2013年04月10日

横浜市都筑区(仮称)フデリンドウの丘

今日は迷わず、もう咲いているのではないかと都筑区の(仮称)フデリンドウの丘へ行った。都筑区の緑道や公園は侮れない自然観察のスポットだと何べんも記しているが、この時期の(仮称)フデリンドウの丘はフデリンドウはもちろんの事、ヒトリシズカもかなり見られ、小さな群落だがニリンソウも咲いていて嬉しくなる。昔ながらの適度な山掃除が行われていて、それが山野草保全に適しているのだろう。下草は綺麗さっぱりの公園愛護会活動は、まこと困ったものである。

zaki-20130410-fuderindo.jpg
<フデリンドウ>

フデリンドウは山掃除の時期や強度が影響しているのか、生えている場所も数も株の大きさも毎年異なるが、今日は比較的多数の花を咲かせている株が多かった。また、散策仲間のお姉さんの行いだろうか、小さな株は踏まれない様に棒が立てられていた。また、今年はヒトリシズカもかなり多く見られ、都筑区では貴重な場所である事を再認識した。しかし、今日のもう一つの目的たるアミガサタケは、他所も探してみたものの、小い老菌が一本見られただけだった。

zaki-20130410-hitorishizuka.jpg
<ヒトリシズカ>

<今日出会った主なもの>花/フデリンドウ、ヒトリシズカ、キランソウ、ニリンソウ、タチツボスミレ、シャガ等。キノコ/アミガサタケ等。
posted by 花虫とおる at 19:11| Comment(0) | 都筑区