2013年09月15日

横浜市港北区新吉田町

今日は台風18号の外側の雲がかかって一日中雨との予報で、朝食後、なんと3時間も爆睡してしまった。このところ夏の疲れか足裏痛による疲れかは分からないが、身体がかなりだるかったので良い休養となった。再び目覚めて外を見ると、なんと道路が乾いているではないか。そこで昼食後に至近距離で、雨が降ってもすぐ車に戻れる新吉田町へ行った。新吉田町は一個150円以上もする浜ナシの産地だが、台風接近を前にしても梨園は静かなもので、もう収穫は終了したようである。私の子供の頃は、梨というと登戸から稲城にかけての多摩川沿いが有名で、一家揃ってスバル360で梨狩りに出かけたものだが、赤ん坊の頭の様にでかい長十郎という品種が主流であった。

zaki-20130915-hazeran.jpg
<ハゼラン>

散策を開始すると、ジンガサハムシがたくさん見られて驚いた。初夏の虫とのイメージが定着していたが訂正せねばならない。しかし、ハムシの仲間は葉が広がったばかりの初夏が季節としてはふさわしい。その他、クロウリハムシ以外にこれといった昆虫は見られず、いつ雨が降って来てもおかしくないのでクロウリハムシをカメラに納めた。その後、第3京浜都筑インターへ通ずる交通量の多い道路際の歩道を歩いて行ったが、ハゼランが咲いていて嬉しくなった。午前中は花虫撮る、午後は野鳥撮るを繰り返していると、ハゼランのように午後になると咲く花に出会う事がなくなる。そこでああでもないこうでもないとアングルを変えて頑張ったが、なかなか難しい花であった。

zaki-20130915-kurourihamushi.jpg
<クロウリハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ハゼラン、ツルボ、ミズタマソウ、ユウガギク、タカサブロウ、ハキダメギク、クズ、アカバナユウゲショウ等。蝶/キタテハ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ウラギンシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/ジンガサハムシ、クロウリハムシ、ハリカメムシ、オンブバッタ、シロオビノメイガ等。

posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 港北区