2014年02月17日

横浜市金沢区野島公園

去年の冬は懐かしの京浜急行のCMソング「京浜急行、ママすてき、パパごきげん。 行こう、行こう、海へ。赤い電車に白い帯。京浜、京浜、京浜急行」を口ずさみながら神武寺駅から鷹取山へ登ったが、今日は同CMソングを口ずさみながら、金沢八景駅から平潟湾沿いに進んで夕照橋を渡って野島公園まで往復した。昨日行った江の島同様に何十年ぶりかの平潟湾である。平潟湾には遊漁船がたくさん並んで浮かび、船宿にはワカメが干してあり、海苔やメカブが売られていた。

zaki-20140217-hakeijima.jpg
<八景島シーパラダイス>

金沢八景の地名は、安藤広重の浮世絵にも描かれている様に古くから風光明媚な所として知られ、八つの景勝地があった事にちなんでいるらしい。野島公園には伊藤博文の別邸が残っていて、同邸の「晴嵐の間」において、毎月第2土曜日・日曜日にお抹茶とお菓子のセットを500円にて販売しているとあった。お抹茶とお菓子を味わいながら海風に吹かれ、海岸に出るとノリヒビが立ち、対岸に八景島シーパラダイスが遠望出来る。今日は海に海女君が潜って何かを採っていた。

zaki-20140217-aosagi.jpg
<アオサギ>

目的の野鳥だが、ちょうど大潮の干潮時に歩き始めたので、夕照橋手前にアオサギが餌を漁っていた。その他、ユリカモメ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、カイツブリが浮かんでいて、遊漁船を繋ぐ太い鉄柱の天辺には、セグロカモメやカワウが羽を休めていた。野島公園はかなり広い公園で、展望台のある頂上には行かなかったが、バーベキュー広場の芝地にはツグミやヒバリがたくさん見られた。久しぶりの金沢八景だったが、この近くに住んでいたら潮干狩りや釣りが出来て最高だなと思った事は言うまでも無い。

zaki-20140217-hidorigamo.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/セグロカモメ、ユリカモメ、アオサギ、コサギ、ヒドリガモ、オナガガモ、カルガモ、カイツブリ、オオバン、ツグミ、ヒバリ、ムクドリ、ハクセキレイ、トビ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 19:07| Comment(0) | 市  内