2013年09月01日

横浜市緑区横浜動物の森公園

今日から9月に入ったが猛暑日になると予報されていて、まことうんざりするが、あと少し我慢すれば涼しい日の割合が多くなるだろう。そんな訳で、少し遠回りになるが木陰に車を停めて梅田川沿いを上がって行った。ハグロトンボがせせらぎの石の上に止まっていたが、今一絵にならないので歩みを進めた。バス通りを横切るとカラスノゴマやガガイモが咲いていた。ほとんど人が通らない小道を登って掘立小屋広場上の雑木林へ行ったが、途中、ほとんど昆虫には出会わなかった。やはり猛暑に参っているのだろう。

sansakuki-20130901-akaboshigomadara.jpg
<アカボシゴマダラ>

そこで樹液酒場を見に行くと、アカボシゴマダラとクロカナブンが見られた。クロカナブンはカナブンの中でも発生が遅い種である。また、アカボシゴマダラはこれからもだらだらと発生し続け、この点が近縁のゴマダラチョウとは生態が異なる。ゴマダラチョウは稀に第3化が見られるものの、ほぼ初夏と夏の年2回の発生である。その後、スズメバチの巣がある湿地脇の道へ行ったが、スズメバチが発生していますとの看板がかかり、立ち入り禁止のテープが張られていた。まあ注意して通れば刺されないのではなかろうか。

sansakuki-20130901-natsuakane.jpg
<ナツアカネ>

<今日出会った主なもの>花/カラスノゴマ、ツユクサ、クズ、ヌスビトハギ、アレチヌスビトハギ、オトコエシ、ヨウシュヤマゴボウ、キツネノマゴ、ヘクソカズラ、ガガイモ等。蝶/クロアゲハ、アカボシゴマダラ、ルリタテハ、コミスジ、サトキマダラヒカゲ、キチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロカナブン、クロウリハムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ナツアカネ、ハグロトンボ、オオスズメバチ、コガタスズメバチ等。

posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(0) | 緑  区