2014年07月26日

山梨県北杜市小淵沢町観音平

昨晩、道端自然観察会のお仲間6名は皆さん原村の樅の木荘へ泊まったが、貧乏人の私はただ一人寂しく、道の駅「信州蔦木宿」にての車中泊となった。入浴こそ露天風呂も有りの豪華版だが、夕食はなんと醤油ラーメンと半ライスである。今頃、観察会のお仲間は豪華な夕食とビールで乾杯かと思うと涙がこぼれて来たが、石原環境大臣ではないが、この世の中すべて「金目でしょう」という訳である。しかも異常な湿度の熱帯夜で、ここが信州と疑う程の寝苦しさとなった。去年は10時間の爆睡だったが、今年はうつらうつらの浅眠となってしまった。

zaki-20140726-yotsusujihanakamikiri.jpg
<ヨツスジハナカミキリ>

今日も朝から青空一杯の暑さで、これ以上は寝てはいられないと午前7時に起き、コンビニまで車を走らせて朝食用に助六寿司、昼食用に菓子パンを購入し、道の駅に戻って食事洗面歯磨髭剃便所を済ませて、今日の道端自然観察会の舞台である標高1500メートルの八ヶ岳観音平へ行った。すると駐車場が満杯なのは予想出来たが、林道の路肩に延々と車が停まっていたのには驚いた。梅雨が明け、夏休みに入って最初の週末だから当然なのかもしれない。散策を開始すると美麗なアサギマダラや大型ヒョウモンチョウ類がヒヨドリバナに群がっていた。また、キバネセセリもイケマの花に吸蜜に来ていた。

zaki-20140726-ringohigenagazomushi.jpg
<リンゴヒゲナガゾウムシ>

お仲間も集合時間の午前10時よりかなり前にやって来るのではないかと思ったが、朝早くから原村の八ヶ岳自然文化園へ行って散策していたらしく、10時少し前にやって来た。まこと自然好きに遅い起床は似合わないようである。今日の観音平は特に大型ヒョウモン類であるクモガタヒョウモン、ウラギンスジヒョウモン、ウラギンヒョウモン、ギンボシヒョウモン、ミドリヒョウモン、メスグロヒョウモンと、我が国に産するものがほとんど見られたのだから素晴らしい。もちろん他の昆虫類も豊富で、涼しい木陰で遅い昼食後に解散となった。

zaki-20140726-dorohamakichokiri.jpg
<ドロハマキチョッキリ>

<今日出会った主なもの>花/ナンテンハギ、ミヤコグサ、イタチササゲ、ウスユキソウ、ヤマホタルブクロ、ウツボグサ、キリンソウ、ベニバナイチヤクソウ、ウメガサソウ、ママコナ、カワラナデシコ、タチフウロ、ヤマオダマキ、フシグロセンノウ、オトギリソウ、イケマ、ノリウツギ等。蝶/アサギマダラ、エルタテハ、クモガタヒョウモン、ウラギンスジヒョウモン、ウラギンヒョウモン、ギンボシヒョウモン、ミドリヒョウモン、メスグロヒョウモン、アカシジミ、キバネセセリ等。昆虫/シロホシヒメゾウムシ、リンゴヒゲナガゾウムシ、ドロハマキチョッキリ、ヒゲナガオトシブミ、カシルリオトシブミ、カツオゾウムシ、セマダラコガネ、オオスジコガネ、マメコガネ、ウンモンテントウ、テントウムシ、マルガタハナカミキリ、アカハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、コエゾゼミ、ベニモンカメムシ、ツノアオカメムシ、ジュウジナガカメムシ、クヌギカメムシ、テングアワフキ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 20:01| Comment(0) | 山梨県