2013年09月23日

横浜市緑区梅田川

今日は公園愛護会活動によって自然度がだいぶ減じたが、祝日なので生態園が開園しているから茅ヶ崎公園へ行こうと出発した。しかし、かなり風が強くて、これでは撮影どころではないかもしれないと風が防げる場所のある梅田川に進路を変えた。いつも車を停める場所にはカワセミ撮影の常連さんたちの車が一台も見えない。鳥情報によると県央にセグロサバクビタキが現れたという事なので、皆さんそちらの方に出張しているのだろう。

zaki-20130923-nekohagi.jpg
<ネコハギ>

散策を開始すると、すぐにクサギカメムシとホソヘリカメムシの幼虫を見つけたが、風がやや強いし良い場所に止まっていなかった。次に梅田川遊水池の小道へ行ったが、ああ無常、徹底的な草刈がなされていた。そこで梅田川を遡って三保念珠坂公園下へ行くと、まずはマユタテアカネの雌雄が出迎えてくれた。ここは他所に比べると風が弱くて、行ったり来たりして、蝶では、キチョウ、ツバメシジミ、ヤマトシジミ、キマダラセセリが見られた。

zaki-20130923-mayutateakane.jpg
<マユタテアカネ>

昆虫では、エサキモンキツノカメムシやチャバネアオカメムシの幼虫が見られ、どちらも5齢幼虫を経て成虫になる。それぞれの齢の幼虫は同じ種類なのと疑う程の変化で、まことカメムシは1種類でも何べんも楽しめる。最後に秘密の樹液酒場へ行ったが、完全に干上がっていた。そこでUターンして車に戻る途中、ネコハギが可愛らしく咲いていたので撮影した。時計を見ると早くも正午近くになっていたので、ラブラドール犬の観察は諦めた。

zaki-20130923-chabaneaokamemushi-yochyu.jpg
<チャバネアオカメムシの5齢幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ツルボ、ツユクサ、クズ、ヌスビトハギ、ネコハギ、ヤマハギ、ゲンノショウコ、キツネノマゴ、アカバナユウゲショウ、ヤブマメ等。蝶/キチョウ、ツバメシジミ、ヤマトシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、ウリハムシ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシの幼虫、チャバネアオカメムシの幼虫、マユタテアカネ、オンブバッタチ等。

posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(2) | 緑  区