2013年06月29日

横浜市緑区梅田川(午後)

昼食は久しぶりに鴨志田町の「青龍」でとり、いつもの場所で爆睡した後、手塚治虫の伝記をかなり読んだ。手塚治虫は昆虫少年だったが大阪での空襲の惨禍を経験し、戦後、一回限りの命を精一杯生きる昆虫を殺して標本にする気が起きなくなったと書かれてあった。そんな訳で、新治市民の森のカワセミの池にはだいぶ遅くの到着となったが、カワセミはいたものの人見知りが強くてお手上げであったが、なんとなんと帰り途中の梅田川遊水池でカワセミの雄がお待ちかねであった。

zaki-20130629-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミの雄、シジュウカラ、ヒヨドリ、ホトドギス、ツバメ、ガビチョウ等。
posted by 花虫とおる at 19:32| Comment(0) | 緑  区

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

先だって、寺家ふるさと村に現れるキノコ大好きN仙人から、キノコ横丁にアカヤマドリがたくさん出始めたと聞いたので、今日が撮影には丁度良い頃と期待して出かけた。なぜなら、アカヤマドリはとても固いキノコだから成長が遅いと思ったのである。しかし、ポイントへ行って見ると、なんと傘は完全に開いてひび割れがたくさん入り、撮影する気が起きない老菌に近い状態となっていた。昨日のヤマドリタケモドキもそうだが、ここ数日、もの凄い勢いで成長したようである。

zaki-20130629-kitamagotake.jpg
<キタマゴタケ>

そんな訳で意気消沈してしまったが、なんとかキタマゴタケを見つけて撮影した。その他には、これといった絵になるキノコは見当たらないので昆虫横丁へ行った。しかし、時期的なものか天気の具合なのか、先だっての観察会に比べると種数も個体数もあまり観察出来なかった。もっとも観察会は14個の目だから、たくさん見つかって当然なのだが、それにしても今日は少ない。しかし、今季初のエサキモンキツノカメムシを見つけて嬉しくなった。

zaki-20130629-sasakiri-yochyu.jpg
<ササキリの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカンゾウ、タカトウダイ、アキノタムラソウ、ツユクサ、アカツメクサ、ドクダミ等。蝶/アオスジアゲハ、ヒカゲチョウ、オオチャバネセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、マメコガネ、アオカメノコハムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、エサキモンキツノカメムシ、ササキリの幼虫等。キノコ/ウスキテングタケ、キタマゴタケ、ヤマドリタケモドキ、ニッケイタケ等。その他/ナワシロイチゴの実等。


posted by 花虫とおる at 19:29| Comment(0) | 青葉区