2014年03月15日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

このところ都筑区のルリビの森公園やルリビが丘公園へ通っていたが、おまじないをしても、おやつを持っていても現われないので、完全に旅立ったのだろう。ルリビタキがこれから過ごす山や高原には、まだ雪がたっぷり残っているのに、ちょいと早過ぎるのではと思うのだが、ことによったら途中下車するのかもしれない。そんな訳で撮る鳥がなくなったので、「カワちゃんやーい」と新治市民の森へ行った。するとルリビタキの若雄が現われ、新治にはまだ留まっていたんだと驚いた。目的のカワちゃんは、大雪後にサービスの良かった雄が消え、人見知りの強い個体に変わったのでノーシャッターに終わったが、車に戻る途中の遊水池に綺麗な雄が待っていてくれた。

zaki-20140315-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、カワセミ、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新羽町(午前)

最近、散策仲間の多くが昆虫に嵌まり込み、マニアックなものまで深入りしているのには脱帽する。私なんて飽きっぽいのか、とうの昔に蝶も虫も花も茸も鳥もほんの入口だけで卒業してしまって、暇潰しと健康維持の為に散策しているようなものである。しかし、写真だけは本当に飽きないのだから不思議だ。恐らく自分だけのクリエティブな世界が得られるからなのだろう。しかも、デジタルカメラの登場で、ただシャッターを押せば写り、フィルム時代と異なって撮った後の出費も無く、パソコンで自分好みにレタッチ出来るのだから嬉しくなる。

zaki-20140315-sakuranbo.jpg
<サクランボ>

今日はやっと穏やかな晴天となり、風の為に散策出来ずにいた新羽町へ行った。散策を開始するとウグイスカグラが青空に美しく浮かんでいた。ウグイスが鳴く頃に咲くから、そう名付けられたというが、そのうちあちこちでウグイスの囀りが聞こえる事だろう。新羽丘陵公園の方へ登って行くと、ハナモモが咲き出しブンゴウメは満開だった。しかも、以前周りを見回して5粒程味見したサクランボも花開いていた。サクランボと名付けられているから、ソメイヨシノと同じ時期に咲くのだろうと思っていたので戸惑った。もっとも色々な品種があるのだろう。

zaki-20140315-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブツバキ、サクランボ、カンヒザクラ、オウバイ、ウグイスカグラ、ブンゴウメ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、タネツケバナ、ハナニラ、アブラナ等。
posted by 花虫とおる at 19:20| Comment(0) | 港北区