2013年07月10日

横浜市緑区三保市民の森

今日は、夏場の晴天時の定番である木陰散策に三保市民の森へ行った。まずはお馴染みの、ラミーカミキリを見に行ったが、一匹も見られず、そろそろ姿を消す時期となったのかもしれない。旧道の下草の葉上はクロウリハムシが見られる位で、バス通り歩道脇も昆虫はこれといったものは見られなかったが、ニガクサとトキリマメが咲いていた。ニガクサはここ以外ではあまり見た事が無いのでネットで調べると、「里山の湿り気のある林縁や水辺などに生える多年草」とあったので、それ程めずらしい植物ではなさそうである。

zaki-20130710-nigakusa.jpg
<ニガクサ>

今日ももの凄い暑さで、三保平の水飲み場まで行く気が起きないから、自販機にてお茶を買って飲んだが、これが幸いしてか汗がどっと噴き出て来た。「まこと生きている証拠ですね」とほほ笑んだが、谷道に入ってからも、新鮮なヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリ、ムラサキシジミ、マドガ、ウスモンオトシブミ等が見られたものの、絵になる良い場所に止まってないからカメラの中は寂しい限りである。そこで、ハキナガミズアブを撮った。私の持っている図鑑には載っていないが、ネットで調べて種名が分かった。

zaki-20130710-hakinagamizuabu.jpg
<ハキナガミズアブ>

<今日出会った主なもの>花/ニガクサ、イヌゴマ、トキリマメ、ホタルブクロ、アキノタムラソウ、ツユクサ、ハエドクソウ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ、キチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、コチャバネセセリ、ダイミョウセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、トウキョウヒメハンミョウ、ウスモンオトシブミ、ホシハラビロヘリカメムシ、ヤマトフキバッタの幼虫、ササキリの幼虫、ハキナガミズアブ、マドガ等。
posted by 花虫とおる at 20:39| Comment(0) | 緑  区