2014年04月26日

横浜市緑区新治市民の森

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。天気も上々、「イボタガを探そう!」というキャッチフレーズが効いたのか、数えるのが億劫になる程の参加者で、おそらく20名は越えたのではなかろうか。次代を担う若者も含めて初参加の方も多く、色々気を使ったからか、常連さんと二言三言の会話しかせずに終わったのが残念であった。目的のイボタガは必死に探したが見つからなかったが、卵と若齢幼虫が観察出来てほっとした。

zaki-20140426-seribahienso.jpg
<セリバヒエンソウ>

花ではもう遅いかなと思ったフデリンドウやホタルカズラ、イチリンソウが、まだ早いかなと思っていたキンランやツリバナが見られてほっとした。甲虫ではシラホシカミキリやカメノコテントウを撮られた方もいて、ゾウムシの仲間こそ少なかったが、各種のハムシが発生していた。その他の昆虫はカワトンボやシオヤトンボが見られ、旭谷戸の小川にヤマサナエの脱皮殻が複数観察出来た。鳥ではキビタキが囀り、参加者では無いがクロツグミを撮られた方がいて驚いた。

zaki-20140426-ibotaga-tamago.jpg
<イボタガの卵>

<今日出会った主なもの>花/ホオノキ、ツリバナ、ウワミズザクラ、イヌザクラ、ホタルカズラ、セリバヒエンソウ、カキドオシ、イチリンソウ、ニリンソウ、フデリンドウ、ムラサキケマン、ナガミヒナゲシ等。蝶/アゲハ、ルリタテハ、キタテハ、テングチョウ、ツマキチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ミヤマセセリ、アカボシゴマダラの幼虫、ミドリシジミの幼虫等。昆虫/シモフリコメツキ、ヒメジョウカイ、カメノコテントウ、オオニジュウヤホシテントウ、シラホシカミキリ、クロボシツツハムシ、セスジケブカサルハムシ、オオアカマルノミハムシ、アトボシハムシ、キイロクビナガハムシ、イチモンジカメノコハムシ、ヒメクロオトシブミ、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、ヤマサナエ、シオヤトンボ、カワトンボ、イボタガの卵等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(2) | 緑  区