2014年07月11日

横浜市緑区北八朔公園

台風8号が首都圏に再上陸すると予報されていたので、覚悟して床に就いたが、雨にも風にも起こされずに目覚めた。どうしたのだろうとニュースを見ると、急激に台風は衰えたとの事、こんな台風もあるのだなあと驚いた。台風8号による被害は、衰える前に通過した先島諸島や沖縄本島、そして梅雨前線が刺激されて大雨となった長野県や山形県に集中した。そんな訳で自宅出発間近になると台風一過の青空が広がり、湿度が高いから熱中症が心配な天気となった。

zaki-20140711-akaboshigomadara.jpg
<アカボシゴマダラ>

そこで迷わず北八朔公園へ行った。まずは大池へ寄ったが、岸辺の葦が刈られて水面が一望出来るようになっていた。観察出来たトンボは、ギンヤンマ、コフキトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ等で、残念ながらチョウトンボの姿は無かったが、美麗なコフキトンボの雌のオビトンボ型がいて嬉しくなった。その後、公園奥のクヌギの樹液を見に行くと、アカボシゴマダラがやって来ていたので、ストロボをポップアップして日中シンクロにて撮影した。

zaki-20140711-kofukitonbo-mesu.jpg
<コフキトンボの雌のオビトンボ型>

カメラの中は美麗種が揃ったが、やはり甲虫類もゲットとお馴染みの昆虫横丁へ行った。炎天下で撮影していたので「横濱うまいもん亭」へ寄ってコップ一杯の冷水を飲み干し散策を再開したが、まずは美麗なキボシツツハムシを見つけたので慎重に撮影した。この他、エゴヒゲナガゾウムシの雄がまたしても見られた位で、これぞといった昆虫は観察出来なかった。それでもツヤマルシラホシカメムシや各種カメムシの幼虫、相変わらず各所にササキリの幼虫がいて、木陰での楽しい昆虫観察が出来たが、汗がたらたらと落ちて来た。

zaki-20140711-mamakonoshirinugui.jpg
<ママコノシリヌグイ>

<今日出会った主なもの>花/ヘラオオバコ、ママコノシリヌグイ、ツユクサ、ムシトリナデシコ、ヒマワリ等。蝶/アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、ヒカゲチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/カナブン、カナムグラヒメゾウムシ、コフキゾウムシ、エゴヒゲナガゾウムシ、ヒメカメノコテントウ、オオニジュウヤホシテントウ、キボシツツハムシ、ヤマイモハムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、チャバネアオカメムシ、ササキリの幼虫、オオスズメバチ、ギンヤンマ、コフキトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ等。
posted by 花虫とおる at 15:33| Comment(0) | 青葉区