2013年04月11日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

午前中の大地沢は最初は晴れていたものの、正午近くになると雨がぱらついて来て気温が急激に低くなった。そこで、昼寝もままならず望地キャンプ場の田んぼへ移動して貪ったものの、目覚めた後、これといった野鳥が見られないので一般道にて帰宅の途に就いたが、横浜は雲一つない青空が広がっていた。そこで、野鳥が撮れなかった欲求不満を解消しようと、お馴染みの新治市民の森へ寄った。するとカワセミのペアがいて、遠かったので撮影出来なかったが、求愛給餌を繰り返していた。また、アカゲラがまだ見られ、やはり本格的な夏鳥到来は今月末になりそうである。

zaki-20130411-kawasemi-osu-1.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アカゲラ、カワセミ、ヤマガラ、シジュウカラ、スズメ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:25| Comment(0) | 緑  区

東京都町田市大地沢(午前)

明日は用事があって散策出来ないので、思い切って町田市の大地沢へ出かけた。また、圏央道の相模原愛川インターが出来たので、ちょっくら様子を見てこようとも思ったのだ。自宅から車ですぐの第三京浜都筑インターから横浜新道、保土ヶ谷バイパス、東名高速、圏央道という経路で、ほぼノンストップ、約80キロの速さで行けるのだから嬉しくなる。しかし、有料道路代は締めて1150円なので、往復とも使うとちょいとお財布に負担がかかる。それでも、猿が島、相模原公園、道保川公園、望地、葉山島、そして大地沢まで渋滞無しで行けるのだから、今後お世話になる事は言うまでも無い。

zaki-20130411-yamaruriso.jpg
<ヤマルリソウ>

大地沢の第2駐車場に車を停めたが、平日なのにかなり止まっていて、新緑目当ての散策に訪れた方々が多いようである。まずは少し戻って小川の反対側の道を詰めたが、目的の一つであるコツバメは見られなかった。そこで戻って、左手の谷戸へ入ったが、そこらじゅうニリンソウの群落が広がって、とても美しかった。その後、キャンプ場を越えて境川の源流まで行ったが、まだ下草が左程伸びていないし、相変わらず砂防工事も続いていたので眉をしかめたが、それでも、ヤマルリソウ、アカネスミレ、ミヤマキケマン、キンポウゲ、セントソウ、ミミガタテンナンショウ等が咲いていた。連休明けの観察会は、去年と同じ程度には期待出来そうである。

zaki-20130411-itadorihamushi.jpg
<イタドリハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマルリソウ、ミミガタテンナンショウ、キンポウゲ、ニリンソウ、イチリンソウ、ムラサキケマン、ミヤマキケマン、キランソウ、ナガバノスミレサイシン、アカネスミレ、マルバスミレ、タチツボスミレ、アメリカスミレサイシン、セントソウ、レンゲソウ、ヤマブキ等。蝶/テングチョウ、アカタテハ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ等。昆虫/イタドリハムシ、ビロードツリアブ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 町田市