2014年03月22日

横浜市都筑区大原みねみち公園

2度の大雪で今年の春はどうなるのかと心配されたが、近隣では各種の花の開花は順調に推移している。もっとも、積雪が多かった丹沢や奥多摩等の日陰や谷間の植物の開花は遅れているらしい。その昔、豪雪地帯である新潟県の六日町へ良く行ったが、目的のギフチョウやカタクリの発生及び開花時期は積雪と融雪に左右されたのを思い出す。首都圏平地ではそんな雪の影響は無いから、日照時間と気温の推移が春の訪れ具合を左右する一番の原因だろう。

zaki-20140322-gonzui-mitsumata.jpg
<ミツマタ>

そんな訳で咲くべき花は咲いて、なんとかカメラの納められたので、そろそろ芽吹きでも撮ろうと久しぶりに葛ヶ谷公園から大原みねみち公園を散策した。もちろん葛ヶ谷公園ではキハダの芽吹きを期待したのだがまだ固く、しかし、ミズキやエゴノキの芽は綻び、モミジイチゴやタチツボスミレが咲いていた。大原みねみち公園へ行くと、植栽のミツマタが美しく青空に浮かんでいて嬉しくなった。雑木林ではクロモジの芽が綻び、ゴンズイの芽吹きが始まっていた。

zaki-20140322-gonzui-mebuki.jpg
<ゴンズイの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/ミツマタ、ヒュウガミズキ、アセビ、ハクモクレン、ウンナンオウバイ、ウグイスカグラ、モミジイチゴ、キブシ、タチツボスミレ、オオイヌノフグリ等。鳥/ノスリ、ジョウビタキ等。
posted by 花虫とおる at 19:10| Comment(0) | 都筑区