2013年05月28日

横浜市都筑区都筑中央公園

今日の午後は通院なので、午前中のみ安近短の都筑中央公園へ行った。寺家ふるさと村や新治市民の森等に比べると自然度はかなり低いのだが、港北ニュータウンの数々の公園とそれらをつなぐ緑道を合わせた面積は相当なものになる。そんな訳からか、絶対的な個体数は少ないものの、こんな所にとびっくりするものに出会えるのだから侮れない。今日も散策を開始すると、緑道に10本以上ものギンリョウソウが頭をもたげていて驚いた。自然度の高い所でも、こんなには見られない腐生植物である。

zaki-20130528-shimotsuke.jpg
<シモツケ>

例によって昆虫の谷へ寄ったが、またしてもこれといったものは見られず、例年ならアカスジキンカメムシが必ず見られるアジサイの葉上も寂しい限りであった。やはりカメムシ類は今のところは不作なようである。そこで都筑中央公園へ歩みを早めたが、入口近くにキキョウソウが見られ、中に入るとシモツケが咲いていた。また、ウラナミアカシジミも出迎えてくれて、今日は合計5頭も確認出来た。しかし、気温が高い事もあってか、近づくとすぐに飛び去ってしまった。

zaki-20130528-kikyoso.jpg
<キキョウソウ>

その後、前述したようにウラナミアカシジミには出会うものの、他のゼフィルスや昆虫は見られず、かなり焦って来たが、宮谷戸の大池から尾根に上る途中で、ホタルに良く似たムネクリイロボタル、真っ白な身体のリンゴコフキハムシ、更にアカシジミも止まっていた。残念な事にアカシジミは今一の場所で、他に止まってよと飛び立たせたら、コナラの梢に上ってしまった。そこで、枯れ葉に擬態している竪琴型のアトキハマキをカメラに納めて引き返した。

zaki-20130528-atokihamaki.jpg
<アトキハマキ>

<今日出会った主なもの>花/ギンリョウソウ、キキョウソウ、ニワゼキショウ、シモツケ、アジサイ等。蝶/テングチョウ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、コミスジ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/アトキハマキ、ムネクリイロボタル、リンゴコフキハムシ、サンゴジュハムシ、ヤマトシリアゲシ等。鳥/アオゲラ、シジュウカラ、ヒヨドリ等。


posted by 花虫とおる at 14:33| Comment(0) | 都筑区