2013年08月08日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日も昨日に続いての猛暑。車を日陰に停められて木陰を散策出来る所となると、そう多くはない。そんな訳で、その条件を満たす所として寺家ふるさと村が頭に浮かんだので、久しぶりに行ってみた。午前10時少し前に四季の家の駐車場に到着したが、こんなに暑いと散策する人も少ないから車はわずか5台で、ほとんどが木陰に停まっていたので眉をしかめたが、それでもなんとか日陰に停める事が出来てほっとした。

zaki-20130808-aburazemi.jpg
<アブラゼミ>

まずは貧果が予想されるので鴨志田公園にてセミでも撮ろうと行って見ると、ムラサキツバメが出迎えてくれたが良い場所には止まらず、開翅もしないから撮影は諦めた。ここには食樹のマテバシイが植栽されていてムラサキツバメが多産するのだが、早朝会の方が大きなネットを振り回すので心配である。期待したセミはアブラゼミがほとんどでがっかりしたが、エゴノキの実に、エゴヒゲナガゾウムシがかなりいて嬉しくなった。

zaki-20130808-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

その後、尾根を越えて昆虫横丁へ行ったが、途中、樹液にカブトムシの雄、カナブン、ルリタテハが見られた。むじな池へ降りて来るとススキの葉にアカハネナガウンカはいないかと探したが全く見られず、やはり昆虫横丁だなと期待したが、エサキモンキツノカメムシが発生直後なのか3匹見られたものの、ササキリの幼虫がいたくらいであった。しかも田んぼ脇だから木陰にも関わらず湿度が高く、我慢出来ずの早上がりとなった。

zaki-20130808-egohigenagazomushi.jpg
<エゴヒゲナガゾウムシの雌>

<今日出会った主なもの>花/ヤマユリ、コバノカモメヅル、ミズタマソウ、ツユクサ、アキノタムラソウ、ヤマホトトギス、ユウガギク、ダイコンソウ、ヌスビトハギ、ヤブガラシ等。蝶/アカボシゴマダラ、ルリタテハ、ムラサキツバメ、ツバメシジミ等。昆虫/エゴヒゲナガゾウムシ、カブトムシ、カナブン、マメコガネ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、ホシハラビロヘリカメムシ、スケバハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、ヤブキリ、ササキリの幼虫等。その他/ナワシロイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:12| Comment(0) | 青葉区