2013年07月12日

横浜市港北区新吉田町

昨日の(仮称)オオムラサキの丘へのプチ遠征は、高速道路代、ガソリン代、食事代等で約1万円もかかった。そこで、今日は至近距離の新吉田町と昼飯は牛丼一杯だなと自宅を出発した。今の季節、車を日陰ないし木陰に停められて、散策も木陰で下草が繁茂している所となると、そう多くは無い。新吉田町はこの条件を満たしている場所があるから嬉しくなる。農家の庭先にはヒマワリが咲いていて、まだ、セミの鳴き声こそしないものの、まこと日本の夏であった。

zaki-20130712-keyakinagatamamushi.jpg
<ケヤキナガタマムシ>

散策を開始すると花では早くもクコとヒヨドリジョウゴが出迎えてくれ、蝶では羽化したてのイチモンジセセリとチャバネセセリが見られた。まだ7月の初旬なのだが、秋はもうひそかな準備を始めているようだ。今日の第3京浜都筑ICへ通ずる昆虫横丁では、第2化なのかジンガサハムシがたくさん見られ、前回いたタケトラカミキリは一匹だに見られなかった。その他、絶対的な個体数こそ少ないものの、セマダラコガネ、トウキョウヒメハンミョウ等の夏の虫も元気だった。

zaki-20130712-kirigirisu-yochu.jpg
<キリギリスの仲間の幼虫>

<今日出会った主なもの>花/クコ、ヒヨドリジョウゴ、アカバナユウゲショウ、ツユクサ、ヤブカラシ、コヒルガオ等。蝶/アゲハ、モンシロチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ、チャバネセセリ等。昆虫/トウキョウヒメハンミョウ、ジンガサハムシ、サンゴジュハムシ、ケヤキナガタマムシ、コフキゾウムシ、カシルリオトシブミ、マメコガネ、セマダラコガネ、ササキリの幼虫、ベッコウハゴロモ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 20:59| Comment(0) | 港北区