2013年03月17日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

明日は風が強くて荒れ模様の天気になると言うが、今日は昨日に引き続いての散策日和となった。そこで、各種の樹木の芽吹きを撮ろうと茅ヶ崎公園へ行った。まずは昆虫の谷へ行ったが、シロハラがまだ2羽もいて、これでは落ち葉の下で越冬するゴマダラチョウの幼虫等の昆虫達は食べ尽くされたかもしれない。芽吹きは、ミズキ、ヤブデマリ、ガマズミ、イボタ、アケビ等で始まっていて、もう少し暖かさが続くと、すべての落葉樹が芽吹いて、早々と新緑の季節となりそうである。

zaki-20130317-ibota-mebuki.jpg
<イボタの芽吹>

次に、アカネスミレは咲いていないかと陽が当たる斜面に行ったが、タチツボスミレしか咲いていなかった。また、希少種のタカオスミレは日陰で葉を広げていたので、今季も楽しめそうである。最後に、日曜だから生態園が開いているので行って見ると、ここだけにとても多いミツバウツギの芽吹きも始まっていた。図鑑を開いてみるとミツバウツギ科は世界に5属約30種のとても小さな科で、ミツバウツギ、ゴンズイ、ショウベンノキの3種が載っていた。ミツバウツギの若葉は山菜としても著名だが、かつて生態園で催された「山菜天ぷらを楽しむ会」で食べたが、とりたてて美味しかったとの印象は残っていない。

zaki-20130317-mitsubautsugi-mebuki.jpg
<ミツバウツギの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/タチツボスミレ、ウグイスカグラ、モミジイチゴ、カワヅザクラ、ツバキ等。鳥/シロハラ、カワセミ等。その他/イボタの芽吹、ミツバウツギの芽吹、ミズキの芽吹、ガマズミの芽吹等。
posted by 花虫とおる at 19:59| Comment(0) | 都筑区