2013年10月12日

横浜市緑区新治市民の森

昨日は病院をはしごして散策は出来なかったが、かなり風が強かったから、写真撮影は無理であっただろう。最初の病院は名が知れた大病院だが、レントゲン、MRIでも異常無しで、まだ処方されていなかったトラムセットという鎮痛剤を約2か月服用したが、足裏痛は良くならなかった。しかし、指導された足裏ストレッチとネットで紹介されていた足首回し等をした後は痛みがやや楽になった。そんなこんなで「病名は足底筋膜炎で、これ以上の治療方法が無いから通院不要、足裏ストレッチを頑張って下さい」という事となった。まったく、症状が回復していないのに医者から来なくて良いと言われたのは初めてである。まあ、命にかかわる病気では無いから自助努力でという寸法である。

zaki-20131012-nekitonbo.jpg
<ネキトンボ>

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。天気は雲一つない晴れだが気温と湿度が高く、明日になれば気温が低くなると予報されていたので、とても残念に思えた。しかし、長らく夏眠していたメンバーも参加となって、絶好調の天気とは言い難かったが散策を開始した。期待した昆虫は天気のせいもあるのだろうが、やはり少なかったものの、マユミでサメハダヒメゾウムシが観察出来た事と、人懐こいネキトンボがいた事だろうか。花ではコシオガマ、ツクバトリカブト、カシワバハグマ等も見られ、野の花の谷ではまだ一輪だがタチフウロが咲き残っていた。心配された私の足底筋膜炎も8000歩も歩いたが悪くはならず、皆さん元気で無事に終了出来た事が、なによりの収穫であった。

zaki-20131012-gennoshoko.jpg
<ゲンノショウコ>

<今日出会った主なもの>花/カシワバハグマ、コウヤボウキ、ツクバトリカブト、コシオガマ、ヤマハッカ、タチフウロ、ノハラアザミ、ワレモコウ、ツリガネニンジン、タイアザミ、ゲンノショウコ、キンミズヒキ、ミズヒキ、カントウヨメナ、ヤクシソウ、コセンダングサ、アキノノゲシ等。蝶/アカボシゴマダラ、メスグロヒョウモン、ツマグロヒョウモン、キタテハ、ルリタテハ、テングチョウ、クロコノマチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、チャバネセセリ等。昆虫/サメハダヒメゾウムシ、コクワガタ、クロウリハムシ、アブラゼミ、アカスジキンカメムシの幼虫、エサキモンキツノカメムシ、ハリカメムシ、クモヘリカメムシ、アオクサカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、アオバハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、ネキトンボ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、ギンヤンマ、オニヤンマ、オオアオイトトンボ、アシグロツユムシ、ツチイナゴ、オンブバッタ、オオカマキリ、ハラビロカマキリ、キイロスズメバチ、ホソアシナガバチ等。 鳥/カケス、カワセミ、エナガ、モズ、ヒヨドリ等。その他/ガマズミの実、ツリバナの実、ニシキギの実、アオツヅラフジの実、エビヅルの実、ミツバウツギの実、ゴンズイの実、ナガコガネグモ、サツマノミダマシ、ジョロウグモ等。
posted by 花虫とおる at 18:52| Comment(0) | 緑  区