2014年07月02日

山梨県山中湖(仮称)キビタキの森

例年、7月に入ると鳥の出が悪くなる山中湖の(仮称)キビタキの森だが、これで最後と思い切って出かけた。去年までは半日「花虫撮る」をしていたが、種類数や個体数は異なっても、近場で「花虫撮る」は楽しめる。しかし、デジスコで探鳥し撮影する事が出来る場所は、今の時期は近場には見当たらない。そこで、今年から一日中「鳥撮り」に徹するという訳である。お仲間が集まる場所へ行けば、それなりに目的の鳥は撮れるのだが、散策しながら自分の目で鳥を見つけて撮影する。これって、すごく楽しいし、鳥撮りの本道ではないかと思うのだ。

zaki-20140702-kibitaki-osu.jpg
<キビタキの雄>

とは言うものの天気予報は外れて、太陽が時折雲に隠れる程度で、撮影日和とは言い難い。また、予想した通りキビタキの囀りはとても少なく、今日はブログアップはないかもと思っていたら、コサメビタキが良い枝に止まってくれて撮影出来た。これでなんとかなるかもと午前中は終了した。午後も同じ様な状況であったが、午後3時頃から曇っている時間が多くなり、撮影にとても協力的なキビタキの雄を見つけたので、かなりの時間、まるでストーカーの様につけ回した。そんな訳で、鳥影こそ少なかったが、なんとか今季の有終の美を飾れてほっとした。

zaki-20140702-kosamebitaki.jpg
<コサメビタキ>


<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、コゲラ、イカル、ホトトギス、キビタキ、オオルリ、コサメビタキ、シジュウカラ、ホオジロ、トビ等。
posted by 花虫とおる at 20:11| Comment(0) | 山梨県