2014年07月21日

神奈川県(仮称)アオバズク郷土の森(午後)

国道246号線経由の一般道で行くつもりでいたが、何故か720円もかけて横浜町田から圏央厚木まで高速を使ってしまった。まずは先月行った(仮称)アオバズク歴史の森へ寄ったが、まだ雌が巣穴から出ていなくて、雄が全く同じ場所で見張りをしていた。地元のカメラマンによると雛の成鳥が遅れているようで、巣立ちは来週に持ち越されそうである。そこで、前回と同じ絵柄の写真しか撮れないから(仮称)アオバズク郷土の森へ転戦した。すると細身の雄が見張りをしていたが、空は青空となり、しっとりとした写真が得られなかった。

zaki-20140721-aobazuku.jpg
<アオバズク>

<今日出会った主なもの>鳥/アオバズク等。
posted by 花虫とおる at 20:35| Comment(0) | 県  内

横浜市緑区北八朔公園(午前)

今週末は山梨県での泊りがけの道端自然観察会だから時間的余裕がない。そこで午後から祝日だが、県央のアオバズクの様子を見に行って来ようと、午前中は国道246号線に近い北八朔公園へ行った。まずは大池で宿題のコフキトンボの雄を撮ったが、腹部の水色の粉が落ちいるのか、みすぼらしい個体が多かった。そこで期待して公園奥のクヌギの樹液酒場へ行ったが、カナブンとヒカゲチョウしかいなかった。そこでUターンして戻って来ると、なんとなんと池の傍のコナラの枝にアカボシゴマダラが2頭も吸汁していた。

zaki-20140721-akaboshigomadara.jpg
<アカボシゴマダラ>

その後、毎度お馴染みの昆虫横丁へ上って行ったが、すぐにツツジの葉でムシクソハムシを3匹も見つけた。しかし、身体が小さいし横から撮るのが一番この虫らしいと思うので、かなりの時間を費やして撮影した。三脚を使用しストロボを発光せずに小さい虫を撮るのは苦労するが、自然で穏やかな色合いになるから止められない。その他、エゴヒゲナガゾウムシやカナムグラヒメゾウムシ等を見つけたが、小さい虫続きで気合を入れてカナムグラヒメゾウムシをカメラに納めた。そんな訳で時間は素早く過ぎ去った。

zaki-20140721-mushikusohamushi.jpg
<ムシクソハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカラシ、ヘクソカズラ、アカバナユウゲショウ、ママコノシリヌグイ、ツユクサ等。蝶/キタテハ、アカボシゴマダラ、ヒカゲチョウ、ルリシジミ等。昆虫/カナブン、トウキョウヒメハンミョウ、ムシクソハムシ、クロウリハムシ、カナムグラヒメゾウムシ、コフキゾウムシ、エゴヒゲナガゾウムシ、ヒメカメノコテントウ、ミンミンゼミ、ニイニイゼミ、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ、アオバハゴロモ、クサギカメムシ、ササキリの幼虫、ギンヤンマ、コフキトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、コウゾハマキ等。
posted by 花虫とおる at 20:33| Comment(0) | 港北区