2014年02月18日

横浜市中区三溪園

今日は朝から曇っていて風もやや有りかなり寒い。晴天で風が無ければ良いのだが、雪が溶け切っていないから、冷蔵庫の中にいるようなものである。久しぶりに外回りの掃除をしていたら鼻水が垂れて来た。連日の慣れない電車通勤で、やや体調が下降気味のようある。そこで今日は止めようかなと思ったが、することも無いので1時間ほど布団にUターンしてから、ほぼ10年ぶりに三溪園へ行った。自宅からは色々なルートがあるが、時間はかかるが横浜駅東口からの市営バス利用が一番安かった。

zaki-20140218-sankeien.jpg
<三重塔>

三溪園は同園のHPによると、生糸貿易により財を成した実業家「原三溪」によって、横浜の本牧に広がる広大な土地に1902年(明治35年)頃から造成が始められ、1906年(明治39年)から公開された。園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置され、1953年(昭和28年)に横浜市に寄贈された。園内を一回りしてみれば分かるが、とてつもないお金持ちだった事が分かる。その中でも丘の上に立つ三重塔はシンボル的存在で、今日は曇りで午後だから逆光気味となり、良い写真は得られなかった。

zaki-20140218-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

目的の野鳥だが期待したカワセミは見られず、大池にはキンクロハジロ、マガモ、カルガモが見られる位であった。そこで、いったん南門から本牧市民公園へ出ると上海横浜友好園の池に、オナガガモ、コガモ、オオバン等が見られ、芝生ではツグミが餌を漁っていた。その後、入園券を南門で見せて再び三溪園内に戻った。各所の梅は見頃となっていたが、大雪の為にクロマツとともにかなり枝が折れていて、公園の方々や植木屋さんが後片付けに精を出していた。

zaki-20140218-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、マガモ、コガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、カルガモ、オオバン、カシラダカ、ホオジロ、ツグミ、ムクドリ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 市  内