2013年08月07日

横浜市緑区横浜動物の森公園

いゃー、本格的な夏がやって来ました。週間天気予報にはお日様マークがずらりと並んでいる。こんな季節に散策するなんて自殺行為なのだが、自宅に居てもやる事は無いし、冷房代がかさむばかり。そんな訳で午後の散策はもってのほか、午前中短時間の木陰散策のみの季節となった。もっと12日から嬬恋村に10日間出かけるので、それまでの辛抱である。そこで、またしても樹液酒場が気になって横浜動物の森公園へ行ったが、駐車は遠回りになるのだが木陰に停めた。

zaki-20130807-gomadaracho.jpg
<ゴマダラチョウ>

梅田川沿いに三保念珠坂公園下を通って登って行ったが、途中、ハグロトンボが各所に飛び、花ではテイカカズラが咲いていた。ほんの少しバス通りを横切る時のみ日向を通るが、それ以外は木陰だから意外と楽で、湿度も低くなって風が少々吹いていたので助かった。まずは昆虫横丁へ寄ったが、大型で美麗なセアカツノカメムシがいて嬉しくなった。また、ススキの葉にはクロコノマチョウの幼虫が見られた。

zaki-20130807-higurashi.jpg
<ヒグラシ>

その後、掘立小屋広場上の雑木林に入ったが、ヌルデにマダラアシゾウムシが見られ、ヒグラシが驚いて飛び立った。樹液酒場に辿り着くと、背景が良い場所にカブトムシの雄が陣取っていた。そこでカメラに納めてから場所を空けて貰って、一回りして帰って来ると、ゴマダラチョウが2頭、アカボシゴマダラが1頭飛来していた。ゴマダラチョウもアカボシゴマダラもやや羽が破損して来たので、樹液酒場でのこれからの蝶の撮影は、ルリタテハやサトキマダラヒカゲ等が中心となるだろう。

zaki-20130807-seakatsunokamemushi.jpg
<セアカツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/クサギ、ダイコンソウ、ヌスビトハギ、ハエドクソウ、ヘクソカズラ、ヤブガラシ、テイカカズラ等。蝶/アゲハ、アカボシゴマダラ、ゴマダラチョウ、ルリタテハ、コミスジ、クロコノマチョウの幼虫等。昆虫/カブトムシ、カナブン、ヨツボシオオキスイ、マダラアシゾウムシ、オオシオカラトンボ、ハグロトンボ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、セアカツノカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ等。

posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 緑  区