2014年08月11日

横浜市緑区北八朔公園

台風11号は高知県に上陸し兵庫県を横切って日本海に抜けた。この為、四国や近畿では大雨による浸水被害が発生したが、心配された人命を奪う大規模な地滑りはなかった。首都圏でも昨日の午後から、台風が能登半島沖に達したあたりから風が強くなった。かなり距離があるのに唸りを上げて、やはり大きな勢力の台風なのだなあと実感した。今日は普通なら台風一過で風も納まる筈と思ったが、青空こそ帰って来たものの風は依然として強く、湿度もかなりあって閉口した。

zaki-20140811-tsukutsukuboshi.jpg
<ツクツクボウシ>

明日から毎年恒例の嬬恋村に10日間の夏休みに向かうが、そんな訳でしばし地元とはお別れ、何処に行こうかなあ、風が強い日は三保市民の森の谷道しかないなあとも思ったが、樹液酒場が気になって北八朔公園へ行った。公園内に入ると「シャーシャーシャー」とセミの声がする。もしやクマゼミでは無いかなと探してみたが見つからない。その昔、クマゼミを見たいと城ヶ島まで行った事を懐かしく思い出した。いったい近場での「シャーシャーシャー」はどんなセミなのだろう。

zaki-20140811-kurokonomacho.jpg
<クロコノマチョウ>

本命の公園奥のクヌギの樹液酒場は蛸壺の奥の様な地形だから、風は遮られて全く無く、アカボシゴマダラ、ルリタテハ、キタテハ、更にクロコノマチョウまでいて嬉しくなった。しかし、コガタスズメバチやカナブンが邪魔をして、時間をかけてゆっくり撮影する事が出来なかった。その後、前回貧果に泣いたから行っても無駄とは思ったが、昆虫横丁へ上って行くと、珍しいものこそ見られなかったが各種カメムシがいて、前回よりは賑やかだった。また、早くもササキリが成虫になっていた。

zaki-20140811-kanabun.jpg
<カナブン>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカラシ、ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイ、ツユクサ等。蝶/キアゲハ、アカボシゴマダラ、ルリタテハ、キタテハ、クロコノマチョウ、ヤマトシジミ等。昆虫/カブトムシ、カナブン、クロカナブン、トウキョウヒメハンミョウ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、アオバハゴロモ、クサギカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、チャバネアオカメムシ、ササキリ、オニヤンマ、ギンヤンマ、コフキトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、ヨツスジヒメシンクイ等。

posted by 花虫とおる at 15:54| Comment(0) | 緑  区