2014年07月15日

横浜市緑区北八朔公園

今日は朝から夏の様な青空が広がった。そろそろ梅雨明けしてもおかしく無いのだが、例年通り20日過ぎ位であって欲しい。そんな訳で定番の木陰散策だなと、最近とても成果が上がっている北八朔公園へ行った。まずは大池で前回はコフキトンボの雌のオビトンボ型を撮ったので、今回は雄を撮っておこうと青い個体をカメラに納めた。しかし、帰宅して図鑑で調べるとコフキトンボの雌の雄と同色の型であった。また行って雄をしっかり撮らねばならなくなった。

zaki-20140715-kofukitonbo.jpg
<コフキトンボの雌の同色型>

その後、公園奥のクヌギの樹液酒場を見に行ったが、どういう訳かすっかり枯れていた。そこで、本命たる昆虫横丁へ期待して行ったが、クサギカメムシがいただけで昆虫の賑わいは無い。そのうち出て来るだろうと往復していたら、エゴヒゲナガゾウムシやチャバネアオカメムシ等が見つかったが、前に紹介しているので割愛して、綺麗なハエを撮った。簡単に名前は分かるだろうと思ったが図鑑にはなく、ネットで、まだ和名がついていないヒラタヤドリバエ科の仲間と分かった。

zaki-20140715-hae.jpg
<ヒラタヤドリバエ科の仲間>

<今日出会った主なもの>花/ママコノシリヌグイ、ツユクサ等。蝶/アカボシゴマダラ、ヒカゲチョウ、キマダラセセリ等。昆虫/コフキゾウムシ、エゴヒゲナガゾウムシ、ヒメカメノコテントウ、オオニジュウヤホシテントウ、クサギカメムシ、チャバネアオカメムシ、ササキリの幼虫、ギンヤンマ、コフキトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、ヒラタヤドリバエ科の仲間等。
posted by 花虫とおる at 16:34| Comment(0) | 緑  区