2013年06月24日

横浜市都筑区都筑中央公園

そろそろキノコが発生しているのではないかと期待して、鴨池公園と都筑中央公園へ様子を見に行った。まずは鴨池公園のキノコ山に登ったが全く見られず、引き返して緑道を通って都筑中央公園へ歩みを進めたが、小川沿いの苔むした所に、ノウタケ、ニオイコベニタケ、テングタケの幼菌等が生えていた。テングタケの幼菌は親指の先位の大きさなので、今週末位には立派な成菌になっているに違いない。

zaki-20130624-himekozo-mi.jpg
<ヒメコウゾの実>

そんな訳でキノコは諦め、まずは保険としてヒメコウゾの実を撮影した。美味しそうに見えるのだが、食べる価値は無い。その後、セマダラコガネが各所で見られ、樹液が出ているコナラの下には、早くも野鳥に食べられたカブトムシの遺骸が散乱していた。今日も貧果なのかなあと思われたが、宮谷戸の大池のアジサイに美麗なヨツスジカミキリが、下草の葉上には羽化したてのハイイロチョッキリが2匹も這っていた。

zaki-20130624-haiirochokiri.jpg
<ハイイロチョッキリ>

<今日出会った主なもの>花/ネジバナ、ドクダミ、ツユクサ、コムラサキ、アジサイ等。蝶/スジグロシロチョウ、ヒカゲチョウ、ベニシジミ等。昆虫/カブトムシ、セマダラコガネ、マダラアシゾウムシ、トホシオサゾウムシ、ハイイロチョッキリ、コフキゾウムシ、ヨツスジハナカミキリ、ハグロトンボ等。キノコ/キチャハツ、ノウタケ、ニオイコベニタケ、ニオイワチチタケ、テングタケの幼菌等。その他/ヒメコウゾの実等。
posted by 花虫とおる at 19:31| Comment(0) | 都筑区