2013年07月04日

横浜市港北区新吉田町

今日も朝から風がやや強いので、三保市民の森へ行こうかなと出発したが、途中から小雨がぱらついて来たので、頭上に梢があって少し位の雨なら濡れない新吉田町の昆虫横丁へ戻った。すると雨はほとんど降っていなくて嬉しくなった。散策を開始すると、まずは背の低いヨウシュヤマゴボウが可愛らしい花を咲かせていたのでカメラに納めた。更に、下草の葉上にはタケトラカミキリがたくさんいて、頭上を見上げるとやっぱりモウソウチク林であった。

zaki-20130704-yoshuyamagobo.jpg
<ヨウシュヤマゴボウ>

そんな訳で簡単に短時間でブログアップの写真が得られ、それからは気楽に散策を続けたが、ヨツスジヒメシンクイが相変わらず多かった。その他、クズの葉にはオジロアシナガゾウムシが、クサギの細い小枝にはクサギカメムシの幼虫が、アズマネザサの近くではササキリの幼虫がといった具合で、欲張らなければ他の自然度豊かな場所より昆虫の数は多い。第3京浜都筑インターへ通ずる道だから車の交通量が多いものの、まこと侮れないポイントである。

zaki-20130704-taketorakamikiri.jpg
<タケトラカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカンゾウ、ヨウシュヤマゴボウ、アカバナユウゲショウ、ツユクサ、ドクダミ、ヤブカラシ、コヒルガオ等。蝶/アカボシゴマダラ、キタテハ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ等。昆虫/タケトラカミキリ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、トホシテントウ、マメコガネ、ホシハラビロヘリカメムシ、クサギカメムシの幼虫、ササキリの幼虫、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 15:18| Comment(0) | 港北区