2013年09月12日

横浜市緑区北八朔公園

今日は天気予報で分かっちゃいるけど、本当に雲一つない晴天となって眉をしかめた。こんな時は車を日陰に停められて、木陰の昆虫横丁の下草の葉上を虫目で散策するのが定番という訳で、北八朔公園に出かけた。それに昨日寄った東名高速港北PAの「横濱うまいもん亭」での食事後、新メニューとして味噌汁、冷奴、たくあん付の「しらす丼」が550円で加わったのを知ったので、是非とも食べなければならないとも思ったのである。

zaki-20130912-konoshimetonbo.jpg
<コノシメトンボ>

まずは昆虫横丁へ行った事は言うまでも無いが、夏場に比べると太陽光線が斜光になったから、木陰は少し暗くなった。それでも、オジロアシナガゾウムシ、ヨツスジヒメシンクイ、クサギカメムシの幼虫、チャバネアオカメムシの幼虫等がいて、普通種だが綺麗に撮れればそれで良しと丁寧にカメラに納めた。また、エノキの幼木にはアカボシゴマダラの幼虫がたくさんいて、顔を撮りたいなあと頑張ったものの、ご機嫌斜めで非協力的であった。

zaki-20130912-yotsusujihimeshinkui.jpg
<ヨツスジヒメシンクイ>

公園内に降りて行くと、前回立てておいた棒の先にはリスアカネはおらず、かなり遠い所に止まっていた。大池の縁を半周したがアオモンイトトンボが見られ、葦の葉や池の中の枯れた茎にコノシメトンボが止まっていた。コノシメトンボが池にいるのを見たのは初めてだったので驚いた。その後、樹液酒場へ行ったがオオスズメバチが2匹いただけで、カラムシの葉にオオクモヘリカメムシの幼虫とホソヘリカメムシの幼虫がいたので撮影した。

zaki-20130912-ookumoherikamemushi.jpg
<オオクモヘリカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヤブツルアズキ、コバノカモメヅル、キツリフネ、クズ、ママコノシリヌグイ、ヨウシュヤマゴボウ、ヤブガラシ、ヘクソカズラ、ツユクサ等。蝶/アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウ、スジグロシロチョウ、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、オオクモヘリカメムシ、クサギカメムシの幼虫、チャバネアオカメムシの幼虫、ホソヘリカメムシの幼虫、スケバハゴロモ、アオバハゴロモ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コノシメトンボ、リスアカネ、アオモンイトトンボ、ギンヤンマ、ツチイナゴの幼虫、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、オオスズメバチ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:25| Comment(0) | 緑  区