2013年12月22日

横浜市緑区長津田町(仮称)東名の森

猪瀬東京都知事は当然の帰結として辞任に追い込まれたが、超一流会社に定年まで勤めて貰う退職金の額よりはるかに多いのだから当然である。個人的な借用と言い張っているが、便宜を図って貰う為の賄賂性の強い政治献金に違いない。それにしても後任の知事は誰になるのだろう、巷ではオオホシカメムシ似の東国原英夫氏が有力との前評判であるが、これぞという政治家が頭に浮かばないのだから、まこと日本の政界は貧困の極みである。いっそうの事、小泉純一郎元首相あたりがなったら面白くなるだろう。

zaki-20131222-kuzu-yokon.jpg
<クズの葉痕>

今日は何処へ行っても貧果必死だから、ご無沙汰している長津田町の(仮称)東名の森へ行った。散策を開始すると、クリの小枝に緑色に光るウスタビガの空繭を見つけた。しかし、高い所にあるので撮影は諦めた。雑木林の中にはガマズミやシオデの実が見られたがかなり萎びていた。これではノーシャッターかなと思われたので、必死にクズの蔓を引き寄せて可愛い顔の葉痕を撮った。また、植木屋さんの畑でマサキの実もカメラに納めた。褒められた写真ではないものの、なんとかブログアップだけにはこぎつけた。

zaki-20131222-masaki-mi.jpg
<マサキの実>

<今日出会った主なもの>昆虫/クロスジフユエダシャク、ウスタビガの空繭等。鳥/ジョウビタキ等。その他/マサキの実、サルトリイバラの実、ガマズミの実、ヘクソカズラの実、スイカズラの実、シオデの実等。
posted by 花虫とおる at 19:14| Comment(0) | 緑  区