2013年12月21日

横浜市緑区梅田川

この時期にしては珍しく2日連続で雨が降った。農家にとっては良いお湿りとなった事はもちろんだが、私にとっても、ぼろ雑巾の様に疲れ切った身体を休め、溜りに溜まった用事を片付ける絶好の2日間となった。今日は朝から風も無く青空が広がったが、気温がとても低く湿度も高かった為か、窓ガラスの結露が凄かった。また、外回りの水たまりには氷が張っていた。今季の初氷となる。今日の散策地である梅田川へ行く途中、富士山や丹沢等を一望出来るが、雪を被った山々が美しく連なっていた。平塚市土屋の遠藤原へ行ったら、この世のものとは思えない景観が広がっている事だろう。

zaki-20131221-royagaki.jpg
<ロウヤガキの実>

いつもの場所に車を停めて梅田川沿いの散策を開始したが、2日続きの雨と低温の為に、三保念珠坂公園の手摺には何も這っていなかった。こうなったら、まだ紹介していないクズの葉痕でも撮ろうと探したが、これぞという可愛らしい顔には出会えなかった。そこで、再登場となるのだがイラガの繭を撮った。周りを見渡すと褐色と灰色の色を失った冬景色ばかりだが、なにか彩あるものをと植木屋さんの畑へ行ったら、ぴっかぴかのロウヤガキの実が青空に浮かんでいた。果皮が固いから寒さや乾燥に強いのだろう。その後、いつものコースを歩いたが、とほほの貧果に終わって引き返した。

zaki-20131221-iraga-mayu.jpg
<イラガの繭>

<今日出会った主なもの>花/ホトケノザ、フユシラズ等。昆虫/イラガの繭、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/カワセミ等。その他/ロウヤガキの実、ツルウメモドキの実、ヘクソカズラの実、スイカズラの実、トキリマメの実等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 緑  区