2013年04月01日

横浜市都筑区鴨池公園

寒々しい曇り日が続いたので、本当に久しぶりだなあと嬉しくなる晴れとなったものの、午後から用事があるので安近短の鴨池公園へ行った。その前に葛ヶ谷公園に寄ってみたが、タチツボスミレが至る所に咲いていて、久しぶりの陽の光を楽しんでいるかのようであった。前回来た時に芽吹き始めていたキハダは、もうかなり葉が広がっていた。また、寒さが続いたからか、ウグイスカグラは薄紅色に美しく咲き残っていた。最後に、トガリアミガサタケが生えていても良いのだがなあとポイントへ行って見たが、まったく生えていなかった。やはり雨待ちのようで、来週にはアミガサタケも含めて発生するだろう。

zaki-20130401-akebi-obana.jpg
<アケビの雄花>

そんな訳で葛ヶ谷公園ではコナラの芽吹きを撮っただけの貧果で、期待して鴨池公園に歩みを進めると、アブラチャンがまだ咲いていて驚いた。しかし、ヒメスミレがたくさん見られた陽当たりの良い斜面は、各種の草が伸びて、ヒメスミレやハナニラ等は隠れてしまった。そんな緑一杯の草原に、ひらひらと舞うモンキチョウはとても鮮やかで目立った。その後、もしかしたらアケビの雄花が見られるかもと期待して、昨年観察した場所へ行ってみたら、有り難い事に、独特な格好の雄花が垂れ下がっていた。

zaki-20130401-aburachan.jpg
<アブラチャンの雄花>

<今日出会った主なもの>花/シャガ、タチツボスミレ、カラスノエンドウ、クサボケ、アオキ、ウグイスカグラ、ヤマブキ、アケビの雄花、アブラチャンの雄花、ボケ、ソメイヨシノ、ハナニラ等。蝶/モンキチョウ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 都筑区