2013年05月09日

横浜市緑区(仮称)アマサギの里(午後)

昼近くになると気温はぐんぐん上がって、日向の車の中では暑くて眠れないから、木陰に停めて昼寝を貪った。目覚めてみると陽の光は相変わらず強く、田んぼ巡りはもう少し経ってからと、105円で買った古本の子供向けの伊藤博文の伝記を読んだ。文字が大きいから年寄りにも好適である。その後、田んぼ巡りを始めたが、(仮称)アマサギの里に行くとトラクターがうなりをあげていて、その後を3羽のアマサギが追いかけていた。天気は相変わらずのピーカンで撮影日和とは言えなかったが、白トビを心配して露出アンダー目で撮影した。

zaki-20130509-amasagi.jpg
<アマサギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アマサギ、ハクセキレイ、カルガモ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 20:15| Comment(2) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

昨日の山中湖プチ遠征でほんの少し疲れているので、今日は平坦で楽な梅田川周辺を散策した。まずは梅田川遊水池の小道へ行ったが、アオジョウカイとジョウカイボンがたくさん見られた。また、ヤマサナエ、ハラビロトンボ、カワトンボもいて、やはり池や湿地や小川が近いだけあるなあとほほ笑んだ。その他、去年はとても少なかったウスモンオトシブミがキブシの葉にいたが、近づくと葉裏に隠れてしまった。小さくとも人間の接近をしっかり確認しているのだから素晴らしい。

zaki-20130509-kawatonbo-osu.jpg
<カワトンボの雄>

その後、例によって毎度お馴染みの三保念珠坂公園下へ行ったが、ここでもジョウカイボンがやけに多く、梅田川のせせらぎの石上に翅が赤褐色のカワトンボの雄が止まっていたので撮影した。さらに先に進むと、近場では比較的珍しい美麗種であるフタコブルリハナカミキリを見つけてにんまりした。最後に引き返して、すももの小道、向原、満倉谷戸へ行ったものの、これといったものは見られなかったが、コンニャクの花が畑で一株咲いていた。もちろん、昼寝中のラブラドール犬を起こしてあげたのは言うまでも無い。

zaki-20130509-futakobururikamikiri.jpg
<フタコブルリハナカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/ケキツネノボタン、ナガミヒナゲシ、アカバナユウゲショウ、ヒメフウロ、キツネアザミ、コバンソウ、イモカタバミ、カタバミ等。蝶/キタテハ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/フタコブルリハナカミキリ、ジョウカイボン、アオジョウカイ、ウスモンオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、サンゴジュハムシ、キイロテントウ、カワトンボ、ヤマサナエ、ハラビロトンボ、ミツボシツチカメムシ、オオクモヘリカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ等。鳥/カワセミ、カワウ等。


posted by 花虫とおる at 20:13| Comment(0) | 緑  区