2013年07月27日

山梨県北杜市白州町中山峠

今日は待ちに待った臨時の道端自然観察会の日である。自宅近辺のフィールドは暑いから、お仲間と散策する気にはなれないし熱中症が心配である。そこで山梨県北杜市白州町の中山峠に舞台を設定したが、こんな遠い名も無い場所に参加する方はあるまいと思っていたら、なんと2名の方が集まってほっとした。集合場所の道の駅「はくしゅう」から車で5分とかからないポイントへ到着すると、早くもたくさんのオオムラサキが出迎えてくれた。

zaki-20130727-oomurasaki.jpg
<オオムラサキ>

私は先だって(仮称)オオムラサキの丘で撮影済みであったから余裕綽々だが、参加者の方々は大変な喜びようで激写していた。有り難い事に今年はスズメバチもいなかったし、とても気の良い個体がいて開翅写真を思う存分撮る事が出来、皆さん顔が綻びっぱなしだった事は言うまでも無い。一本のクヌギに最大で8頭も集まったのだから、今年の同所での発生は良い方に入るのではなかろうか。たとえ少なくとも毎年必ず見られるから、やはり自然度がかなり高い。

zaki-20130727-janomecho.jpg
<ジャノメチョウ>

今日の目的の一つであるホソミオツネントンボは、なんとなんとたったの一匹しか見られず、昨年佃煮のように大発生していたのが嘘のようであった。そこでタマアジサイにいる美麗なシラホシカミキリを探しに行ったが、こちらは一匹だが良い場所にいて撮影出来た。同ポイントには自然のキキョウが見られるのだが、今年は咲く時期が遅れているようで、まだ蕾であった。また、田んぼ沿いの雑木林の裾の小道には、雄大なオニヤンマがたくさんパトロールをしていた。

zaki-20130727-kokuwagata.jpg
<コクワガタの雄>

昼食は道の駅「はくしゅう」のレストランの予定でいたが、朝の込み具合からして注文してもなかなかす来ないだろうと、近くのコンビニへ行って弁当を買い、オオムラサキが見える場所で食べた。まことに贅沢な事である。午後の散策では、期待したが叶えられないと思っていたスミナガシが樹液酒場に来ていて喜色満面となった。まこと今回の観察会は大成功に終わって、お仲間は早めに今晩の宿へ帰って行った。

zaki-20130727-aokanabun.jpg
<アオカナブン>

<今日出会った主なもの>花/イヌゴマ、カワラナデシコ、チダケサシ、ダイコンソウ、ユウスゲ、ヤブカンゾウ、ハエドクソウ、ビロードモウズイカ、ヘクソカズラ等。蝶/クロアゲハ、オオムラサキ、スミナガシ、オオミスジ、コミスジ、クロヒカゲ、ジャノメチョウ、トラフシジミ等。昆虫/ノコギリクワガタ、コクワガタ、ヨツスジオオキスイ、カブトムシ、カナブン、アオカナブン、マメコガネ、ルリボシカミキリ、シラホシカミキリ、アカハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、ヤツメカミキリ、ゴマフカミキリ、ヒグラシ、アブラゼミ、ブチヒゲカメムシ、ナガメ、オニヤンマ、マユタテアカネ、ホソミオツネントンボ、オニベニシタバ、コシロシタバ等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 山梨県