2014年08月02日

横浜市緑区三保市民の森

鳥は既に夏枯れに入って久しいが、昆虫もセミやハゴロモ、各種トンボ、樹液に集まる昆虫等を除くと夏枯れ気味である。そこで今日は土曜日、駐車場が開いているので久しぶりに新治市民の森へ行ってみた。ところが駐車場から丸山まで来て樹液酒場を覗いてみたら、その道の専門家らしき方が熱心に観察している。それにかなり暑いので、池ぶち広場まで下りて行く気が失せてしまった。やっぱり新治市民の森は夏の盛りに散策するフィールドではないなあと思い、すぐに引き返して三保市民の森へ転戦した。

zaki-20140802-kebukahimeherikamemushi.jpg
<ケブカヒメヘリカメムシ>

いつものように旧道から散策を開始したが、クロウリハムシが見られた位で、バス通り脇へと歩みを進めた。ここでは、スケバハゴロモ、アミガサハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、チャバネアオカメムシ等の天国だったが、既に撮影済みだったので通り過ぎた。しからば谷道ですねと行って見たが、ここも虫枯れで、普段なら撮影しないケブカヒメヘリカメムシをカメラに納めた。見つけたらなんでも撮らないとノーシャッターの危険を感じたのだ。最後に伐採丸太置き場を覗いて見たが、今日はタマムシが1匹這っていた。

zaki-20140802-himekamenokotento.jpg
<ヒメカメノコテントウ>

<今日出会った主なもの>花/オトギリソウ、イヌゴマ、ニガクサ、ヘクソカズラ、ツユクサ等。蝶/アカボシゴマダラ、コミスジ、クロコノマチョウの幼虫等。昆虫/タマムシ、ヒメカメノコテントウ、コフキゾウムシ、チャバネアオカメムシ、ケブカヒメヘリカメムシ、スケバハゴロモ、アミガサハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、ササキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 16:53| Comment(0) | 緑  区