2014年05月31日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日も雲一つ無い晴天で、気温はぐんぐん上昇すると予想されていた。なんとなんと大分県の日田では35度オーバーの真夏日となり、関東の内陸部も軒並み30度を軽く超えるという。このまま梅雨が無く夏になるのかと毎年危惧するが、長短はあるものの梅雨が必ずやって来て暑さは一段落する。天気図を見ると太平洋に梅雨前線があるのだが、まだ日本列島の遥か南海上である。そんな訳で、今日も木陰の虫々ウォッチングしかないなと、寺家ふるさと村へ行った。目的はミズイロオナガシジミ、アオカメノコハムシ、キベリトゲハムシと極々平凡なものだからなんとかなる筈である。

zaki-20140531-genjibotaru.jpg
<ゲンジボタル>

今日も熊の池へ通ずる昆虫横丁から開始したが、すぐに目的のミズイロオナガシジミを見つけたものの、絵になる場所には止まっていなくて、何処か良い場所に止まってよとくすぐったら、かなり遠くへ飛んで行ってしまった。その後、石畳の道から昆虫街道へ行ったが、キベリトゲハムシはいたものの、アオカメノコハムシは見られなかった。しかも、カメのつくハムシはヒメカメノコハムシだけで苦笑した。炎天下は歩きたくないと思ったが、ゼフィルスの丘、ラミーの谷、ゴマダラ峠と廻ったが、久しぶりにHドクターに出会い、無料にて道端診療を受けたりしていたので、あっという間に終了時間となってしまった。

zaki-20140531-kiberitogehamushi.jpg
<キベリトゲハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ナワシロイチゴ、ドクダミ、オカタツナミソウ、ノアザミ等。蝶/アカボシゴマダラ、イチモンジチョウ、テングチョウ、キチョウ、ヒメウラナミジャノメ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ウラゴマダラシジミ、ウラギンシジミ、ルリシジミ等。昆虫/ゲンジボタル、ハスジカツオゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、コフキゾウムシ、オオアカマルノミハムシ、ヒメカメノコハムシ、アトボシハムシ、キベリトゲハムシ、アカガネサルハムシ、ヒゲナガハナノミ、トホシテントウ、ホウズキカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、マドガ、ヨツボシホソバ、キスジホソマダラ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 青葉区