2014年08月25日

横浜市緑区三保市民の森

今日も真夏の青空は無く薄曇りで気温も低い。こんな天気なら何処を散策しても良いのだが、夏休み前にお世話になった地元のフィールド巡りをせねばと、三保市民の森へ行った。いつもの秘密の場所に路駐し旧道に降りて来ると、フジカンゾウが咲き始めていた。マメ科のヌスビトハギの仲間だが何故にフジカンゾウなのと不思議に思って調べてみると、花がフジに似ていて、葉が漢方薬として知られるマメ科の甘草に似ているので命名されとある。今まで、カンゾウとはユリ科のヤブカンゾウやノカンゾウの仲間なのかなと思っていたが、甘草(カンゾウ)はマメ科植物だったのである。

zaki-20140825-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

旧道にはこれといった被写体は無かったが、ムクゲがまだ咲いていて、キバナコスモスが咲き始めていた。そこで、バス通り歩道脇へ行ったがオジロアシナガゾウムシがいて、何故だか久しぶりのような気がしてカメラに納めた。猛暑の頃は隠れていたようだし、もちろん夏休みの高原では見られないのだから、ほぼ1ヶ月ぶりである。次に、もうすぐ9月だからオオブタクサの茎にスケバハゴロモはいないのではと思ったが、かなり新鮮なものがいて嬉しくなった。これで2枚の写真を確保したし、谷道でものんびり歩こうと思ったら、ああ無情、雨が降って来て散策は短時間で終了となった。

zaki-20140825-sukebahagoromo.jpg
<スケバハゴロモ>

<今日出会った主なもの>花/フジカンゾウ、ツユクサ、マルバルコウソウ、アキノタムラソウ、ヘクソカズラ等。蝶/チャバネセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、ツクツクボウシ、スケバハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、カノコガ等。
posted by 花虫とおる at 14:41| Comment(0) | 緑  区