaki-20130320-kogamo.jpg

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ツグミ、キジバト、コガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、バン、アオサギ等。
posted by 花虫とおる at 19:26| Comment(0) | 県  内

横浜市都筑区葛ヶ谷公園(午前)

今日は、暑さ寒さも彼岸までの春分の日である。サンデー毎日の生活を送っていると、ぴんと来なくなってはいるが祝日である。天気予報では曇りとあったが、花曇りで明るく気温も高いから絶好の散策日和となった。そこで、葛ヶ谷公園へ久しぶりに行った。園内に入ると何故かアオキが多く、早くも雄花が咲いていた。広い道路を挟んで反対側が紳士服のアオキの横浜港北総本店だから、アオキが多いのかもしれないと苦笑する。総本店なら値段も安いだろうと思われるかもしれないが普通で、ただ、品揃えの多さはさすがである。しかし、2着でなんぼが多くて、お金を使わせようとする商法には眉をしかめる。

zaki-20130320-someiyoshino.jpg
<ソメイヨシノ>

そんな訳で、まずはアオキの雄花をカメラに納めて、今日の目的であるキハダの芽吹きを見に行ったが、ちょうど撮り頃で嬉しくなった。樹木の芽吹きは、ちょいと早いのではないのかと感じる程で、カマツカ、エゴノキ、コナラ、ゴンズイ、マユミ、イボタ、エノキ等、本当に数多くのもが芽吹き始めた。すでに芽吹いているアジサイの葉は広がって、ツマグロオオヨコバイが吸汁に訪れていた。また、日当たりの良い地面にはタチツボスミレが咲いて、キランソウも少ないながらが見られた。そんなタチツボスミレに越冬明けのキチョウが吸蜜していた。

zaki-20130320-kihada-mebuki.jpg
<キハダの芽吹>

葛ヶ谷公園は自然度は豊かであるのだが、港北ニュータウンの公園の中でもとても狭い方だから、すぐに一回りすると、お隣の大原みねみち公園に足を伸ばした。ここはとっても日当たりの良い公園だから、ソメイヨシノが咲き始めていて、日曜日には満開となりそうである。雑木林には、オカウコギやハリギリの幼木がたくさんあったので、タテジマカミキリを探してみたがいなかった。やはり自然度が足りないのだろう。そんな訳で、大原みねみち公園では成果が上がらず、早上がりとなって車に戻った。

zaki-20130320-aoki-obana.jpg
<アオキの雄花>

<今日出会った主なもの>花/ソメイヨシノ、アオキ、キブシ、ヒサカキ、ウグイスカグラ、モミジイチゴ、クサイチゴ、ミツマタ、チョウセンレンギョウ、タチツボスミレ、キランソウ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ等。蝶/キチョウ等。昆虫/ツマグロオオヨコバイ等。
posted by 花虫とおる at 19:25| Comment(0) | 都筑区

2013年03月19日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は100円割引り券の期限が迫っていたので、長津田町の「かつや」にてカツカレーの梅を食べた。もちろん大根の漬物は食べ放題なので、店員さんやお客さんの目を盗んでかなり食べた。揚げ物はダイエットには禁物との事ではあるが、梅だからカツは小さいので有り難い。その後、恩田川の田んぼにて昼寝を貪ったが、ヒバリが空高く囀り気持が良くて、なんと1時間も爆睡してしまった。そこで勝カレーを食べたから、今日は貧果は無いだろうとデジスコを担いで新治市民の森を散策したが、やはり冬鳥が去って、カツ枯れーであった。

zaki-20130319-yamagara.jpg
<ヤマガラ>

<今日出会った主なもの>蝶/ルリタテハ、キタテハ等。鳥/シジュウカラ、ヤマガラ、ホオジロ、メジロ等。
posted by 花虫とおる at 19:30| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

昨晩の風は台風並みに強くなって怖い位であったが、何も被害はなかったものの、ゴミが散乱して朝の掃除はかなり時間がかかった。今日は風も無く穏やかに晴れ上がって気温はぐんぐん上がり、初夏の様な陽気となった。昨日、KENTの厚手のベストを衝動買いしてしまったが、こんなに気温が高い日が続くと、秋まで洋服ダンスに吊るしておくことになるかもしれない。しかし、本当に気に入った衣服って意外と少ないので、見つけた時が買うチャンスでもある。

zaki-20130319-tatejimakamikiri.jpg
<タテジマカミキリ>

今日はスモモとアンズを撮ろうと梅田川へ行った。丘の上の畑へ行って見るとスモモは満開であったが、アンズは盛期を過ぎていた。次に、広尾のNさんが見つけたハリギリの幼木で越冬するタテジマカミキリを撮りに行った。3本ある幼木の内の2本に抱きついているとの事であったが、1匹しか見つからなかった。こんな汗ばむ陽気になったから、そろそろ活動を開始したのかもしれない。それにしてもNさんの探し上手も手伝って、今季はヤマウコギで4匹、ハリギリの幼木で3匹と、なんとなんと合計7匹も観察出来た。

zaki-20130319-sumomo.jpg
<スモモ>

<今日出会った主なもの>花/スモモ、ハナモモ、アンズ、サンシュユ、チョウセンレンギョウ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、タネツケバナ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ、キタテハ等。昆虫/タテジマカミキリ、ビロードツリアブ等。
posted by 花虫とおる at 19:28| Comment(0) | 緑  区

2013年03月18日

横浜市都筑区都筑中央公園

天気予報通り朝から風がとても強い。こんなに強いと、近場での散策は都筑中央公園しかないなあと出かけた。他所に比べるとかなり丘が高く、この為、谷間も深いから風が頭上を通り過ぎて行くという訳である。公園愛護会活動が盛んで自然度は低くはなっているが、広大なので何かしらは撮影出来る。また、市営地下鉄無料パスが貰える齢になったら足繁く通う事になるだろうし、都筑区役所や昭和大学北部病院の食堂で安くて美味しい定食も食べられる。

zaki-20130317-rengyo.jpg
<レンギョウ>

散策を開始すると、すぐに緑道で綺麗なシデコブシが出迎えてくれたが、なかなか絵になるようには撮れなくて、更に歩みを進めるとクマシデが美しく咲いていた。風による揺れにてこずったが頑張って撮影した。次に、ばじょうじ谷戸入口左の雑木林下の小道に、なぜかレンギョウがたくさん植えられていて、ほぼ満開であった。チョウセンレンギョウに比べると花が立派で撮り応えがある。その後、公園内をのんびり歩いたが、タチツボスミレが至る所に咲いて、早咲きのサクラも各種あるから、春爛漫の様相を呈していた。

zaki-20130317-kumashide.jpg
<クマシデ>

<今日出会った主なもの>花/スモモ、ハナモモ、ウメ、サンシュユ、コブシ、シデコブシ、カワヅザクラ、レンギョウ、チョウセンレンギョウ、クマシデ、ウグイスカグラ、キブシ、モミジイチゴ、ヒサカキ、クサボケ、アブラナ、タチツボスミレ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ハナニラ等。蝶/キチョウ等。昆虫/アシブトハナアブ等。
posted by 花虫とおる at 14:37| Comment(0) | 都筑区

2013年03月17日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

明日は風が強くて荒れ模様の天気になると言うが、今日は昨日に引き続いての散策日和となった。そこで、各種の樹木の芽吹きを撮ろうと茅ヶ崎公園へ行った。まずは昆虫の谷へ行ったが、シロハラがまだ2羽もいて、これでは落ち葉の下で越冬するゴマダラチョウの幼虫等の昆虫達は食べ尽くされたかもしれない。芽吹きは、ミズキ、ヤブデマリ、ガマズミ、イボタ、アケビ等で始まっていて、もう少し暖かさが続くと、すべての落葉樹が芽吹いて、早々と新緑の季節となりそうである。

zaki-20130317-ibota-mebuki.jpg
<イボタの芽吹>

次に、アカネスミレは咲いていないかと陽が当たる斜面に行ったが、タチツボスミレしか咲いていなかった。また、希少種のタカオスミレは日陰で葉を広げていたので、今季も楽しめそうである。最後に、日曜だから生態園が開いているので行って見ると、ここだけにとても多いミツバウツギの芽吹きも始まっていた。図鑑を開いてみるとミツバウツギ科は世界に5属約30種のとても小さな科で、ミツバウツギ、ゴンズイ、ショウベンノキの3種が載っていた。ミツバウツギの若葉は山菜としても著名だが、かつて生態園で催された「山菜天ぷらを楽しむ会」で食べたが、とりたてて美味しかったとの印象は残っていない。

zaki-20130317-mitsubautsugi-mebuki.jpg
<ミツバウツギの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/タチツボスミレ、ウグイスカグラ、モミジイチゴ、カワヅザクラ、ツバキ等。鳥/シロハラ、カワセミ等。その他/イボタの芽吹、ミツバウツギの芽吹、ミズキの芽吹、ガマズミの芽吹等。
posted by 花虫とおる at 19:59| Comment(0) | 都筑区

2013年03月16日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午後)

昼食はダイエット中なので「すき家」の豚汁納豆定食を食べた。ご飯、豚汁、生卵、海苔、納豆、漬物で、なんと430円なのだから、お小遣いにもダイエットである。その後、東方公園周辺の畑の片隅にて昼寝を貪ったが、耕運機の音で予定より短時間で目が覚めてしまった。農家にとっても春は待ちに待った生産の季節なのである。その後、なにかは撮れるだろうと久しぶりに早野の里へ行ったが、目的のモズはいたものの逃げられてしまって、電線に群れで休むカワラヒワを撮った。

zaki-20130316-kawarahiwa.jpg
<カワラヒワ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワラヒワ、モズ、スズメ、ツグミ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハシブトガラス等。

posted by 花虫とおる at 19:34| Comment(0) | 川崎市

横浜市港北区新吉田町(午前)

今日は風もほとんどなく青空が広がって、今年一番の散策及び撮影日和となった。車を止めて散策を開始すると、オウバイやネコヤナギは盛期を過ぎていたが、民家の庭先のビオラの花の数が前回よりかなり多くなった。例によって丘の上の植木屋さんの畑へ行くと、トサミズキとヒカンザクラがちょうど良い撮り頃で、ほんの15分程だが光線具合が良くなるまで待って撮影した。ジンチョウゲは満開で良い香りを放ち、シデコブシも咲き出して、まこと新吉田町が一番輝いている季節だなあと感じた。

zaki-20130316-tosamizuki.jpg
<トサミズキ>

一旦下って登りかえし、家庭菜園が多くある丘の上の畑へ行った。途中、民家の庭にレンギョウやボケが咲き、ほんの少し残った雑木林の斜面には、タチツボスミレが咲いていた。丘の上の家庭菜園では、羽化したばかりのモンシロチョウ、モンキチョウ、越冬明けのキタテハが舞い、青々としたコマツナ畑では初老の農家の方がコマツナを収穫していた。とっても美味そうで、中華風にベーコンと炒めたら最高だなあと思った。

zaki-20130316-hikanzakura.jpg
<ヒカンザクラ>

今日は散策開始直後に前述したトサミズキとヒカンザクラをカメラに納めたので、これで早上がりしようかなとも思ったが、とても良い天気だからドッグスクール周辺へ路傍の野の花を愛でに行ったら、トウダイグサもかなり咲いていた。また、ツクシも伸びているかもしれないと丘を越えて杉山神社の方へ行くと、畑の縁にたくさん見つかった。もう少し伸びたら炒めて醤油で味付けしたら最高である。そんな訳で、まこと春は良いなあとの思いが込み上げて来たのは言うまでもない。

zaki-20130316-tskushi.jpg
<ツクシ>

<今日出会った主なもの>花/トサミズキ、ヒカンザクラ、ボケ、ミツマタ、シデコブシ、ジンチョウゲ、レンギョウ、チョウセンレンギョウ、ウメ、カワヅザクラ、オウバイ、サンシュユ、タチツボスミレ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、ナズナ、トウダイグサ、ニホンスイセン、ムスカリ、ビオラ、フユシラズ、コマツナ等。蝶/モンキチョウ、モンシロチョウ、キタテハ等。

posted by 花虫とおる at 19:33| Comment(0) | 港北区

2013年03月15日

横浜市鶴見区三ッ池公園

三ッ池公園へ行ってもキンちゃんユリちゃん位しかいないのは分かってはいたが、今日で平日駐車場無料期間が終わるので、今季最後だとばかりに出かけた。次に無料となるのは11月18日からなので、かなり先である。もっとも500円払えば良いのだが、午前中2時間の為に小遣いを使う気にはなれない。今日は久しぶりに風も無く清々しく晴れあがった散策日和で、下乃池へ行って見ると、杭の上にユリカモメとキンクロハジロが上っていた。

zaki-20130315-kinkurohajiro-mesu.jpg
<キンクロハジロの雌>

羽繕いをしている個体が多いのだが、それが終わると「春眠暁を覚えず」で、眠りこけている個体もいる。また数に限りのある杭だから、私にも上らせて僕にも上らせてと、やって来る個体も多い。キンクロハジロは紳士的に席を譲るが、ユリカモメはどかないと足パンチをくらわせて追い立てる。希少種には程遠いキンちゃんユリちゃんだが、ぽかぽか陽気に観察をするのも面白い。今日はホシハジロは見られなかったが、マガモの雄が1羽だが見られた。

zaki-20130315-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオジ、シジュウカラ、ツグミ、ムクドリ、マガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カツブリ、ユリカモメ等。
posted by 花虫とおる at 14:17| Comment(0) | 鶴見区

2013年03月14日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、久しぶりにスーパー「つるかめ」にて格安弁当を買って食べた。マカロニサラダも追加したかったのだが、見苦しいメタボから脱却したいので止めにした。もちろん、おやつの菓子パン1個も買わなかった。散策仲間や何処かの娘さんの様に10キロ前後痩せたいという訳では無く、礼服のズボンが楽にはけるようになれば良いのだから、一応、ウエストサイズ2センチ減を目標としよう。午後からは久しぶりにデジスコを担いで新治市民の森を散策したが、冬鳥の姿は少なく、カワセミだけが昨日の悪天候でお腹を空かせているのか、活発に餌を探していた。

zaki-20130314-kawasemi-mesu.jpg
<カワセミの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、アオジ、シジュウカラ、ヤマガラ、モズ、ツグミ、カワウ、カルガモ、アオサギ等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

防寒服の出番はもうないのではと思っていたが、今日はかなり寒くなってカストロコートを久しぶりに着用した。ある程度はメタボの方が寒さや病気には強いのではと思っていたが、昨日、広尾のNさんが通り抜けられた壊れたフェンスの隙間を、お腹が邪魔してクリアー出来なかったのは、まことショックであった。先だっての法事の時も礼服のズボンがきつくて困ったし、ことによったら持病となった足裏痛もメタボがかなり影響しているのかもしれない。そこでダイエットしたいなあとは思うものの、そう簡単ではないだろう。しかし、禁煙出来たのだから可能かもしれない。

zaki-20130314-hanamomo.jpg
<ハナモモ>

今日は朝まで雨が降っていたので、いつもより一時間ばかり遅く出発した。咲き出した様々な花が乾くのを待ったという訳である。気象庁の桜の開花予想では、もうすぐ東京でも咲き出すようだが、今日の寒さで少しは遅くなるだろう。それでも例年に比べるとかなり早い。そんな訳で、丘の上の植木屋さんの畑のハナモモはほぼ満開となり、雑木林の縁に生えているキブシも咲き出していた。キブシは漢字で書くと木藤なのだから、フジの様に垂れ下がって咲く花を写したかったが、なかなか良い絵柄となるものがなく、写真の様に房の短いものを撮った。

zaki-20130314-kibushi.jpg
<キブシ>

<今日出会った主なもの>花/キブシ、ハナモモ、トサミズキ、オウバイ、ウメ、ウグイスカグラ、ヒメオドリコソウ等。
posted by 花虫とおる at 18:58| Comment(0) | 緑  区

2013年03月13日

横浜市緑区横浜動物の森公園

朝起きたら風がかなり強くて、朝食後は布団にUターンだなと思ったが、空は真っ青だから眠る気が起きなく横浜動物の森公園へ行った。かなり起伏があるから、何処かで1枚位は撮れるだろうと思ったのである。まずは前回は蕾だったイヌコリヤナギを見に行ったが、今日は綺麗に咲いていた。おまけに窪地だからか風が頭上を通り過ぎ、カメラに無事に納まった。次に、広尾のNさんが見つけたハリギリの幼木のタテジマカミキリを見に行ったが、場所を聞いていたのですぐに発見出来た。壊れたフェンスからNさんは中に入ったというが、私はお腹が引っかかって入れず、残念ながら近づいて撮影する事が出来なかった。

zaki-20130313-inukoriyanagi.jpg
<イヌコリヤナギ>


<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、イヌコリヤナギ等。蝶/アカタテハ等。昆虫/タテジマカミキリ等。
posted by 花虫とおる at 15:44| Comment(0) | 緑  区

2013年03月12日

横浜市都筑区東方公園周辺

やっと風が止んだ。春は風が強く吹くのが通例だから、風が強い日こそ春らしいのかもしれない。しかし、写真撮影には大敵である。有り難い事に花粉症の典型的な症状、目がかゆかったり鼻水たらたらといったものはないが、なんとなく目がざらつくし頭もほんの少しだが重い。要するに絶好調とは程遠い訳で、持病となった足裏痛も増したようである。春を絶好調で過ごせる方こそ本当の健康体なのかもしれない。そこで、昨日、ネットにてストレッチ体操の古本を注文したので、びくともしない健康体に戻るよう精進するつもりである。

zaki-20130312-asebi.jpg
<アセビ>

今日は風の為に散策出来なかった東方公園周辺へツクシを撮りに行ったが、まださほど伸びていない事もあってか、絵になるようには生えていなかった。そこで何か別な被写体はないかなあと散策すると、なんとアケビの蕾が伸びていて驚いた。また、植木屋さんの畑ではハクモクレンが咲き始めていて、カワヅザクラは満開、民家の庭ではスノーフレークまで咲いていた。やはり数日前の初夏の様な陽気が、春をどんどん前に押し進めたようである。

zaki-20130312-akebi-tsubomi.jpg
<アケビの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、アセビ、サンシュユ、ボケ、カワヅザクラ、ジンチョウゲ、ユキヤナギ、ウグイスカグラ、セイヨウタンポポ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、タネツケバナ、ハナニラ、ニホンスイセン、スノーフレーク等。蝶/ルリタテハ等。鳥/モズ、シロハラ等。その他/ツクシ等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 都筑区

2013年03月11日

横浜市鶴見区三ッ池公園

2年前の今日、多くの人命を奪い甚大な被害をもたらした東日本大震災が起きた。齢をとるにつれて無力さを感じるようになり、ただただ手を合わせるのみであるが、行政にはしっかりとした対応をして貰いたいものである。今日の天気は昨日の暖かさが嘘の様に低くなって、おまけに北風が強い。そんな訳で何処へ行っても駄目だろうなあと思い、安近短の三ッ池公園へ行った。すると、かなりの数のユリカモメが見られ、きっと昨日の強風の為に避難して来たのであろう。また、前回見られなかったホシハジロも戻って来ていた。今日の目的のモズはいたが、良い絵柄となる枝には止まってくれなかった。

zaki-20130311-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄とキンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/コゲラ、シジュウカラ、スズメ、モズ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ等。
posted by 花虫とおる at 14:43| Comment(0) | 鶴見区

2013年03月10日

神奈川県大和市泉の森公園(午後)

昼食は上川井の「なか卯」まで行って、ミニ親子丼と小うどんセットが、期間限定30円引きの500円だったので食べた。昼寝は何処へ行っても風が強くて、なんとか風が防げる場所を探して貪った後に、前回行って貧果に泣いたが、風が防げる唯一の野鳥撮影スポットである泉の森公園へ行った。気温はぐんぐん上がって、東京では25度を超える夏日となったと報じられていた。泉の森公園の「しらかしの池」へ行くと、嘘の様に風は無かったものの、相模原方面は砂塵が舞って赤褐色に煙っていた。見られた野鳥は相変わらず少なく、今年最後だとばかりに、三ッ池公園では見られないヒドリガモをカメラに納めた。

zaki-20130310-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>花/サンシュユ、カワヅザクラ、ウメ等。鳥/ヒドリガモ、コガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 18:55| Comment(0) | 県  内

横浜市緑区三保市民の森(午前)

今日は風が強くなって気温がかなり上がると予報されていたが、自宅を出る時、気温はすでに相当高かったが風はまあまあかなといった具合だったので、東方公園周辺でツクシでも撮ろうと行って見た。すると丘の上だから、乾燥している畑から砂塵が舞いあがって、すぐに退散した。そこで何にも被写体は無いだろうが、風には強い三保市民の森へ転戦した。散策を開始すると保険として、ほんの少しだが伸び始めたオニグルミの冬芽をカメラに納めた。その後、風が防げる谷道を散策したが、これといったものは無く、未舗装の谷間の道へ出て引き返したが、テングチョウ、ルリタテハ、ウラギンシジミが羽を開いて日光浴をしていた。

zaki-20130310-onigurumi-fuyume.jpg
<オニグルミの冬芽>

<今日出会った主なもの>花/サンシュユ、ボケ、ウメ、ウグイスカグラ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ナズナ等。蝶/テングチョウ、ルリタテハ、ウラギンシジミ等。虫/アシブトハナアブ等。
posted by 花虫とおる at 18:52| Comment(0) | 緑  区

2013年03月09日

横浜市港北区新吉田町

今日は気温がとても高い。そこで、かなり薄着して出掛けたのだが、それでも汗ばむ程となった。3月初旬に、こんなに暖かくなった事が今まであっただろうか。ここ数年にわたって異常気象が多発しているから不安になる。そんな訳で、蝶では蛹から羽化したモンシロチョウ、越冬していたキチョウ、キタテハが軽やかに飛翔していた。今日も丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、ウメは満開でカワヅザクラも咲いて、早くもトサミズキやヒカンザクラの蕾も膨らんで来た。こんな調子の気温が続くと一気に全て咲いてしまうのではないかとの危惧の念さえ抱く。やはり順番通りに咲いて、順繰りに楽しん行きたい。

zaki-20130309-komatsuna.jpg
<コマツナ>

丘の上の植木屋さんの畑は百花繚乱、ちょっとした桃源郷の様相を呈していたが、これぞといった被写体は無くて、いったん下って次の丘の上の畑へ行った。ここには家庭菜園がかなりあるので、各種のナノハナが一杯だった。細かい事をいうとアブラナの花をナノハナと呼ぶのだが、最近、もっとも紛らわしいチリメンハクサイなるものが多くて間違えてしまう。また、チンゲンサイやコマツナやカラシナ等もナノハナの様な黄色い花を咲かせるから、しっかりと葉や茎を見て判断せねば間違える。そんな訳で、一番間違えそうも無いコマツナの花を撮った。

zaki-20130309-ooinunofuguri.jpg
<オオイヌノフグリ>

次に、今日こそ必ずカメラに納めておこうと、早春の野の花の代表ともいえるオオイヌノフグリを撮りに、丘を下った日当たりの良い畑の斜面へ行った。オオイヌノフグリはまばゆい程咲いていて、やはりここが一番多くて綺麗である。しかし、何処をどのように切り取ったらいいのかとさんざん迷う羽目となった。また、茎が赤褐色だからコハコベだと思うが、形良く咲いていたので思わずカメラを向けた。この他、ナズナ、ホトケノザもたくさん咲いていて、ツクシも顔を出し、トウダイグサももうすぐ咲きそうで、まこと春本番である。

zaki-20130309-kohakobe.jpg
<コハコベ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、オウバイ、カワヅザクラ、ネコヤナギ、アセビ、ツバキ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、コハコベ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、タネツケバナ、フキノトウ、フユシラズ、ニホンスイセン、ビオラ、コマツナ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ、キタテハ等。その他/ツクシ、アオキの実等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 港北区

2013年03月08日

横浜市鶴見区三ッ池公園

やや風が強かったものの、正午まではそれほど強くはならないだろうと三ッ池公園へ行った。気温はぐんぐん上がって初夏の様な陽気となり、下乃池へ行って見るとカモの姿が全く見えないので、もしや旅立ったのかもと思ったら、風を避けて静かな場所に移動していた。今日もユリカモメは20羽程見られたが、ホシハジロの姿は無かった。前回はモズ、前々回はジョウビタキの雌を撮っているので、カモ以外のものを撮ろうと歩き回ったが、風が強いためか旅立ったのか、シロハラ位しか見られなかった。そんな訳で、不本意ながらもキンクロハジロの雄を撮って引き上げた。

zaki-20130308-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日見られた主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、ミツマタ等。蝶/キタテハ等。鳥/キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ、シロハラ、カワセミ、スズメ、キジバト、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 14:03| Comment(0) | 鶴見区

2013年03月07日

横浜市港北区新羽町

今日は昨日以上の気温となるらしいので、かなり薄着して久しぶりに新羽町へ出かけた。横浜環状北線と第三京浜との接続工事が始まってから、鶴見川に面した農耕地は散策出来ない所が増えて魅力を減じているが、何かしら被写体はあるだろうと思ったのである。まずは新羽丘陵公園へ寄ってみたが、ナノハナ、シナマンサク、サンシュユ、ウメと賑やかで、キタテハが軽やかに飛翔していた。しかし、写欲を誘うものは見当たらず、隣接する植木屋さんの畑のネコヤナギを撮った。午前中は陽が当たらない場所なので、残念ながらまだ開花していなかった。農耕地へ降りて行くと畑一面にホトケノザがびっしりと咲いてとても綺麗であった。しかし、その隣の畑ではトラクターが畑を耕していた。

zaki-20130307-nekoyanagi.jpg
<ネコヤナギ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、オウバイ、サンシュユ、シナマンサク、ネコヤナギ、ボケ、ウグイスカグラ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ナズナ、タネツケバナ、ハナニラ、ニホンスイセン等。蝶/キタテハ等。
posted by 花虫とおる at 20:13| Comment(0) | 港北区

2013年03月06日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日はかなり気温が上がると予報されていたが、散策を開始して時間が経つにつれて、本当に汗ばむ程の暑さとなった。なんだか冬はもう御仕舞いのようで、とても残念な気持ちが湧いて来た。今冬は埼玉県等へのプチ遠征も度々しようと思っていたが、体調が思わしくなく近場巡りとなってしまった。そんな訳で、もっと色んな冬鳥を撮りたかったなあとの思いがあるのだろう。今月の16日より東急東横線が副都心線と繋がり、埼玉方面へのアクセスがとても楽になったので、来季こそは武蔵丘陵森林公園や光が丘公園等へ何度も足を運べるに違いない。

zaki-20130306-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

今日は、昨日のリベンジでウグイスカグラを撮ろうと茅ヶ崎公園へ行った。しかし、ほんの少し咲いてはいるものの、やはり開花時期は遅れ気味で、この気温上昇で一気に花の数が増す事だろう。雑木林では、ニワトコ、マユミ、イボタの芽吹きが始まっていて、いよいよ木々の芽吹きを撮る季節がやって来たなあと感じた。その後、カワヅザクラがたくさん植栽されているポイントに行って見ると、早くも三分咲きで、青空バックにて撮影した。

zaki-20130306-kawazuzakura.jpg
<カワヅザクラ>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ウグイスカグラ、シナマンサク、カンツバキ等。


posted by 花虫とおる at 19:13| Comment(0) | 都筑区

2013年03月05日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後)

昼食は久しぶりにスーパー「つるかめ」にて、野菜天ぷら丼と切り干し大根の煮付けを買って食べた。気温はますます上がって快適な昼寝が期待されたが、身体の調子が今一だからか30分程で目覚めてしまった。その後、恩田川の田んぼ、谷本川の田んぼ、早野の里とパトロールしたが、目的のモズは良い所に止まっていなかった。そこで本当に久しぶりに寺家ふるさと村へ行ったが、こちらも閑古鳥だけが賑やかで、大池に浮かぶカイツブリを撮影しての早上がりの帰宅となった。

zaki-20130305-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/カイツブリ、カワセミ、アオジ、ガビチョウ、モズ、ツグミ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 青葉区

横浜市緑区横浜動物の森公園(午前)

3月に入っても寒の戻りはあるだろうが、今日はかなり暖かくなった。植木屋さんの畑や民家の庭先のネコヤナギが咲き出したので、湿地のイヌコリヤナギも咲いているのではないかと、本当に久しぶりに横浜動物の森公園へ行った。ポイントへ行く前に、武蔵中山台住宅の自治会館に植栽されているミツマタを見に行ったが、有り難い事に咲き出していた。黄色い花の咲く樹木はかなりあるが、ミツマタは黄金色に近いなあと感ずる。

zaki-20130305-mitsumata.jpg
<ミツマタ>

ミツマタを無事にカメラに納めると、湿地のイヌコリヤナギを見に行った。樹木図鑑を開くとヤナギの仲間はかなりあるが、横浜の丘陵地帯ではアカメヤナギとイヌコリヤナギしか自生しているのを見た事が無い。花はとても可愛らしいのだが、残念な事にまだ咲いていなかった。その後、ウグイスカグラの花を撮ろうと探したが、こちらもまだ開花していなかった。しかし、マユミやニワトコの芽吹きが始まって、キブシの蕾もかなり膨らんでいた。

zaki-20130305-inukoriyanagi.jpg
<イヌコリヤナギの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ミツマタ、イヌコリヤナギの蕾等。
posted by 花虫とおる at 18:32| Comment(0) | 緑  区

2013年03月04日

横浜市鶴見区三ッ池公園

3月に入ったので駐車場が平日無料の期間は、いよいよ15日迄と数える程となった。その後は500円も取られてしまうので行く気が起きなくなる。これといって珍しい鳥がいる訳でもないし、水鳥以外は個体数も少ないのだが、なにせ安近短で歩き回れば何かしらには出会える。また、欲張らなければ必ず野鳥をカメラに納める事が出来るのだから、駐車場が無料の内は精出して通ってみようと出かけた。

zaki-20130304-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

今日は出かけた当初は風もややあって曇り空だからかなり寒い。こんな日はどうなんだろうと下乃池へ行って見ると、前回は見られなかったユリカモメとキンクロハジロの活動が活発で、杭上りも見られたので嬉しくなった。一応保険として両種をカメラに納めて1回りしたが、マガモとハシビロガモは完全に飛び去ってしまったようである。再び下乃池に戻って来ると、三ッ池公園では稀少種のホシハジロの雄が3羽も杭上りしていて驚いた。

zaki-20130304-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、アオジ、シジュウカラ、スズメ、シメ、ヒヨドリ、ツグミ、シロハラ、モズ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 14:29| Comment(0) | 鶴見区

2013年03月03日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は牛丼屋やファミレスが飽きてしまったので、東名高速港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行って、「港北そばとお握り」を食べた。その後、健康昼寝を貪ったが、天気予報では晴れの筈だったが曇っていて、先月程の寒さではないものの快眠には程遠かった。午後からは久しぶりに新治市民の森へ鳥撮りへ行ったが、その前に恩田川の田んぼを見回ったものの、モズがいる位でこれといった鳥には出会えなかった。しかし、梅田川遊水池のカワセミの雄が大サービスで、新治市民の森にも大いに期待したが、カワセミすら見られず閑古鳥だけが囀っていた。

zaki-20130303--kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ホオジロ、アオジ、シジュウカラ、シロハラ、モズ等。
posted by 花虫とおる at 18:56| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区東方公園周辺(午前)

まだいくらか風は残っているが、アセビを撮ろうと東方公園周辺へ行った。咲いているものはなかったが、かなり蕾が膨らんでいたので嬉しくなった。アセビを漢字で書くと馬酔木となり、馬が葉を食べれると苦しむという事より名前がついた有毒植物である。多くの草食哺乳類は食べるのを避けるとあるが、春一番に飛ぶコツバメの幼虫はアセビの花も食べる。山野に自生するものは白い花だが、やや乾燥した場所を好むツツジ科の低木である。

zaki-20130303-bungo.jpg
<ブンゴ>

アセビを無事にカメラに納めて散策を続行すると、防火緑地帯に植栽されているブンゴが咲き始めていた。アンズ系のウメで実が大きく、花は各種のウメが咲き終わった頃に満開となる。しかし、今年は寒かったからウメの開花がブンゴの咲く時期にずれこんでしまったようで、こんな事もあるのだあと苦笑した。その後、農耕地の方へ下って行ったが、日当たりの良い畑の斜面にはツクシが伸び始め、民家の庭先にはハナニラも咲いていた。

zaki-20130303-asebi.jpg
<アセビの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ボケ、サンシュユ、マンサク、ネコヤナギ、アセビ、カンツバキ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、タネツケバナ、ニホンスイセン、ハナニラ等。鳥/ジョウビタキの雄等。その他/ツクシ等。
posted by 花虫とおる at 18:50| Comment(0) | 都筑区

2013年03月02日

神奈川県大和市泉の森公園(午後)

午後からは、風が防げる泉の森公園へ本当に久しぶりに行った。まずは、例年ならルリビタキやミソサザイでにぎあうポイントへ寄ったが、カメラマンは皆無であった。そこで「しらかしの池」へ行ったが、冬鳥としてのカモは、ヒドリガモ、コガモしか見られず、どうやら他のカモは何処かへ行ってしまったようである。神奈川県下ではかなり著名なバードウォッチングの公園であったが、国道246号線の耐震化工事や木々や下草の大幅な伐採や手入れ、来園者の増加等で、見られる鳥の種数も個体数もかなり減ったようである。

zaki-20130302-kogamo.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ハクセキレイ、ツグミ、シジュウカラ、キジバト、ヒドリガモ、コガモ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:35| Comment(2) | 県  内

横浜市都筑区鴨池公園(午前)

春一番をもたらした低気圧は北海道沖で発達し、気圧配置は完全に冬型に戻って北風が強くなった。しかし、昨日一昨日の暖かな大気がまだ残っているようで、風が強い割には気温は低くならなかった。こんな日は何処へ行っても被写体ブレと思って、風が防げる鴨池公園へ行った。車を駐車する前の畑は何故だかサンシュユが30本位植えられていて、やっと開花しだしたのでカメラに納めた。その後、昆虫の谷や鴨池の方まで散策したが、残念ながらこれといった被写体には巡り合わなかった。

zaki-20130302-sansyuyu.jpg
<サンシュユ>

<今日出会った主なもの>花/サンシュユ、シナマンサク、カンツバキ、ウメ、タチツボスミレ、オオイヌノフグリ等。
posted by 花虫とおる at 19:32| Comment(0) | 都筑区

2013年03月01日

横浜市港北区新吉田町

今日も昨日に引き続いて暖かい日で、風はだんだん強くなると予報されていたが、昨日のリベンジとばかりにオウバイを撮りに新吉田町へ行った。散策を開始すると迷わず農家の庭先から道路に垂れ下がって咲くオウバイを見に行ったが、まこと良い塩梅に咲いていて嬉しくなった。風はやや強いものの、止み間があるから辛抱強く粘ったのは言うまでも無い。

zaki-20130301-obai.jpg
<オウバイ>

その後、毎度お馴染みの丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、薄紅色のアセビの蕾がぷっくらと膨らんでいて、金色のミツマタも咲き始めていた。紅白のウメはほぼ八分咲きとなって、さすが3月、春が本当に近くまでやって来たなあと感じた。しかし、丘の上はさすがに風が強くて来た道を引き返し、路傍に咲くオオイヌノフグリやホトケノザを撮影に行った。

zaki-20130301-nanahoshitento.jpg
<ナナホシテントウ>

途中、何故だかフユシラズがたくさん咲いている畑があって、オオイヌノフグリやホトケノザも咲いているからペルシャ絨毯のようである。ドッグスクールをほんの少し過ぎた辺りの板囲いの土留めを見ると、ナナホシテントウがたくさん日向ぼっこをしていて卵も見つかった。テントウムシは熟睡型の越冬だが、ナナホシテントウは暖かいと活動する浅い眠りの昆虫である。その後、風はゴーゴーと強くなって路傍の花の撮影は諦めたが、帰宅したら春一番と報じられていた。

zaki-20130301-nanahoshitento-tamago.jpg
<ナナホシテントウの卵>

<今日出会った主なもの>花/オウバイ、ミツマタ、アセビ、ウメ、ツバキ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ナズナ、フユシラズ等。昆虫/ナナホシテントウ等。



posted by 花虫とおる at 14:14| Comment(2) | 港北区