2014年06月27日

横浜市港北区新吉田町

今日は雨こそ落ちては来ないものの黒い雲が通過するという天気で、昨日陽が射して来たので散策を諦めた新吉田町へ今日こそはと行った。農家の庭先には園芸種のユリやハルシャギクが咲き、生け垣からはノウゼンカズラが垂れ下がっていた。散策を開始すると気温はそれ程ではないものの湿度が異常に高く、こんな時は水分補給が必要だなと感じた。まずは第3京浜都筑インターへ通ずる昆虫街道から始めたが、常連さんのジンガサハムシやオジロアシナガソウムシが見られ、更にハムシとしては大柄なヨモギハムシを見つけて嬉しくなった。

zaki-20140627-harushagiku.jpg
<ハルシャギク>

意を決して丘の上へ登って行ったが、エビヅルの葉にブドウハマキチョッキリが身体を突っ張る姿勢でお待ちかねであった。オトシブミやチョッキリ類は、こんな不動の姿勢をとっている事が多いが、何のためなのだろうと不思議に思う。竹林の中を下って再び昆虫街道へ降りて来たが、ここでもヨモギハムシが見られたから、きっと今が発生期なのだろう。そんなこんなでカメラの中は相変わらず昆虫で一杯になったので、花でも撮ろうと尾根を越えて杉山神社のある谷戸へ行った。すると、あちこちにハルシャギクが目が覚める様に咲いていた。

zaki-20140627-yomogihamushi.jpg
<ヨモギハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ハエドクソウ、アカバナユウゲショウ、ツユクサ、ドクダミ、アジサイ、ヒマワリ、ハルシャギク、オオキンケイギク、ヒャクニチソウ、ムシトリナデシコ、ノウゼンカズラ等。蝶/ヤマトシジミ等。昆虫/キボシカミキリ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、ヨモギハムシ、ジンガサハムシ、クロウリハムシ、ヤマイモハムシ、シオヤアブ、マダラアシナガバエ、アシナガキンバエ、ナガメ、クサギカメムシの幼虫、ハリカメムシ、ササキリの幼虫、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ホタルガ、カノコガ等。その他/ヤマカガシ、ヒメコウゾの実等。

posted by 花虫とおる at 15:52| Comment(0) | 港北区