2014年01月31日

横浜市鶴見区三ッ池公園

昨日は天気予報が当たって午後から雨が降って来たから、第10回里山写真クラブ作品展に顔を出したのは正解であった。今日は気温が高く風も無く絶好の散策日和だが、春分の頃の陽気だからちょっと戸惑ってしまう。少なくとも2月一杯は寒くないと季節感が失われ、冬鳥の出がますます悪くなってしまうのではなかろうかと危惧する。今年は鳥見鳥撮りマンにとって、稀にみる最悪の冬となりそうで、こんなにいないと、風景等の他の被写体を追った方が楽しいなあとも感ずる。

zaki-20140131-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

という塩梅だが、変化無しを承知の上で三ッ池公園へ行った。本心はグェグェグェのカモちゃんではなくて小鳥類を撮りたいのだが、ノーシャッターよりはましかなという訳である。今日はぽかぽか陽気だから、下の池の杭の上にカモが多い筈と思ったのだがとても少なく、何故か日陰で眠っているものが多かった。また、杭の上が大好きなハシビロガモは泳いでばかりいた。たかが池のカモだが、行動パターンは月日や天気等の要因が加わって一様ではないようである。

zaki-20140131-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、アオジ、シジュウカラ、ヒヨドリ等。

posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 鶴見区