2014年02月28日

横浜市都筑区東方公園周辺

今日は暖かくなると予報されていたが、朝からかなり気温が高く、午後には4月上旬の陽気となった。しかし、この暖かさは束の間で、明日から天気は崩れて、ことによったら雪が降るかもしれない。我が住む地域は今のところは雨予報だが、関東甲信の山沿いは雪になる可能性が高いという。大雪の被害が依然残る地域はもちろん、やっと雪が溶けた首都圏でも、もう雪は勘弁という方々がほとんどだろう。自然はそんな願いなどお構いなしだから、ただ手を合わせるのみである。

zaki-20140228-asebi.jpg
<アセビ>

という訳で、今日は花散歩だなと東方公園周辺を散策した。車を停めた道の傍らにはアセビの植込みがあって、蕾がだいぶ膨らんでいた。防火緑地に植えられたブンゴウメは、ほんの少しだが花開いていた。農耕地へ下って行くと、畑の傍らに2センチ位に伸びたツクシが顔を出し、オオイヌノフグリやホトケノザの群落が美しかった。更に下って池辺町まで行ったが、農家の庭の紅梅の大木が満開で良い香りに包まれ、本当に明日から冬が戻って来るのだろうかと疑う程の陽気であった。

zaki-20140228-bungo-tsubomi.jpg
<ブンゴウメの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、マンサク、アセビ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、タネツケバナ、ニホンスイセン、イモカタバミ等。
posted by 花虫とおる at 18:27| Comment(0) | 都筑区

2014年02月27日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの森公園

今日は朝から小雨で、久しぶりに自宅蟄居の休養日と布団にUターンしたが、加齢の為か何故かうたた寝程度で終わってしまい欲求不満気味である。若い頃は暇な時には12時間以上もぐっすり眠る事が出来たのに、最近は昼寝と合わせて7時間で御仕舞なのだから寂しい限りである。そこで昼まで洗面台やシステムキッチンの扉の開閉具合を調節したが、一つだけスライド蝶番が壊れていた。業者に頼んだらもの凄く高い料金を取られるので、ホームセンターに買いに出かけた。

zaki-20140227-ruribitaki-osu-2.jpg
<ルリビタキの雄>

もちろん、ついでに昼食をとったが「かつや」の100円割引券の期限が今月一杯なので、仕方なく長津田交差点まで行ってソースかつ丼と豚汁の小を食べ、ビバホームで2個596円のスライド蝶番を買ったら、嬉しい事に雨が止んだ。そこで、またしても都筑区の(仮称)ルリビの森公園へ寄ったら、ソースかつ丼(そうさ勝つぞ!)のお蔭で、ルリビタキの雄が止まって欲しい枝に来てくれて嬉しくなった。しかし、またすぐに雨がぱらついて来たので、自宅に戻りスライド蝶番を取り付けた。

zaki-20140227-ruribitaki-osu-1.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ等。
posted by 花虫とおる at 19:08| Comment(0) | 都筑区

2014年02月26日

横浜市戸塚区舞岡公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。野鳥を除くと道端自然観察に不適な冬だが、11月の泉の森公園、12月の東高根森林公園、1月の茅ヶ崎公園までは何とかなったが、2月は手摺昆虫観察や落ち葉捲り昆虫観察も芳しくなく、しかも寒い事もあって散策場所選定に苦労する。そこで成果は左程期待しないものの、参加者が集まり易い舞岡公園へ久しぶりに行った。有り難い事に今日は暖かい日となって、楽しいお仲間との楽しい語らい散策となった。

zaki-20140226-akabanamansaku.jpg
<アカバナマンサク>

今日は鳥撮隊とその他撮隊の2班に分かれて行動したが、鳥は大雪の影響もあってかヤマシギやアリスイは見られなかったものの、タシギが3羽もいてアオゲラも大サービスとの事で、2度目参加の若者君も満足の様であった。その他撮隊には強力な助っ人チャリ好き2名が参加されて、オカモトトゲエダシャクを見つけてくれた。ほとんどの方が初見の昆虫なので盛り上がった。また、小さな2種類のゾウムシに、何故かご婦人が1オクターブ高い声で夢中になっていた。

zaki-20140226-sawagurumi-yokon.jpg
<サワグルミの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/オニシバリ、フクジュソウ、ウメ、マンサク、アカバナマンサク、オオイヌノフグリ、ホトケノザ等。蝶/アカボシゴマダラの幼虫等。昆虫/オカモトトゲエダシャク、キイロテントウ、ナナホシテントウ、エサキモンキツノカメムシ等。鳥/タシギ、アオゲラ、アオジ、モズ、ツグミ等。その他/ヤモリ等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 戸塚区

2014年02月25日

横浜市緑区梅田川

今日は天気予報通り、朝から暖かい穏やかな陽気となった。二度の大雪から足裏痛がややぶり返し、体調がかなり悪いので有り難い。春は三寒四温、もうすぐ3月なのでほっとするが、冬が足早に去って行くのが寂しくも感ずる。ことに今季は冬鳥の飛来が少なかったから、かなりの欲求不満気味である。しかし、他の月に比べると3月はとても長く、雪が降る事もあるから要注意の月とも言えよう。有り難い事に花粉症ではなさそうなのだが、突如発症する方もいるというから心配だ。

zaki-20140225-ume.jpg
<紅梅>

今日みたいな陽気はやはり花散策だなと梅田川へ行った。前回も撮影したサンシュユの蕾は更に割れて、今週末には咲き出しそうである。新治市民の森に隣接する丘の上の畑に通ずる陽の当たる小道には、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、タネツケバナが咲き、アカタテハ、キタテハ、テングチョウが舞っていて春爛漫の様相を呈していた。また、紅白のウメが咲いていて良い香りが漂って来た。その後、ローソン裏の農家の庭先のアセビを鑑賞して車に戻った。

zaki-20140225-sanshyuyu-tsubomi.jpg
<サンシュユの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、マンサク、シナマンサク、アカバナマンサク、アセビ、ツバキ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、タネツケバナ等。蝶/アカタテハ、キタテハ、テングチョウ等。鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 緑  区

2014年02月24日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの森公園(午後)

昼食は久しぶりにバーミアンで日替わりランチを食べ、至近距離の獅子ヶ谷市民の森へ行って昼寝をし、ヘレン・ケラーの伝記を読んでから鳥撮り機材で散策した。しかし、モズとシジュウカラが見られた位で、期待出来ないなあと都筑区の(仮称)ルリビの森公園へ転戦した。すると有り難い事にルリビタキの雄が現れたので、背景の良い横枝に止まってくれないかなあと期待して待った。すると、そんな思いが通じたのか、すぐにやって来て様々なポーズをとってくれた。

zaki-20140224-ruribitaki-osu-1.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 都筑区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

明日からしばらくの間はかなり暖かくなるとの事だが、今朝は曇っていてやや北風が強い。こんな日に三ッ池公園を散策してもと思われたが、マクロレンズを装着した一眼レフではなお被写体不足に泣くだろうと、久しぶりに行ってみた。下の池の杭の上にはキンクロハジロが数羽上っていたが眠っていて、水面の色も大雪が溶けたからか寒々とした鉛色であった。しからば何か他にと一周したが、前回は一匹だに見られなかったホシハジロの雄が帰っていたので撮影した。

zaki-20140224-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロ>

<今日出会った主なもの>鳥/カルガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、カシラダカ、ハクセキレイ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 19:21| Comment(0) | 鶴見区

2014年02月23日

横浜市青葉区元石川町

やっと自宅周辺の道路の雪は溶けたが、それにしても記録的な大雪であった。我が家も庇から落下した雪で自転車置き場の屋根のアクリル板が1枚破損したが、ブドウの産地である山梨県甲州市では、ビニールハウスの8割が倒壊する大災害となった。山梨県と同じ1メートル以上の雪が首都圏を襲ったら、どうなるだろうと想像すると恐ろしくなる。近頃の天候はいわゆる異常気象で、何が起こっても不思議では無い。鶴見川の氾濫以外は安全パイと思っていたが、今後どうなる事やらと考えると背筋が寒くなる。

zaki-20140223-obai.jpg
<オウバイ>

昨日から車中昼寝付の近場中心の道端自然観察を再開したが、大雪前よりも被写体不足が深刻化し、また電車で何処かへ行くかなあと苦笑する。今日も目的のオウバイはかなり咲いていて気に入った写真は撮れたが、紅梅を撮ろうとあちこち探したが、すでに被写体としての新鮮な時期は過ぎていて、更に大雪でかなり痛めつけられた様に感じられた。そんな訳で、もう1枚も花のつもりであったが、農家の畑に植栽されていたので間違いなくカシグルミであろう葉痕をカメラに納めて、ラーメン屋の「八戒」に駆け込んだ。

zaki-20140223-kashigurumi-yokon.jpg
<カシグルミの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ロウバイ、カンツバキ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 青葉区

2014年02月22日

横浜市港北区新吉田町

大雪の為に電車でのフィールド行きが続いたが、「色々な所の情報が得られ、懐かしい景色も見られてとっても良い」等とのご好評を頂いたが、やはり重いリュックを担いで、慣れない場所での散策は疲れた。カメラやレンズは軽いのだが、三脚がやはり重い。ある程度の強度のある三脚でないと、ブレ写真ばかりとなるので仕方が無い。それでも、江の島の岩屋海岸はとても面白かったし、470円で1時間眠って行ける(仮称)ルリビの森公園も楽しかった。いずれまた行く事になろう。

zaki-20140222-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

今日は道路の雪が溶けたので、車で至近距離の新吉田町へ行った。陽当たりの良い場所には雪は残っていなかったが、北斜面にはまだたっぷり残っていた。まずは丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、紅白の梅が咲いて、とても美しかった。しかし、なかなか良い枝ぶりのものが見当たらず、満開のシナマンサクをカメラに納めた。お次は路傍の花だとホトケノザやオオイヌノフグリを探したが、これまた今一で、民家の庭先の真っ白になったユキヤナギの蕾を撮って引き返した。

zaki-20140222-nekoyanagi.jpg
<ネコヤナギ>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、オウバイ、ウメ、シナマンサク、ツバキ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ナズナ、フユシラズ、ニホンスイセン等。鳥/アカハラ等。
posted by 花虫とおる at 19:15| Comment(0) | 港北区

2014年02月21日

東京都台東区不忍池(午後)

昼食は、またしても上野のガード下の立ち喰い蕎麦「つるや」にて、590円のかき揚げ丼そばセットを食べた。その後、皇居の象徴たる二重橋を撮ったのだから、上野公園では西郷さんを撮らねばと階段を上って行くと、真冬なのに浴衣姿の西郷さんが犬を連れて散歩していた。犬は何犬なのかとじゅっくり観察したが、耳は立っていたが尾が巻き上がっていないので柴犬や秋田犬では無く、日本犬の雑種の様である。なんだか西郷さんの偉大さがますます感じられた。

zaki-20140221-saigotakamori.jpg
<西郷隆盛像>

清水観音堂脇の階段を下って不忍池に降りて行くと、相変わらずカモよりカモメの仲間が多い。その昔は売店でカモの餌を売っていたのだが、野鳥保護と水質保全という建前からエサやり禁止の立札があちこち見られる。どんな内容なのかと読んでみたが、もっともらしい事柄が列挙されているものの、どれもこれも実証されたものでは無いように思われる。傑作なのは肥満して動作が鈍くなり、人馴れしてしまうから猫に襲われてしまう等と書かれていた。

zaki-20140221-segurokamome.jpg
<セグロカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ゴイサギ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、バン、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 東京都

東京都千代田区皇居御堀(午前)

ソチオリンピックはそろそろ終盤である。NHK等のマスコミが開催前に追いかけた浅田真央選手、高梨沙羅選手、上村愛子選手、高橋大輔選手等はメダルが取れず、ほとんど注目されなかった無名の選手が大活躍でメダルを手にした。マスコミが追い回したら練習に熱中出来ないだろうし、むろん精神的にも落ち着かず、更に本番では相当のプレッシャーとなる筈である。ほっといてあげれば良かったのになあと感ずるのは、私一人ではあるまい。

zaki-20140221-nijyubashi.jpg
<二重橋>

今日は雪も融けて来たので三ッ池公園でもと思ったが、通院の日でもあるし、三ッ池公園ではキンクロハジロのキンちゃん位しか撮れないだろうと、午前中は皇居のお堀に行った。その前にほんの少し日比谷公園を覗いて見たが、本格的な機材でカワセミを狙っているカメラマンがいて苦笑した。お堀の水鳥は前回よりかなり少なく、空は真っ青だったので二重橋をカメラに納めた。また、コブハクチョウが滑るように泳いでいたので、お堀にはハクチョウが似合うと撮影した。

zaki-20140221-kobuhakucho.jpg
<コブハクチョウ>

<今日出会った主なもの>鳥/コブハクチョウ、セグロカモメ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 19:09| Comment(0) | 東京都

2014年02月20日

東京都練馬区(仮称)ルリビの森公園

週間天気予報から雪だるまのマークが消えてほっとした。このまま雪が降る事無しに、本格的な春になって欲しい。もう大雪は懲り懲りである。今日はやっと北風が収まり穏やかな天気となったが、車で近くのフィールドへ行く気が起きないので、片道470円で一時間程眠って行ける(仮称)ルリビの森公園へ行った。最寄駅で降りると少々時間が早いが、吉野家で580円の「牛すき鍋膳」を食べた。牛丼には飽き飽きしていたが、新メニューはなかなかいける。

zaki-20140220-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

公園に到着すると、埼玉県に近いからか雪が溶けずにだいぶ残っていた。また、雪による倒木や落枝があちこちに山の様に積んであった。前回より今回の雪の方が被害が大きいようである。しかし、ルリビタキのポイントは地元の鳥撮りマンによって綺麗に除雪されていて、心配したルリビタキの雄も元気であった。相変わらず出ずっぱりであったが、なかなか良い所には止まってくれずに苦労した。しかし、常連さんが帰ると思った枝に止まってくれたが、なにせ光が足らなかった。

zaki-20140220-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、シジュウカラ、エナガ、シロハラ、アオジ、メジロ、ウグイス、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:28| Comment(0) | 東京都

2014年02月19日

東京都練馬区石神井公園

今日も朝から風があって寒い。すでに口癖の様になってしまったが、寒いんだから仕方が無い。この為、雪はなかなか溶けず、氷室の中にいるような日々が続いている。一般道路は車は走れるようになったが、田畑や雑木林周辺には雪がまだだいぶ残っているようである。別名トリモトール(鳥も撮る)花虫だから、鳥ばかり撮っていると飽きが来る。しかし、マクロレンズを装着して散策出来る状況では無いので、またしても電車にて練馬区の石神井公園へ行った。東急東横線が副都心線経由で西武池袋線に乗り入れしているので、眠っていれば約1時間で石神井公園駅に着くのだから有り難い。

zaki-20140219-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

石神井公園には通称ボート池と呼ばれる石神井池と水辺観察園のある自然豊かな三宝寺池があり、井之頭公園の井の頭池、善福寺公園の善福寺池と並んで、武蔵野三大湧水池として知られている。今日は海辺でなくとも大きな池がある公園なら雪が溶けている筈と予想したのだが、とんでもない間違いで、北斜面にはかなり雪が残っていて寒かった。目的の野鳥もカワセミやワカケホンセイインコは見られたものの絵になる所には止まらず、カモ類もかなり少なかった。また、ゴイサギはたくさんいたが眠りこけているからお手上げで、今日はまこと貧果に泣いた寒さが身に染みる散策となった。

zaki-20140219-ban.jpg
<バン>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ゴイサギ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、マガモ、コガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、カルガモ、バン、オオバン、ワカケホンセイインコ、カワセミ、アオジ、ツグミ、ムクドリ、カワウ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:06| Comment(0) | 東京都

2014年02月18日

横浜市中区三溪園

今日は朝から曇っていて風もやや有りかなり寒い。晴天で風が無ければ良いのだが、雪が溶け切っていないから、冷蔵庫の中にいるようなものである。久しぶりに外回りの掃除をしていたら鼻水が垂れて来た。連日の慣れない電車通勤で、やや体調が下降気味のようある。そこで今日は止めようかなと思ったが、することも無いので1時間ほど布団にUターンしてから、ほぼ10年ぶりに三溪園へ行った。自宅からは色々なルートがあるが、時間はかかるが横浜駅東口からの市営バス利用が一番安かった。

zaki-20140218-sankeien.jpg
<三重塔>

三溪園は同園のHPによると、生糸貿易により財を成した実業家「原三溪」によって、横浜の本牧に広がる広大な土地に1902年(明治35年)頃から造成が始められ、1906年(明治39年)から公開された。園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置され、1953年(昭和28年)に横浜市に寄贈された。園内を一回りしてみれば分かるが、とてつもないお金持ちだった事が分かる。その中でも丘の上に立つ三重塔はシンボル的存在で、今日は曇りで午後だから逆光気味となり、良い写真は得られなかった。

zaki-20140218-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

目的の野鳥だが期待したカワセミは見られず、大池にはキンクロハジロ、マガモ、カルガモが見られる位であった。そこで、いったん南門から本牧市民公園へ出ると上海横浜友好園の池に、オナガガモ、コガモ、オオバン等が見られ、芝生ではツグミが餌を漁っていた。その後、入園券を南門で見せて再び三溪園内に戻った。各所の梅は見頃となっていたが、大雪の為にクロマツとともにかなり枝が折れていて、公園の方々や植木屋さんが後片付けに精を出していた。

zaki-20140218-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、マガモ、コガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、カルガモ、オオバン、カシラダカ、ホオジロ、ツグミ、ムクドリ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 市  内

2014年02月17日

横浜市金沢区野島公園

去年の冬は懐かしの京浜急行のCMソング「京浜急行、ママすてき、パパごきげん。 行こう、行こう、海へ。赤い電車に白い帯。京浜、京浜、京浜急行」を口ずさみながら神武寺駅から鷹取山へ登ったが、今日は同CMソングを口ずさみながら、金沢八景駅から平潟湾沿いに進んで夕照橋を渡って野島公園まで往復した。昨日行った江の島同様に何十年ぶりかの平潟湾である。平潟湾には遊漁船がたくさん並んで浮かび、船宿にはワカメが干してあり、海苔やメカブが売られていた。

zaki-20140217-hakeijima.jpg
<八景島シーパラダイス>

金沢八景の地名は、安藤広重の浮世絵にも描かれている様に古くから風光明媚な所として知られ、八つの景勝地があった事にちなんでいるらしい。野島公園には伊藤博文の別邸が残っていて、同邸の「晴嵐の間」において、毎月第2土曜日・日曜日にお抹茶とお菓子のセットを500円にて販売しているとあった。お抹茶とお菓子を味わいながら海風に吹かれ、海岸に出るとノリヒビが立ち、対岸に八景島シーパラダイスが遠望出来る。今日は海に海女君が潜って何かを採っていた。

zaki-20140217-aosagi.jpg
<アオサギ>

目的の野鳥だが、ちょうど大潮の干潮時に歩き始めたので、夕照橋手前にアオサギが餌を漁っていた。その他、ユリカモメ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、カイツブリが浮かんでいて、遊漁船を繋ぐ太い鉄柱の天辺には、セグロカモメやカワウが羽を休めていた。野島公園はかなり広い公園で、展望台のある頂上には行かなかったが、バーベキュー広場の芝地にはツグミやヒバリがたくさん見られた。久しぶりの金沢八景だったが、この近くに住んでいたら潮干狩りや釣りが出来て最高だなと思った事は言うまでも無い。

zaki-20140217-hidorigamo.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/セグロカモメ、ユリカモメ、アオサギ、コサギ、ヒドリガモ、オナガガモ、カルガモ、カイツブリ、オオバン、ツグミ、ヒバリ、ムクドリ、ハクセキレイ、トビ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 19:07| Comment(0) | 市  内

2014年02月16日

神奈川県藤沢市江の島

先週末に引き続いて一昨日も大雪が降った。120年前に気象庁が積雪量の観測を始めたらしいが、各地で最高記録となった。特に甲府市では、なんと114cmとの事で、大人のベルト位置あたりまでの深さなのだから驚く。この為、高速道路では大渋滞が起こって、一昼夜も車の中に閉じ込められたというのだから大変だ。こんな大雪の話だけでは滅入るばかりだが、ソチオリンピックでは男子フィギアスケートで羽生選手が金メダル、男子ジャンプでは葛西選手が銀メダルを獲得し、明るいニュースで盛り上がった。

zaki-20140216-fujisan.jpg
<富士山>

そんな訳で、ノーマルタイヤの車では雪がかなり残っていて走れないし、行けたとしても被写体は何も無いだろう。そこで、またしても電車でフィールドへの通勤の日々がしばらく続くが、水曜木曜がまた雪の様なので、車を動かす日はなかなか訪れないに違いない。今日は海ならば雪が溶けているだろうと、本当に何十年ぶりに江の島へ行った。その昔は良く釣りに出かけて、クロダイやイシモチやアジを釣った懐かしい場所である。江の島大橋からは富士山が真っ白で、丹沢や箱根の山並みも銀色に輝いていた。

zaki-20140216-umineko.jpg
<ウミネコ>

まずはヨットハーバーの防波堤付根から磯へ降りたが、イソヒヨドリの雄が2羽もいて遊んでくれた。しかし、上げ潮なのか磯が波に洗われるようになったので、土産物店が並ぶ参道を登って岩屋海岸へ行った。江の島大橋では風がかなり強かったが、岩屋下の海岸は風が遮られてまったく無く、ウミネコやイソヒヨドリが現れて嬉しくなった。大島を遠望すると三原山にも雪が積もっていた。今日は藤沢駅で下車して松屋へ寄ったが、やはり江の島は割高でも、太平洋を見下ろす店で昼食だなと苦笑いを浮かべた。

zaki-20140216-isohiyodori.jpg
<イソヒヨドリの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/イソヒヨドリ、ムクドリ、ハクセキレイ、スズメ、ウミネコ、トビ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 19:35| Comment(0) | 県  内

2014年02月13日

横浜市緑区梅田川

天気予報では午前中は晴れるとあったが、朝からどんよりとしていて寒い。そんな訳で散策する気分はかなり減退したが、明日は雪だと報じられていたので「行くしかありませんね」と梅田川周辺を散策する事にした。いつも路駐する場所には雪はまったく無かったが、畑や雑木林にはまだ残っていた。まずは前回撮影したウグイスカグラを見に行ったが、雪で花が落ちたのか、寒いから追加の花が咲かないのか、ちらりほらりで寂しかった。

zaki-20140213-sanshyuyu-tsubomi.jpg
<サンシュユの蕾>

次に、植木屋さんの畑のサンシュユを見に行ったが、蕾はかなり割れていて、中の黄色い花が見えたものの、この寒さだから開花には時間がかかりそうである。そこで雑木林の南斜面の裾の農家の庭先を見に行ったら、シナマンサクはもちんアカバナマンサクも満開であった。また、アセビの蕾は前回よりかなり膨らんでいた。その他はこれといったものは見当たらず、周りに雪が残る曇り日だから寒さが身に染みて、早上がりして車に戻った。

zaki-20140213-benibanamansaku.jpg
<アカバナマンサク>

<今日出会った主なもの>花/ウクイスカグラ、ウメ、ソシンロウバイ、マンサク、シナマンサク、アカバナマンサク、アセビ、ツバキ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。
posted by 花虫とおる at 18:50| Comment(0) | 緑  区

2014年02月12日

東京都練馬区(仮称)ルリビの森公園

昨日は時折雪が舞って本当に寒かったが、今朝も曇っていて風もややある。1月末は暖かくて冬は終わりかなと思ったが、ここに来て寒波襲来との様相を呈している。そんな訳で雪もまだ残っているし、近場では行く所が思い浮かばない。今日は午後からは陽が射して気温がいくらか上がるようだから、雪もだいぶ溶けるだろう。近場散策は明日からだと、片道470円で寝ていれば最寄駅に到着出来る東京都の(仮称)ルリビの森公園へ行った。

zaki-20140212-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

各駅停車でのんびり行った事もあって、11時ちょい過ぎに到着した。そこで、冷えたコンビニ弁当を買って公園で食べる気が起きなかったので、吉野家へ寄って早飯を食べた。そこからポイントまで徒歩10分だから嬉しくなる。久しぶりの(仮称)ルリビの森公園だから何が飛来しているかは分からなかったが、有り難い事にその名の通りにルリビタキの雄がお待ちかねであった。常連さん達も親切で、気持ち良く午後3時半までルリ君と遊べた。

zaki-20140212-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、シジュウカラ、エナガ、シロハラ、アオジ、ウグイス、ヒヨドリ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 東京都

2014年02月11日

東京都台東区不忍池(午後)

雪がぱらついて来たお堀を後にして、超現代的な東京駅から上野駅に降り立つと、生活の党の代表である岩手県出身の小沢一郎ではなく井沢八郎の歌「ああ上野駅」の「どこかに故郷の香をのせて、入る列車のなつかしさ、上野は俺らの心の駅だ。くじけちゃならない人生が、あの日ここから始まった」の歌詞が思い浮かんだ。新治市民の森に毎週やって来るWさんは福島県大玉村の出で、この曲が大好きだという。上野はいつまでも田舎っぽい、ごみごみとした街であって欲しい。そんな訳で昼飯は駅前ガード下の立ち喰い蕎麦「つるや」にて、590円のかき揚げ丼そばセットを食べた。

zaki-20140211-segurokamome.jpg
<セグロカモメ>

不忍池へ降りて行くと、前回と異なってカモメの仲間が多い。良く見ると身体が大きく貫録十分で嘴先端の下部が赤いセグロカモメ、やや小振りだが嘴の先端が赤と黒で顔を上げ気味にミャーミャーと鳴くウミネコ、そして一番個体数が多いお馴染みのユリカモメである。カモの仲間はキンクロハジロが一番多かったが、ハシビロガモやヒドリガモやオナガガモも見られた。また、バンが陸に上がって歩いていたり、カワセミが鳴いて飛来した。今日もケーキ屑をスズメに与える地元の方が現れて、たくさんのスズメはもちろんヒヨドリ等が集まっていた。

zaki-20140211-suzume.jpg
<スズメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、バン、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、カワセミ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 東京都

東京都千代田区皇居御堀(午前)

朝起きて外を見ると、どんよりと曇っていて風もあり寒い。雪はやや溶けたので車の運転は出来そうだが、雑木林の小道や丘の上の畑等には雪がまだたくさん残っているだろう。そんな訳で布団にUターンかなと考えたが、加齢によって睡眠時間が少なくて済むようになり、また、昼飯は何処かに食べに行かなければならないからと、電車に乗って皇居のお堀へ行った。日比谷駅で降りて地上に上がると、祝日だからジョギングする方々がたくさんいた。

zaki-20140211-yoshigamo-osu.jpg
<ヨシガモの雄>

桜田門までのお堀はキンクロハジロやカイツブリがいる位で、日比谷公園へ行って冬芽葉痕でも撮ろうかなと思ったものの、何かいるかもしれないと二重橋まで行って見た。最近亡くなった島倉千代子の「東京だよおっ母さん」の歌詞の中に「おっ母さん、ここが ここが、二重橋。記念の写真を撮りましょうね」とあるが、日本人はもちろん、中国やヨーロッパの観光客が二重橋をバックに写真を撮っていた。二重橋下のお堀にはヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、オオバン等がいて、観光客の邪魔にならないように粘って撮影した。

zaki-20140211-okayoshigamo-osu.jpg
<オカヨシガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/コブハクチョウ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、オオバン、ユリカモメ、カワウ等。


posted by 花虫とおる at 18:38| Comment(0) | 東京都

2014年02月10日

横浜市中区山下公園

一昨日は一日中雪で各地で記録的な大雪となり、東京都心では45年ぶりの27cmの積雪となった。この為、昨日は自宅周りの雪掻きで大変であった。注目の東京都知事選挙は、本命の舛添ちゃんが大差で当選し、安倍ちゃんを苛められなくなったのはまこと残念である。そんな訳で雪が溶けるまでブログはお休みだなと思ったが、海なら雪は積もっていないし、電車で行けば良いのだからと山下公園へ行った。

zaki-20140210-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

もちろん昼食は中華街で850円だが、半チャーハン、半ラーメン、餃子2個、サラダ、ザーサイ、杏仁豆腐のセットだから、かなりリーズナブルでしかも美味しかった。中華街も山下公園も月曜日なのに、かなりの人出には驚いた。公園内は雪はほとんど消えていて、海上にはスズガモがたくさん浮かんでいた。また、ユリカモメはもちろん、セグロカモメやウミネコ等の大型カモメも見られ、雄大な滑空を堪能した。

zaki-20140210-suzugamo-osu.jpg
<スズガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ウミネコ、セグロカモメ、ユリカモメ、スズガモ、オナガガモ、トビ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。


posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 市  内

2014年02月07日

横浜市鶴見区三ッ池公園

音楽家は心清き方々ばかりと思っていたら、佐村河内守というとんでもないペテン師がいたとは驚いた。おぼっちゃま君の安倍ちゃんは言うに及ばず、籾井NHKの新会長の暴言や俺が俺がの橋下大阪市長の辞任及び再選挙出馬やら、なんだか世も末の様相を呈して来た。更に、オオホシカメムシ似の東国原英夫ちゃんが大阪市長選に出るかもしれないとの事、いくらお笑いの関西とはいえ、益々、世も末となった。

zaki-20140207-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

今日も昨日に引き続いて気温が低く風もあるが、明日からは日本の現況を天も嘆いたのか、20年振りの大雪となるらしい。そこで仕方無しに身体に鞭打って三ッ池公園へ出かけた。しかし、ホシハジロやユリカモメは一羽も見られなくなり、風が吹かない場所にキンクロハジロが集まっているだけだった。せめてもの救いはシロハラやコゲラが観察出来た事だろう。また、同好の方によるとシメやアオゲラも見られたという。

zaki-20140207-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、シロハラ、コゲラ、アオジ、シジュウカラ、ハクセキレイ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、キジバト、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 14:36| Comment(0) | 鶴見区

2014年02月06日

横浜市緑区梅田川

1月末の「もう冬は終わったか」と思わせる暖かさは何処かへ飛んで行って、ここ数日は今季一番の冷え込みで、太陽が現れてもとても寒い。まこと冷気にすっぽり覆われてしまったかの様である。天気予報によると週末は雪との事で、しばらくは眉をしかめる日々が続きそうである。しかし、立春が過ぎたので冬の被写体はなるべくパスしたいし、また、昼飯は「リンガーハット」の490円の半長崎皿うどん、ごはん、餃子3個のランチだと、梅田川周辺を散策した。

zaki-20140206-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

今の時期の三保念珠坂公園下はなんにもないから、新治市民の森沿いの小道を歩いた。お金持ちなのか個人の家だがテニスコートがあって、何故だかウグイスカグラが植えられている。陽当たりが良いから、ちらりほらりと咲いていた。その後、バス通りに出て左側を歩いて行くと、本物のマンサクが植栽されている。シナマンサクに比べると小振りの可愛らしい花である。その後、梅田川を渡るとアセビがたくさん植えられた農家があって、だいぶ蕾が膨らんでいた。

zaki-20140206-mansaku.jpg
<マンサク>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ソシンロウバイ、マンサク、シナマンサク、アカバナマンサク、アセビ、ヒメオドリコソウ等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 緑  区

2014年02月05日

横浜市港北区新吉田町

一昨日は第10回里山写真クラブ作品展の最終日で散策出来なかった。また、昨日は一日中雨で自宅蟄居となった。そこで今日は是が非でもと思ったが、北風がやや強く気温が急に下がった。昨日の株価暴落の様である。これで4月からの消費税導入後の不景気は決定的となり、月賦でサンヨンを買おうと思っていたのだが諦めた。しかし、織姫さんのお友達が破格で譲ってくれるとの事、まこと二宮金次郎の様に節約勤勉を旨としていたのは正解であった。

zaki-20140205-ume.jpg
<紅梅>

こんなに寒くとも晴れていたし、昨日は立春だった事もあって、春を探しに新吉田町へまった行った。日当たりの良い畑の端にはツクシの子が伸び始めていたが、この寒さでは成長出来ずに枯れてしまうかもしれない。また、路傍にはフキノトウも見られたが、天ぷらには丁度良い大きさだが、これまた開花するのは相当先だろう。そんな訳で期待した割には被写体が少なく、紅梅とボケの膨らみ始めた蕾を撮影して、大急ぎで暖かい車に戻った。

zaki-20140205-boke-tsubomi.jpg
<ボケの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ロウバイ、シナマンサク、ツバキ、ホトケノザ、フユシラズ、ニホンスイセン等。昆虫/イラガの繭等。

posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 港北区

2014年02月02日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

正午を過ぎると晴れて来て、気温はぐんぐん上がり昼寝は快適だった。ブックオフで105円で60冊買い集めた少年少女向け講談社火の鳥伝記文庫だが、いよいよ残り少なくなって来た。まだ、ベーブルース、牧野富太郎、モーツアルトとか多数出版されているのだが、絶版だったりして、105円では出回っていない。まあ、これからはのんびりと買い漁るしかなさそうである。午後からは毎度お馴染みの新治市民の森へ行った。ピッピッと鳴くルリビタキの雄を見つけたか梢の天辺で諦め、これまた毎度お馴染みのカワちゃんだけが遊んでくれた。

zaki-20140202-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ツグミ、ルリビタキ、カワセミ、シジュウカラ、エナガ、コサギ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:26| Comment(0) | 緑  区

横浜市青葉区元石川町(午前)

昨日の晩飯は女房殿が不在の為、スーパーへ行って弁当を買ったが、なんと売れ残りのものが200円であった。ちょっと前の女房殿が不在の時はジョナサンへ行ったが、一番安いミックスグリルにライスと味噌汁を頼んだら、なんと1300円もした。なんと6倍以上の差があるのだから驚きである。消費税が導入される4月からは、売れ残りを狙って、夕方遅くスーパーへ行く人が多くなりそうである。値段の高いファミレスや業績不振の続くハンバーガーショップなんかは潰れるだろう。

zaki-20140202-obai.jpg
<オウバイ>

午前中は雨との予報であったが、曇ってはいるものの降っていないので、久しぶりに元石川町の(仮称)ハナモモの丘へ行った。まずは民家の土留めに垂れ下がるオウバイを見に行ったが、咲き始めていて嬉しくなった。また、その前にある植木屋さんの畑のツバキも咲き出していた。次に、ハナモモの丘へ登って行ったが、もちろん蕾は固く、コウバイやロウバイが咲いていた。その後、これといった被写体に出会わず、ラーメン店「八戒」へ早目に行って700円の餃子定食を食べた。

zaki-20140202-fuji-yokon.jpg
<フジの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ロウバイ、ツバキ、ホトケノザ、ニホンスイセン、フユシラズ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 青葉区

2014年02月01日

横浜市緑区(仮称)ルリビの森公園(午後)

このところ昼食は何故だかワンコインランチが多くなって来ている。ワンコインと言ったって500円である。これらも4月からはいくらになるのだろう、デフレ脱却と政府は言い続けているが、倍返しのデフレに突入するかもしれない。なんだか愚痴ばかりが続くが、午後からは(仮称)ルリビの森公園へ行った。しかし、相変わらず待てども待てども現れず、夕方になって久しぶりに2回お出ましになったが、やはりゲーテではないが「もっと光を」といった塩梅の写真となった。

zaki-20140201-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、ジョウビタキ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 19:03| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午前)

今日は昨日に比べれば気温は下がったが、「冬よさようなら」といった感じで散策には心地良い。しかし、最近の安倍ちゃんは右傾化発言が多く、株価は下がり気味で、NHKの新会長も馬鹿な事を言うし、都知事選も盛り上がりに欠けている。更に、4月からは年金は減らされ消費税がアップし、円安による輸入原料高で物価は上がり続けるだろう。まこと財布の中身は薄くなる一方で、ニコンのサンヨンを月賦で買おうと思ったが、じっと腕を組む。

zaki-20140201-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

そんな訳でもないが、ガソリン代のかからぬ至近距離の新吉田町へ行った。散策を開始して日当たりの良い畑の端ではオオイヌノフグリやホトケノザが咲き、ナナホシテントウが活発に活動を開始していた。また、民家の庭先にはフユシラズやニホンスイセンが咲き、丘の上の植木屋さんの畑ではシナマンサクや紅白のウメが咲いてとても賑やかになった。フィールドは確実に華やいで来ているのだから、安倍ちゃんよ、年金アップと減税でもしたらどうだろう。

zaki-20140201-hotokenoza.jpg
<ホトケノザ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ロウバイ、ソシンロウバイ、シナマンサク、ツバキ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、フユシラズ、ニホンスイセン等。昆虫/ナナホシテントウ、ハラビロカマキリの卵のう等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 港北区