2013年11月06日

横浜市緑区梅田川

晴れていればコセンダングサや熟柿に各種の蝶が見られるのだが、その他の昆虫となると、ほとんど観察出来なくなった。また、野の花も咲き終ってしまったから「花虫とおる」の季節は完全に過ぎ去った。これからは「トリモトール花虫(鳥も撮る花虫)」の季節なんだと苦笑いを浮かべている。しかし、まだ冬鳥の姿は少ないし、木の実・草の実ウォツチングでなんとか誤魔化しているものの、やっぱり「昆虫やーい」と、今日もここしか無いと梅田川周辺へ行った。

zaki-20131106-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

例によって三保念珠坂公園下へ行ったが、午前中は日陰の場所だから夜露が残っていて昆虫の姿は無い。そこで公園内にて手摺昆虫観察を試みたら、エサキモンキツノカメムシの幼虫が這っていた。その後、スモモの丘、満倉谷戸へ行ったが被写体は無く、ラブラドール犬は元気かなと覗いてみたが全く吠えない。あんりゃまあ天国へ行ったのかなと思ったら、小屋から顔を出してこちらを睨んでいる。寒いから花虫さんとは遊んでられないといった風情である。そこで、Uターンしてまたしても三保念珠坂公園下へ行ったら、エサキモンキツノカメムシがたくさん見られた。

zaki-20131106-esakimonkitsunokamemushi-yochyu.jpg
<エサキモンキツノカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヤクシソウ、セイタカアワダチソウ、コセンダングサ、コシロノセンダングサ、アキノノゲシ、マルバルコウソウ、ハキダメギク、ダイコンソウ等。蝶/キタテハ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、キチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/エサキモンキツノカメムシ、ホソヘリカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、オンブバッタ等。その他/カマツカの実、ゴンズイの実、ムラサキシキブの実、ガマズミの実、ヘクソカズラの実、ノブドウの実、アオツヅラフジの実、ヤブミョウガの実等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 緑  区