2013年08月17日

長野県上田市真田町ふれあいの森(午後)

もう何回も記しているが、今年の夏休みは鹿沢高原を除くと高原散策は貧果続きである。おそらく菅平の奥の峰の原高原まで行けば、人も少ないし楽しい散策が出来そうだが、行くのはもう少し先にと予定している。しかし、信州の里山は今季とても面白いので有り難い。群馬県の里山も榛名山麓まで行けばとても楽しいのだが、なにしろ距離がある。そこで今季は信州の里山だけと、昨年とても成果があった真田町のふれあいの森へ今日は行く事にした。

zaki-20130817-shirosujikamikiri.jpg
<シロスジカミキリ>

もちろん、その前に腹ごしらえとばかりに、またしても松屋へ行って350円のカレーライスと100円の生野菜を食べたが、ドレッシングは昨日とは異なるフレンチドレッシングにした。知らない土地で知らない食堂に入って、不本意なものを食べるよりは良いという訳である。ふれあいの森と称する範囲は、いわゆる北斜面の暗い森で面白くはないのだが、それでも少しだけ陽が差し込む遊歩道へは行ってみると、ツノアオカメムシがたくさんいて嬉しくなった。

zaki-20130817-himejanome.jpg
<ヒメジャノメ>

更に声はすれどもなかなか姿を発見出来ないエゾゼミを見つけたのだから、ここへ来て良かったなあと思った事は言うまでもない。その後、信州といえども日向を歩く気が起きないが、ほんのちょっぴり歩いて雑木林に入り、去年、ノコギリクワガタがいたコナラを見て回ると、シロスジカミキリがペアで2組、すなわち合計4匹もいた。また、雑木林の縁にあるクワの大木の幹を見てみると、トラフカミキリが這っていた。以上、ほんの短時間、少エリアの散策であったが、多大な成果が上がってほくそ笑んだ。

zaki-20130817-ezozemi.jpg
<エゾゼミ>


<今日出会った主なもの>蝶/ヒメジャノメ等。昆虫/シロスジカミキリ、トラフカミキリ、エゾゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツノアオカメムシ、ベッコウハゴロモ、ノシメトンボ等。その他/クマヤナギの実等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 長野県

群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢高原(午前)

ここ数日午前中は高原巡りを繰り返して来たが、人出の多い所は静かに散策出来ないばかりでなく蝶の姿も少ない。いわゆる俗化という訳である。そこで、今季の蝶はここしかありませんねと鹿沢高原へまた行った。露出した岩のポイントは午前9時前だと陽が射さない日陰なので、ちょっとした峠を越えたポイントから散策を開始した。前回同様にゼフィルスの仲間の雄がテリトリーを張り、獣糞や焚火の後にはコムラサキが群がっていた。

zaki-20130817-asagimadara.jpg
<アサギマダラ>

1時間ばかりサワヒヨドリに吸蜜しているアサギマダラ等と遊んで裸岩のポイントへ行くと同好者が2人もいて、目の前にはキベリタテハが2頭も吸汁していた。もちろん、お仲間に入れて貰って撮影したが、同好者は「キベリタテハが多いですね」と喜色満面であった。一番多い時は一目で4頭という時もあった。その他はシータテハが多く、エルタテハやクジャクチョウは少な目だったが、それでも写真を撮るには十分の個体数であった。

zaki-20130817-kujakucho.jpg
<クジャクチョウ>

<今日出会った主なもの>花/サワヒヨドリ、ヨツバヒヨドリ、ノアザミ、ノハラアザミ、ビロードモウズイカ、シシウド、ヤナギラン、ヤマハハコ、アレチマツヨイグサ、オトギリソウ等。蝶/アサギマダラ、クジャクチョウ、キベリタテハ、エルタテハ、シータテハ、コムラサキ、クロヒカゲ、ゼフィルスの仲間、オオチャバネセセリ等。昆虫/アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 群馬県