2013年10月31日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、本当に久しぶりに「リンガーハット」へ行って長崎皿うどんを食べた。極細麺なのに何故に「うどん」と名がつくのだろう。同店の長崎ちゃんぽんの方が、よっぽどうどんらしいのになあとほほ笑んだ。その後、田んぼで昼寝を貪ったが、今日は暑い位に気温が上がった。その後、ジョウビタキを見つけに新治市民の森の旭谷戸へ行ったが見られず、鎌立谷戸へも転戦したが見られず、結局、帰りがけに梅田川遊水池でカワセミを撮った。

zaki-20131031-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ハクセキレイ、シジュウカラ、モズ、ガビチョウ、カルガモ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区三保市民の森(午前)

日本一に9年連続で輝き、巨人の黄金時代を築いた川上哲治元監督が亡くなった。その当時、巨人、大鵬、卵焼きともてはやされていたが、卵焼きを除くとあまり好きでは無かった。長嶋茂雄を除いて無敵の存在はなんとなく好きになれず、車もトヨタ自動車だけは避けて来たので、現在の愛車であるスバルがトヨタ陣営に入った時はとても悔しかった。やはり日産グループに入って貰いたかったなあと思うのである。ちょいと前に劉備・関羽・張飛の伝記を読んでいたが、中国の三国志の時代でも強きにつくのが生き残りの良作であったようである。

zaki-20131031-tokirimame-mi.jpg
<トキリマメの実>

そんなヘソ曲がりの性格だからか、散策者が少ない三保市民の森へ久しぶりに行った。いつもの所に車を停めて旧道へ降りて行くと、途中、サワフタギの実が真っ青に色づいて美しかった。近場で見た事がないから、民家の近くだし植栽かもしれない。旧道沿いは日陰だから何も見られず、バス通り歩道際へ行ったら、草刈はなされていたが、トキリマメの実が垂れ下がり、クサギの葉にチャバネアオカメムシがたくさんいた。クサギと言えばクサギカメムシなのだが、カメムシ類にとても好まれる樹木の様である。

zaki-20131031-chabaneaokamemushi.jpg
<チャバネアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/アキノキリンソウ、ヤクシソウ、セイタカアワダチソウ、コセンダングサ、イモカタバミ等。蝶/キチョウ、ムラサキツバメ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/ウリハムシ、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、アオバハゴロモ等。その他/サワフタギの実、トキリマメの実、クサギの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 緑  区