2013年09月25日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は、本当に久しぶりの待ちに待った道端自然観察会の日である。台風20号の影響で天気が心配されたが、ヤフーの天気予報では散策開始時間から夕方までは曇りとあるので、それを信じて決行した。しかし、散策開始時間の午前10時になっても雨は止まない。そこで仕方無しに、近くのガストへ行ってお話会になった。もう10年近くも観察会を続けているが、散策が楽しいからじゅっくり話しをしあう事も無かったから、まあ良いかもとも思った。そんな訳で、飲み放題のドリンクバーで雨が止むのを待ったが、結局、昼食もとる事となってしまった。

zaki-20130925-yabumame.jpg
<ヤブマメ>

その後、寺家ふるさと村へ戻ったら、ぱらぱら降る程度となったので、昆虫横丁等の梢が被さっている所なら撮影も出来ると散策を開始した。花では、ヒガンバナ、オオミゾソバ、シロバナサクラタデ、ツリフネソウ等が出迎えてくれ、タイアザミにはメスグロヒョウモンの雄が吸蜜にやって来ていた。また、田んぼに挿された竹の棒等には、ナツアカネ、アキアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネと4種類の赤トンボもいて、雨がぱらついても気温が比較的高かったのが幸いしたようである。また、キノコではシロオニタケがたくさん見られ、途中で出会ったNさんによると、尾根にはタマゴタケが爆生していたとの事であった。

zaki-20130925-nihonkaburahabachi.jpg
<ニホンカブラハバチ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、オオミゾソバ、シロバナサクラタデ、ツリフネソウ、ツルボ、ツユクサ、ユウガギク、タイアザミ、ミズタマソウ、クズ、ナンバンギセル、アレチヌスビトハギ、ヤマハギ、ヤブマメ、ノササゲ等。蝶/メスグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、ヒメジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、マメコガネ、クロウリハムシ、キバラヘリカメムシ、チャバネアオカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ナツアカネ、アキアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、オンブバッタチ、コバネイナゴ、コカマキリ、ニホンカブラハパチ等。キノコ/シロオニタケ等。
posted by 花虫とおる at 19:04| Comment(0) | 青葉区